本を残しておく基準を作る


私は年間100〜200冊の本を読みます。
以前は、仕事のヒントのために、ビジネス書だけで200冊くらい読んでましたが、最近はさすがにペースダウンしてきて、ビジネス書だけなら100冊が切れるくらい。その代わり、小説やら時代考証もの、マンガの本みたいなものが多くなってきました。

ただ、これらを全部買っていたら、お小遣いが持ちませんし、本棚も持ちません。


殆どは図書館で借りてきます。しかし、残しておきたい本もあります。

本を買って、手元においておくかは判断基準を作っておくといいです。

■本をとっておくこと


知的ストレッチ入門―すいすい読める書けるアイデアが出る』という本に、著作家としてどう判断しているかについて書いてありました。

★P39〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●本をとっておく基準は
本の収納や整理をどうするか、というのは本好きの人の間では、共通の悩みでしょう。

本をしまうための書棚については、第 2 章で詳しくお話するとして、ここでは、どういう本や資料を保管しておくのか、その基準について説明したいと思います。

本については、古書も含めてネットが便利になっているので、出費さえ惜しまなければ、自宅の書庫から引っ張り出してくるよりも、ネットでそのつど必要なものを全部集める、という方針でも大丈夫だろうという感触が私にもないわけではありません。

けれども「同じ自分」がアウトプットしていく以上、一度関心をもったことはどこかでつながっているはずだという強い確信もあるので、処分せず、できるだけ確保しておきたいと私は思っています。

ただ、これは職業柄としか言いようがないので、ポピュラーな方怯ではないかもしれません。

ともかく、処分か保管かをいちいち選択するのは、ずいぶん余計なェネルギーが要ります。やるなら、全部捨てるか、全部とっておくかしかないように思えます。

日垣隆(著) 『知的ストレッチ入門―すいすい読める書けるアイデアが出る
―――――――――――――――――――――★






やっぱり本を書いたり読んだりすることが職業になっている人は、本を置く場所を確保するのも仕事のウチなのかもしれませんね。

一方で、本は、勉強材料であったり、趣味であったりするようなサラリーマンにとっては、何百〜何千冊もおいておく場所は確保できませんし、買うのだって、お小遣いの範囲でたかが知れてますが。
※私の知人に、本を置く場所がなくなったので、マンションの隣の部屋を買ってしまったという人もいます。本を置く場所に何千万もかける気合があれば、本を買う事自体に大して抵抗はないでしょうね…。ちなみに東京の結構都心に住んでみえます。

もちろん、本は投資という意味では、外のどのような手段よりコスパがいい、とはおもいます。だからといって原資は無限じゃない。

■判断基準は2回読むか?


私の判断基準は、

 2回読むか

というものです。

つまり、いきなり本を買うことは殆ど無くて、まずは図書館で借りてきて読む。
その上で、キーポイントなどをまとめた読書記録を作って、返却します。

のちになって、「そういえば××が書いてあった本があったよな〜」と思い出したら、この読書記録を検索します。
そして、検索に引っかかって、「これ、もう一度読んでみたい」と思ったら買います

だいたい本を初めて読むときには、「なるほど〜」と割と感動するタチなので、読後感は「これは良かった」と思うものがほとんどです。もちろん、そうなるようにいろいろ読み始める前に、調べて読み始めるのでその確率が高い、ということもありますが。

一度読んだだけで「良かった」と思っても、すぐに熱が冷めます。

読書したことが役に立つのは、それが記憶に残っていて、何かをトリガにしてその記憶が引き出された時です。

その時に「この本の第○章に書いてあったことをやろう」と思っているので、今度は迷わず買ってしまいます。目的が明確になっているという状態ですね。

最初に読むときは、漠然とした期待で具体性はありません。しかし2回目は内容がわかった上で、「○○の部分をもう一度読みたい」「こう使ってみたい」という意識で読むので、実際に役に立ちます。
この先、手元においておいても、2度、3度、4度と読み返す確率はかなり高いです。

これなら、投資としては相当なコスパでしょう。もともと書籍自体コスパがいいですしね。

そんなこんなで集めた本は、現時点だいたい2000冊弱。社会人になる前からこういう集め方をしているので、数だけは多いほうだと思います。

このブログで紹介している本も、全部手元に残している本です。

ネタが決まると、そのネタに関係ありそうな箇所を思い出せるくらいには繰り返し読んでいる本をご紹介しています。

■電子化しておく


しかし、2000冊の本の中から、思いついたことをすぐに探し出せるものではありません。

なので、私は本を買ったら、それをスキャナで取り込んで、OCRをして、本自体はお役御免にします。もちろん、重要な箇所を抜書きした読書記録も同じフォルダにおいておきます。これなら、PC に入れて持ち運びできますし、検索も簡単。
平均ですが、1冊当たり10〜20メガバイトくらいです。

電子書籍も買う時がありますが、今まで蓄積した OCR データと扱いが違う(そもそもコピペ出来ないものもある)ので、互換性(というか検索方法の一貫性)を維持するためにも、スキャナとOCRは手放せなかったりします。
※おかげで、未だに Kodak Imaging が手放せない…

■余談:Jpegにはしない


余談ですが、私はスキャナしたファイルを tiff 形式で保存しています。
これは Jpeg にすると、画質が劣化するからです。本はモノクロ 2値で読み取っているので、ファイルサイズも tiff のほうが小さい場合が多いです。

あるページのある箇所に紐付いたコメントの書き込みなどは、PDF のほうが扱いやすいのですが、Grep したり、長文のコメントを追加したりするときは text 形式のほうが扱いやすいです。

なので、tiff ファイルとテキストファイルが本の記録の基本。
これをやている人は少ないかも。

一応、タブレットで読むために PDF も作りますが、あくまでも一時用途で、最後には削除しちゃいます。




■参考図書 『知的ストレッチ入門―すいすい読める書けるアイデアが出る

この本であなたの知的生産力は100倍になる。すぐに使える21世紀版知的生産の技術。




◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

知的ストレッチ入門―すいすい読める書けるアイデアが出る
著者 :日垣隆

知的ストレッチ入門―すいすい読める書けるアイデアが出る
検索 :最安値検索

知的ストレッチ入門―すいすい読める書けるアイデアが出る
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 アウトプットを前提にインプットする
 飛行機はビジネスクラスを使いなさい
 本を残しておく基準を作る
 著者を絞って作品を読む
 書籍の大意がわかるようになるまでの時間
 トップに学べば社内第一人者になれる

●このテーマの関連図書


世界一利益に直結する「ウラ」経営学

つながる読書術(講談社現代新書)

「関係の空気」「場の空気」(講談社現代新書)





■同じテーマの記事

記憶術:凝視する

「凝視する」という言葉は知っていても、それを意識的に使えたりはしていません。たいていは、いい加減にしか見ていませんから。車の運転を習ったときに、「あちこちを見なさい」と言われた覚えがありますよね。一点を見続けちゃダメ、と。これは「注視」ということで、自動車運転では、2秒以上同じところを見続けるのは危険行為とみなされるそうな。この「凝視する」という行為は、実は記憶にとって重要な要素なのだそうです。記憶したかったら凝視しな..

図解のコツ1:カタマリを作る

ホワイトボードに説明を書いてもらったときや、パワーポイントなどにまとめたときなどに「説明が上手いなあ」と思う人と、なにを書いているのかさっぱりわからない人がいます。文章を書くにしても図解をするにしても、こういうのがうまくできるようなコツがあります。過去記事でも何度か触れてますので、ちょっとご参考までに。過去に紹介した図解のコツ3つの習慣part1A4で議論する図解活用のメリットコミュニケーションよりコンバージョ..

置くべきところに置くと失せ物がない

私個人の場合、年に1,2回くらいは携帯を忘れて会社に行くことがあります。たいていは、夜充電をして、朝出勤時にカバンに入れ忘れる、というのが私のいつものパターン。会社について、カバンから携帯を取り出そうとした時点で、いつも入れているカバンのポケットにない!、「あちゃ〜、忘れてきた…」と。一方、私の家内はというと、出かける前に携帯を持っていないことに気がつけば、「携帯がない〜」と言いながら家中探し回って、出かける時間がどんどん遅れていくということがあります。出かけ..

記憶術:周辺情報を追加する

何かを記憶しようとするとき、そのことだけでなく他のことも合わせて記憶しようとするといい場合があります。人間の脳は、あらゆることを関連付けで覚えているそうです。したがって、離れ小島のようなピンポイント記憶は難しいんです。周辺記憶「周辺情報」を追加してみる記憶するときには、情報を絞り込んだほうが有利です。 5 つ覚えるより、ひとつ覚えるほうが簡単だからです。しかし、記憶の..

電車が遅れたら駅から離れる

私の経験的には、1〜2ヶ月に1回くらいは、通勤電車でトラブルがあります。電車が止まる/遅れるんです。こんなとき、どう対処しますか?別の路線を選べる人なら、それはそれで便利だとは思いますが、田舎ではそうも行きません。それ以外に選択肢はない場合には、復旧するのを待つしかありません。このときに、駅でひたすら待つというのは、生産性はゼロですね。せっかくできた時間なので有効活用するようにしてます。交通機関が遅延したら待たない交通..

情報が聞きたければ話してはいけない

情報収集が上手い人がいます。私の場合は、つい話しすぎて、あとで「あちゃ〜」と思う場合がよくあるのですが、とくにコンサルタントを名乗るような人は大抵、核心部分の質問にうまく持ってかれます。ここには実はいろいろなテクニックがあるようです。コンサルタントの話題を引っ張る技術コンサルタントは、自分の仮説を証明する事実をラインスタッフから聞き出そうとします。ただ、大抵の場合、社外の人間に対しての発言は、結構気を使いますので、本音..

記憶術:同じような問題を繰り返し考える

囲碁や将棋は1局でだいたい 200 手を相互に打ちます。プロ棋士は、これをほぼ全部記憶しているそうです。ある局面を見せられると、その前後に打った手を再現することなど簡単なのだそうな。ところが、ど素人が打った棋譜は全く覚えられないらしいです。ここに記憶術のヒントがあります。パターンを見極めて覚える記憶術プロ棋士は、ある局面を見たときに、次にどのようなパターンが考えられるかを膨大に覚えています。そのパターンがわかっていれば..

部下からの不平不満は上司の勲章

『課長のルール』という書籍から。部下に嫌われることを恐れるな誰だって人から嫌われたくはありません。部下とも末長く仲良くやっていきたいものなのですが、最近の若い世代は少々事情が許さなくなってきているようです。::(中略):おそらく部下に気を遣って気が引ける場面も多いことでしよう。しかし、部下に遠慮するのは絶対に禁物です(変に高圧的になってもだめですが)。さらにちよ..

相手の態度から本音を見抜く方法

相手の態度から「こんな風に考えてるかも…」「こんな人かも…」というのはなんとなくわかりますよね。おそらく子供の頃からの対人経験によって培われてきたものだとは思いますが、きちんと因果関係を説明はしにくいものです(あくまでも経験値なので)。どんな行為がどんな意味を持っているのかは、その場にいる人やその時の雰囲気によって変化するものではありますが、ある程度共通のパターンがあります。それを言葉にすると、もう少し明確にその人の..

電車に乗ったら奥に行く

電車に乗った時にどこに行きますか?私の感覚だと、出入り口で立ち止まる人が多いですね。電車は奥のほうが空いている逆に言うと、電車の奥のほうというのは、みんな行きたがらないんです。相対的には空いてます。通勤中に本を読んだり、何かしようと思うならぎゅうぎゅう詰めのところより、人と人の間が少しでも空いている方が楽です。当たり前ですが。おそらく多くの人は、電車が目的の駅に停まったらすぐ降りられるように出入り口に立ち止まるのでしょうけど、出入り口近くにいても、改札まで無人状態で..



posted by 管理人 at 13:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知的生産術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック