上司の嫌いな言葉を探りなさい






大抵の人間には、「否定的な反応をしてしまう言葉」というのがあります。

たとえば私なら、「検討します」「考えておきます」という言葉。本来は、「ゴールをプロセスを明確にする」ということが目的で、こういう言葉に引っかかっていたのですが、いまでは、「その言葉は使用禁止!」としちゃってます。




あなたの上司が嫌いな言葉というのはありますでしょうか?
多分あるはずです。それが強く表に出る人と出ない人がいるだけだと思ってます。

私の上司は、(具体的な言葉ではありませんが)、「数字にならない目標」にはかなり激しく反応します。

ところが、それがわかっているだろうに、そういう発言をする人がいるんですよね。
「あんなこと言ったら、ダメって言われるのわかってるだろうに…」「もうちょっといい方を工夫すれば…」と内心思いながら聞いてたりしますが…
※「助けてあげろよ」と言われるかもしれませんが…




■信頼されるようになる


上司と部下には大体5段階の関係があります。

 レベル1:否定:やることなすこと気に入らない
 レベル2:疑問:何をするにしても、とっても心配。
 レベル3:普通:肯定的でも否定的でもない
 レベル4:肯定:まあそここそ信用してる。時々不安になる
 レベル5:信頼:まあほっておいても大丈夫だろう

だいたい、人数比で 1:2:5:2:1 くらいの比率でしょうか。2:6:2 くらいの感じかも。

一番ありがたいのが、「レベル5:信頼」されている人。
この人は、たいてい上司に対して気軽に話しかけますが、首記のような、「言葉遣い」にはすごく慎重に対応してます(見た目にはわからないかもしれませんが)。上司が悪いイメージを抱く言葉を一切言いません。これを使うと上司が否定的な反応をしてしまうことがわかっているから。

一番下の「レベル1:否定」の人はその逆ですね。
たとえ、結果をちゃんと出していても、人事評価になると「あいつはな〜。結果はそこそこいいんだけどな…」みたいに、高い評価を付けたがりません。

その否定的評価の根っこは上司に迎合していないことなのかもしれません。

「迎合」とは言葉が悪いですが、基本的には、上司のいやがることをちゃんと判断して、オブラートに包むか、上司から見えなくすることです。自分のやりたいことをやるのかやらないのかではなく、「どう表現するか」だけの場合が少なくありません。

こうしたことの繰り返しが上司からの信頼につながる、とおもってたりします。

会社という組織が、上司の評価によって、その人の価値を測っている以上、上司の評価基準を満たさないかぎり、高い評価は得られようがありませんね。もちろん、恣意の入り込む余地のないほどすごい結果が出せるのなら別なのかもしれませんが。

上司の評価基準の基本は、普段の上司の見えるところでの言動です。

■否定的な言葉を言い換えて報告する


上司の嫌いな言葉や表現方法がわかったら、それを別の言葉に置き換えます。

特にこれが発揮できるのは、上司への報告です。多分、上司と話す機会は雑談は別にすれば、これが一番多いでしょう。

そこそこの頻度で、進捗状態を報告していれば、上司は、「仕事してるな」と安心します。

ただし、仕事の状況は「上司が否定的なイメージを持たない言葉で書かれている」ことが重要。上司が読んだ時に否定的なイメージを持ってしまうと、上司は注意深く読むようになります。とくに過去にそういう実績のある人。

注意深く読まれると、いろいろアラもありますので、そこを突っ込まれます。
一度突っ込み始めると、その人の行動が気になるようになります。

これでレベルは1ランクダウン。探す気になれば、問題なんていくらでも見つかりますから。

「レベル5:信頼」のレベルにある人は「先日の進捗メールにも書きました、××の件ですが…」と言われれば、ほんの一言だけしか書いてなくても、「おお、そうだったな。それでいいよ、進めてくれ」という反応になります(心中は「しまった。書いてあったっけ?」でも)。

これが下位レベルのひとだと、「そんな大事なことメールじゃダメだろう。詳しく報告しなさい」という反応になって、いろいろ茶々を入れられて、「もう一度やり直し!」。
で、結局、上司の承認を得るのに時間を取られてしまって、結果が出るのが遅くなると、上司は「アイツは仕事が遅い!」と思っちゃうわけ。悪循環ですね。

言葉や表現方法は、たかが言葉、たかが表現方法なのであって、本質ではないのすが…。
サラリーマンの仕事ができる、できないの差は、こういうところから出発しているのかもしれません。



■同じテーマの記事

判断は朝にする(黄昏効果)

「黄昏効果」ってご存じですか?用法の元としては心理学分野の言葉ですが、最近は論理学や議論方法、説得術などでもよく見かけます。簡単に説明したWebを見つけました。認知・発見、思考・判断能力などの人間の活動能力全般が黄昏時(夕方の時間帯)に著しく低下する時間効果の事。人体の活動・覚醒周期(バイオリズム)は、起床後の経過時間や外界の気象変化によって上下の波を繰り返し、黄昏時は様々な能力が停滞する時間帯とされま..

必勝の時間攻略法

古い本ですが、過去記事でも何度も取り上げた本の要約をご紹介します。『脳を活かす!必勝の時間攻略法』は、副題として「1日を26時間に増やす35の鉄則」とされています。その通り、灘高→東大、元NHKアナウンサーにして医師であり、衆議院議員公設第一秘書も務めた「奇跡のマルチ人間」が最新の脳科学に基づいた時間活用法を紹介した本です。過去記事でもプライムタイムを見つける成果が倍になるコマ割り時間術午前・午後の仕事時間の活..

要約は自分で作らないとハズレをつかむ

過去記事でもときどき、ビジネス書の要約を書き出したりしていますが、そういうのを書こうとしてネットでついでにいろいろ調べていると、他の人が書いた同じ本の要約に行き当たることがあります。これが、ポイントとしているところがぜんぜん違うんですよ。まあ、自分がちゃんと本を読めていないのだけかもしれませんが、「え〜。そういう本だったんだ」なんて発見があったりします。要約とは抽出である本書の著者は、代議士の秘書として、情報を要約..

2時間早く出社する

時間管理で最も効率がいいのは、「集中できる時間を確保する」こと。このために、会社全体で「集中タイム」とか「会議禁止タイム」みたいなのを設けている会社もありますね。べつに個人でもやれます。過去記事でも紹介しましたが、>みたいに、一人になれる空間を無理やり作る方法もありますが、最も簡単にできて一石三鳥なのが早朝出勤。早朝出勤のススメ以前から、「朝活」などのテーマでも書いていますが、ここ..

PC画面の色温度を自動調整する「f.lux」

仕事の種類にもよりけりですが、1日中PCを観ていると結構目が疲れます。このため、私は目薬が欠かせないのですが、やっぱり、定期的に休憩するのが良いみたいですね。1時間に1回くらいは休憩して遠いところを見ると良いそうなので、気分転換がてらちょっと外に行って深呼吸するとかタバコを吸う(こっちが本命)とかしたほうが良いかも。PCモニタの色温度「色温度」っていう単語自体があまりPCや画像処理に縁のない人からすると、意味不明語なのかもしれませんが、まあ、PCの明るさを表..

深呼吸をしてストレスを解消する

ストレスを解消する方法として、お手軽にできる方法として「深呼吸する」という方法があります。ちょっときついな、と思ったら深呼吸をする、ちょっとしたことですが普段からのメンタルケアにはいいかもしれません。呼吸が浅くなってきたら深呼吸をする人に限らないですが、緊張状態になると呼吸が浅くなります。これは動物として必要なことなのですが、呼吸が浅い状態が続くと酸素が十分に回らずに余計に緊張状態が続きます。気分を入れ替えるために、い..




posted by 管理人 at 09:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック