魚の目―フローを見る力5:3つの力を活用する



前回の記事で、「魚の眼―フローの視点」を身につけるための「3つの力」について、簡単に説明してきました。

 ・作用と反作用
 ・慣性
 ・貯めと開放




この3つが掛け合わさって、殆どの出来事が起きてます。

今回は最後に、その3つの力をどう仕事に生かしていくかについて、ご紹介します。

■3つの流れを利用する


単に「魚の眼」をもっても、魚が川の流れを逆に出来ないように、自分のどうにもならないことがわかっても仕方がありません。

たとえば、「○○国が○○国を核攻撃しようとしている」なんてことが予測がついたとしても、その他大勢の私に同行できるものではありません。
※まあ、そんなことを知る情報網もないですけどね。

でも、会社や自分の部署のことなら、ちょっとは関係できるかもしれません。

つまり、未来に起きるであろう活動をピンポイントで特定はできないものの、「今後こうなっていくんだろうなあ」とわかれば、自分をそれに対して有利なポジションに持っていくことはできるのではないでしょうか。

たとえば、私の専門のIT関係で言えば、ちょっと長期的に見れば、今後は会社内に作られた様々な情報データを統合して、経営上に役立つデータを提供するような仕組みが必要になる、とか、データアナリスト・データサイエンティストみたいな技術が必要になることでしょう。

であれば、今から、データ分析の技術を勉強していくとか、データ分析基盤の構築を進言してみるとかすることで、自分の会社における存在感をアピールできるかもしれません。




■流れる先に自分置き石をする


「置き石」という言葉は、多分囲碁の用語だと思いますが、今は脈絡のない位置に石を置くことによって、将来そこが戦場になった時に、自分に有利にはたらくような事前の一手です。

流れを見ることができるようになったら、上記のデータサイエンティストみたいに、流れの先に自分のポジションを確保するような活動をすることが可能になります。

また、流れの方向を90度変えるなんてのは、イチ・サラリーマンでは難しいですが、ちょっとだけなら流れの方向は変えられます。ほんの0.5度程度、みたいに。そうすることで、ちょっとだけ自分に有利に働くような方向に帰ることができれば、会社でより活躍がしやすくなるでしょう。

流れが決まってから、後で追いかけていても、流れには追いつけません。
先回り、待ち伏せをしておくことが確実に流れを捕まえるための方策です。

超能力者じゃないので未来が確実に分かる方法はありませんが、右に流れていたものがいきなり左に流れることはないのと同様、ある程度の確率で予測は可能になります。

その予測に基づいて、ちょっとだけ自分の石をおいておく、それも、予測の外れる確率も考え合わせてあっちこっちに。そうすると、いつの間にか結構な立ち位置に自分を持っていくことができます。




■参考図書 『非常識な成功法則





立ち読みできます立ち読み可
赤裸々で粗削り、ビジネス書界の超重要人物が自らの成功の秘訣を明かした、25万部を超えるベスト&ロングセラー待望のリニューアル。






◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

非常識な成功法則
著者 :
楽天では見つかりませんでした
非常識な成功法則
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 流れを見る3つの視点
 非常識な成功法則
 近道をする-その2
 近道をする
 やりたいこと後編
 やりたいこと前編
 非常識な成功法則
 言ってはいけない言葉
 仕事効率を上げる基本ルール(心理編)
 「やりたいこと」はいつもひとつだけにして必ず結果を出す


●関連図書
 マンガでわかる 非常識な成功法則
 ストーリー思考---「フューチャーマッピング」で隠れた才能が目覚める
●このテーマの関連図書


強運を味方につける49の言葉(PHP文庫)

あなたの会社が90日で儲かる!―感情マーケティングでお客をつかむ

「成功曲線」を描こう。夢をかなえる仕事のヒント

ザ・バイブル読むだけで身につくお金と人に好かれる習慣(幻冬舎文庫)

星の商人-「成功の秘法」を手に入れるためのレッスン-

もっとあなたの会社が90日で儲かる!―感情マーケティングでお客をトリコ…






■参考図書 『もっと使いこなす! 「システム思考」教本





立ち読みできます立ち読み可
何が「好循環の人」と「悪循環の人」を分けるのか?
具体例を中心に、
きっちり現実問題に応用できるようになる本。

ビジネス、社会、組織、個人の成長や進化に役立つ究極の方法――。

それがシステム思考です。

こんな「どうして?」にため息をつく方々のための実践的処方箋。
 ・どうして努力が実らないのか?
 ・どうしてある解決策が別の新たな問題を生み出すのか?
 ・どうしてつい他人を責めてしまうのか?
 ・どうして人は思うように変わってくれないのか?
 ・どうしていつの間にか望まない状態に陥るのか?
 ・どうして部下が育たないのか?
 ・どうして「できる人」ほど伸びないのか?
 ・どうして「いい商品」なのに売れないのか?
 ・どうして景気に翻弄されるのか?
 ・どうして過当競争の泥仕合に陥るのか?
など。





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

もっと使いこなす! 「システム思考」教本
著者 :枝廣淳子/小田理一郎
楽天では見つかりませんでした
もっと使いこなす! 「システム思考」教本
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 魚の目―フローを見る力5:3つの力を活用する
 魚の目―フローを見る力3:慣性の視点

●このテーマの関連図書


なぜあの人の解決策はいつもうまくいくのか?―小さな力で大きく動かす!シ…

世界はシステムで動く――いま起きていることの本質をつかむ考え方

実践システム・シンキング論理思考を超える問題解決のスキル(KS理工学専門…

システム思考―複雑な問題の解決技法(BESTSOLUTION)

システム・シンキング入門(日経文庫)

システム思考をはじめてみよう





■関連する記事

業界の専門家に見えるようにする

業界人に見えないように頭をリフレッシュして生きる業界人に見えない人の特徴は、まだ入社間もないか、相当仕事ができる人のはずだ。業界の枠に閉じこもっていないという点で共通している。私のコンサル時代にもこれはそのまま当てはまり、飛び抜けて優秀なコンサルタントは決まってコンサルタントらしくなかったものだ。絶対に利口ぶらないし、プライベートでは理屈っぽくないし、自分からわざわざ経歴をひけら..

人を動かす:相手の話を聞くときには手を止めなさい

部下や後輩が話しかけてきた時に何かをしていると、ついそれをやりながら、「ん。了解。」とやってしまうことがあります。あるいは、会議の時に、発言者の方を見ずにひたすら PC に何かを打ち込んでいるとか。これが "いかん" とはわかっているつもりなのですけどね。「あなたを愛しています」のメッセージ人の話をよく聞くことは、ビジネスの世界だけでなく、家庭生活でも同じようにたいせつ..

ButはBad

成長しない人立場上でも、経験上でも人にアドバイスするという機会が結構あります。アドバイスをすると、そのアドバイスが効果がある人とない人の2パターンがあります。もちろん、アドバイスの仕方も上手・下手があるのですが、アドバイスの本質はそれなりに有効なものだと思ってます。この差はどこから来るのだろうかということをちょっと考えてみました。表面的に見ると、アドバイスに対して効果がある人というのは、そのアドバイスを自分の中に取り込んで、今の課題を解決する方向に動きを変えていきま..

流れを見る3つの視点

以前の記事「9つの目の交渉術」の記事で、1.蟻の目ミクロの視点2.鳥の目マクロの視点3.魚の目フローの視点という3つの視点に基づく視野を持つことで、ものごと正確に見ることができる、というお話を書きました。本日は、「魚の眼フローの視点」を持つための思考方法をもうちょっと詳しく考えてみたいと思います。前後関係フローの視点というのは、ある出来事を時系列の中で捉えることです。たとえば、今日部長にえらく怒鳴られた。なんてことがあった時に、そりゃ失敗..

非常識な成功法則

今週は、夏休みに読みたいビジネス書の紹介です。本日は、これは読まずにビジネス書を語るべからずとおもっている(以前紹介した)本。非常識な成功法則神田昌典ずいぶん古い本ですみません。神田昌典氏の出世作ですね。元ネタを使いまわしているようですが、結局たくさんのビジネス書を読んでも、本当に「これは、何度も読み返したい」という本は数えるほどしかありません。それは自分の課題認識によって人それぞれなのかもしれませんが、このブログでは、沢山の本を紹介することではなく、自分..

ももたろう理論

「ももたろう」から何が学べるだろうか?ひとつは本書のように、・行動哲学・リーダーシップを考えるきっかけになるかもしれないとは思います。まずおばあさんは川へ洗濯に行ってももを拾ってきます。まったくの偶然ですね。よくスポーツ選手が優勝した時「運が良かった」と表現することがありますが、運が良ければ私でもオリンピックで金メダルが取れるでしょうか。絶対無理ですね。運をつかむためには、その運をすくい上げるための力をつけておき、運が「流れ..



■同じテーマの記事

仕事効率を上げる基本ルール

仕事の効率を上げる基本ルール過去記事で、仕事を早く終わらせるためのヒントを幾つか書いてきましたが、これらに基本ルールがあります。本日はちょっと抽象的ですが、この基本ルールをご紹介します。今やっていることに集中するもし、何か気が散る要素があったら、一旦今やっていることを中断し、気になったことをリマインダに書き写しておく。書いたらすぐに元の作業に戻る期限を設ける1つのToDo(アクション)であれば「1時間で終わろう」。タスクであれば「..




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック