効果を見るならひとつづつ変えなさい




私の専門はシステムやプログラミングだったりしますが、何かの改善をするときも、同じことに気をつけてます。

 幾つもの変更を同時に加えてはいけない




■原因と結果の法則


本のタイトルではありませんが、何かのアクションを起こせば、それに対して結果が出ます。

つまり、

 何かの変更を加えること

という原因があって

 より良くなった/悪くなった

という結果があるわけですね。

ところが、2つ以上、同じ結果をもたらす変更を加えてしまうと、どちらの原因が良かったのか判別がつきません。
したがって、それによる影響関係という学習ができないことになります。

プログラミングでいえば、ひとつのプログラムで複数個のバグがあったとして、それを全部まとめて対策してしまってからテストをすると、どの変更がどのように影響していたかがわからずに、期待通りの結果にならなかったとしても、デバッグに手間取るわけです。

これが1つしか変えてなければ、結果が変われば、その変わった原因は、今回変更した1箇所しかないわけです。
思うように行かなかったのは、変更の仕方が悪かったからで、もとに戻すのかさらに追加修正をするかは大した話ではありません。

それが何箇所もまとめて変更を加えてしまうと、どこがどのように影響してこんな結果になったのかの把握に時間がかかります。




■ひとつづつ変える


個人個人の仕事のやり方にしても、組織のプロセスにしても、何かの結果を出して、その結果から変更の良否を判断したい時には、

 いっぺんに変えずにひとつづつ変える

とそれぞれが単独でどのように結果に影響をしたのかが計りやすいわけ。

これは『エンジニアのための時間管理術』をヒントに書きました。

★P33〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●デバッグ時の変更はひとつずつ
一度に1 つすつ変更すれば、どの変更がシステムに実際に影響をおよぼしたのかがわかる。これにより、デバッグプロセスの進行に伴う混乱を回避する。

Thomas A. Limoncelli(著) 『エンジニアのための時間管理術
――――――――――――――――――――――――――――★


本書は、システム管理者のために書かれていますが、仕事術としては、考えるべきことは一般職の人であれ、マネージャであれ、同じです。
実生活にも応用範囲の広いアドバイスが書かれていますので、とても参考にしています。

もちろん、システム管理者から見ると、より具体的なのでわかりやすいとは思いますが。

■大規模な修正よりもちょっとした修正


抜本的に変更しなければならない時もあります。根本的に腐っているような場合。

抜本的な変更には、準備から実行、結果が出るまでに非常に時間がかかります。
これを一気にやろうとすると、よほど準備と気合ができてないと失敗します。

なので、第一に考えるべきは、「ちょっとした修正で、とりあえず動かせないか」を検討したほうが現実的です。

ちょっとした修正を繰り返しているうちに、最終的には根本のところを変えていくようにしたほうが得策です。

たとえば、大規模な修正が必要なプロセスというのは、おそらくたくさんの小さなプロセスから成り立っています。
そこで、「結果が変わらない、あるいはちょっとだけ良くなる」を目標として、その小さなプロセスのさらにサブプロセスをすげ替えていくと、全体には影響を出さないまま、ひっそりと新しいプロセスが立ち上がります。

もちろん、短期間に望むプロセスが構築できるわけではないので、忍耐力が必要ですが。

多説ありますが、人間の細胞は1か月〜2年で入れ替わるそうです。
でも腕をすげ替えて、人口腕をくっつけると拒否反応が起きますよね。

そんな感じ。

「細胞を少しづつ入れ替えて、2年後にはぜんぜん違う組織になっていた」というのが変革の理想形かも。




■参考図書 『エンジニアのための時間管理術





立ち読みできます立ち読み可
本書はシステム管理者、ネットワーク管理者を中心にしたエンジニアのための実践的な時間管理術を紹介する書籍。
著者が考案した「サイクルシステム」と呼ばれる方法を使って、作業リスト、スケジュール、さらに仕事とプライベート双方の長期的な目標を管理する方法を解説する。

長期的に行うプロジェクトとすぐに行う必要がある割り込み作業の優先順位を整理し、ストレスの少ない、充実した一日を送ることを可能にすることでしょう。
上司とのコミュニケーション、文書化の進め方、作業の自動化などシステム管理者が必要としているノウハウを紹介していることも特徴です。

OSのパッチ適用に技術調査、SOX法対応と、日々仕事に追われるITエンジニア。
その限られた時間を有効活用するためのテクニックを解説する。手帳や PDA でスケジュールを管理する方法やタスクリストの書き方など、ビジネス全般に共通するトピックが多いものの、ITエンジニアの視点から、システムの開発・運用管理業務に即したノウハウも盛り込んでいる。面倒な管理作業をスクリプトで自動化する方法などを、サンプル・コード付きで紹介している。

本書はオライリー・ジャパンの紹介ページで、第5章、第13章が無償公開されています。
読んでみてください。






◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

エンジニアのための時間管理術
著者 :Thomas A. Limoncelli

エンジニアのための時間管理術
検索 :最安値検索

エンジニアのための時間管理術
検索 :商品検索する



●関連 Web
 エンジニアのための時間管理術:オライリー・ジャパン
 エンジニアのための時間管理術―GoogleBooks
 エンジニアのための時間管理術、自動化に関するまとめ
 スケジュールを「炎上」させないための時間管理術 - ITmedia

●本書を引用した記事
 気をつけなくていい方法を考える
 1週間は18日ある
 打ち合わせ時間を決めるための打ち合わせ
 大切な物を置かないとなくさない
 集中力を高める環境の作り方3:アプリを閉じる
 集中力を高める環境の作り方2:机の上にはなにもおいてはいけない
 集中力を高める環境の作り方1:集中力を保つ方法
 メールの自動受信はオフにしておきなさい
 「自分も賛成です」で終わらせない
 成功の秘訣

●このテーマの関連図書


プロダクティブ・プログラマ-プログラマのための生産性向上術(THEORY…

プログラマが知るべき97のこと

RealWorldHTTP―歴史とコードに学ぶインターネットとウェブ技術

EffectiveDebugging―ソフトウェアとシステムをデバッグする66項目

リファクタリング・ウェットウェア―達人プログラマーの思考法と学習法

新装版達人プログラマー職人から名匠への道





■同じテーマの記事

エクスプローラでワンキーで希望のフォルダにジャンプする方法

エクスプローラとファイラーだと一番違うのは、いろんなショートカットキーを定義したり、特定のフォルダに簡単に移動できるような設定ができることでしょうか。エクスプローラはある特定のフォルダに移動するのに、そのドライブを開いて、フォルダツリーを順番にたどっていくか、お気に入りなどに登録しておくかしておかないと移動はできません。一方で、ファイラーを使うと、CTRL+なにか のキーで一発でよく使うフォルダに移動できたりします。エクスプローラでショートカット集のフォ..

よく使うフォルダのアイコンを変えてすぐに見つかるようにする

エクスプローラからフォルダを選ぶときに、マウスの動きを観察していると、目的のフォルダを探すのに結構ウロウロシているのに気が付きます。特にフォルダがたくさんあったりすると探すのに時間がかかります。マウスの動きは視線の動きとほぼ同じです。素早く目的のフォルダを開く方法PCで作業を始めるためにはファイルを開いたりアプリを立ち上げたりシないといけないのですが、ここに行き着くまでに時間がかかるというのは時間管理上とってももったいない時間です。これを短縮するために、..

Excelで面倒な繰り返し作業を簡単にするF4キー

Excelの作業で、繰り返し同じ操作をすることがけっこうあります。たとえば、コピーしたセルを何回も貼り付けたり、感覚を空けて色を塗ったり、何回も罫線を引いたり…一回一回操作するのは結構面倒なのですが、「前の作業を繰り返す」ショートカットを活用することで、劇的に作業がはかどります。前の作業を繰り返すたとえば、複数のセルに同じように色を付けたいような場合。連続したセルなら、範囲指定して、リボンから色付けを選べばいいですが、飛び飛びのセルにやろうとすると目的..

列幅の異なるセルを同じシートに表示する方法

Excelでレポートを書くときに、列幅の違う表を同じシートに表示したいときってありますよね。ところがエクセルは途中からセルの幅を変えることが出来ません。勢い、こんな形になります。よく見る作戦よく見るのは、2つの表を横に並べてしまって、同じ列に異なる幅のセルを持ってこないようすること。確かに渡しもくやります。この方法は、上で書いたように、列数が大して多くない表なら有効です。あまり考えなくてもいいし。ただし、列数が大きくなると画面に収まりきらないので、下手..

爆速で目的のフォルダを開くショートカットフォルダを作る

仕事の資料を作ったり参照したりするとき、エクスプローラを使いますよね。私の場合はファイラーですが。そのフォルダにどうやってたどり着きますか?そのドライブのルートや今開いているフォルダから、フォルダを順番に辿って行って、目的のフォルダにたどり着くような操作をしているなら、高速化の余地がいっぱいあります。ショートカットWindows を使っている方ならショートカット(ショートカットキーではなく、ファイルやフォルダへのショートカット)をご存知ですよね。まあ、同..

新規テキストファイルをバッチで作成する

Windows で新しいファイルを作成する方法って、マウスでエクスプローラのなにもないところを右クリックして新規作成を選んでファイルのタイプを選択する以外に方法がないみたいです。おそらく Word / Excel なんかのアプリに新規作成を実行させるためにそうなっているんでしょうけど、ちょっとしたメモを作りたいだけのような場合には結構不便です。たとえば、多くのファイルがあるようなフォルダだと、まず何もないところの面積が少ない。そのために、表示を広げた..




posted by 管理人 at 09:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック