魚の目―フローを見る力4:貯めと開放、3つの力を活用する





前回の記事で、「魚の眼―フローの視点」を身につけるためには、「3つの作用を見るといい」と書きました。

 ・作用と反作用
 ・慣性
 ・貯めと開放

この3つが掛け合わさって、殆どの出来事が起きてます。

前回まででは「作用と反作用」「慣性」について説明しましたので、今回は最後、「貯めと開放」についてお送りします。

■貯めと開放

これは、火山の爆発と同じ。

徐々に圧力が高まってきていて、ある時臨界点を超えると、大爆発をおこして、誰の目にも明らかになるのですが、それ以前には水面下でものごとが進んでいきますので、意外と知らない人が多い。

しかし、火山の爆発がある程度予測できるように、水面下で起きていることというのは、ある特別な兆候があります。

こういうのに気がつけるかどうかが、発生した問題をスムーズに解決できるかどうか、あるいは問題の発生事態をうまく回避できるかどうかにかかっています。

「作用と反作用」「慣性」は、発生した事象を観察するものだったので、ちょっと訓練すれば理解できるようになります。
しかし、「貯めと開放」は、貯めの時期の微妙な兆候を検出しないといけないので、かなり難易度は高いです。

アンテナが高い、情報集めが上手い人というのは、かならずこういう視点を持っています。

■貯めを発見するチカラをつける方法

私は過去、ある事象・事件に出会った時には、関係者からその伏線になった出来事をなるべく聞くようにしました。

まあ、要するに、過去の「貯めの兆候」をしらべて、「こういう兆候はこういう事件に繋がるんだ」というのを経験値として収集できたわけです。
ホントのところは、単に経緯を聞くのが面白かっただけですが。大層なことを意識して聞いていたわけではありません。

いずれにしろ、

 「あぁ、あの時の、あの発言は、この状況の伏線だったんだな」

とおもえるような出来事を経験することによって、次に小さな出来事をみて、次にどんなことが起きるのかがある程度予測できるようになり、それに対して備えをすることができるようになりました。

■ヒヤリハット

「ヒヤリハット」という言葉をご存知でしょうか。

 ヒヤリハット:Wikipedia

ハインリッヒの法則とも言われますね。

これも「小さな事故は大きな事故の前ぶれ」というやつのひとつで、「貯めと開放」のひとつかもしれません。
※ただし、ハインリッヒの法則には、「時系列」というフローはありません。ランダムです。

「ヒヤリハット」にあるように、実際には予測した出来事がおきる確率は高くはありません。
ただ、そう予測させるような小さな出来事がたくさんあるときには、確率は高くなると判断した方がいいですね。

■またまた次回に続く

ようやく、フローの視点を身につける3つの力について説明できましたので、次回はそれをどう活用しているかについて、ご紹介します。



■3つの流れを利用する

単に「魚の眼」をもっても、魚が川の流れを逆に出来ないように、自分のどうにもならないことがわかっても仕方がありません。

この「3つの流れ」を見つけて(会社は存続し続けているのだから、常にいろんな流れが置きてます)、それをちょっとだけ自分の都合のいいように変えてしまう。あるいは、囲碁のように、その流れが来るであろうポイントに、自分の石をおいておくことで、自分の立ち位置にとって都合のいい出来事を作り出すことができます。

ただ、超能力者じゃないので未来が確実に分かる方法はありませんが、右に流れていたものがいきなり左に流れることはないのと同様、ある程度の確率で予測は可能になります。

その予測に基づいて、ちょっとだけ自分の石をおいておく、それも、予測の外れる確率も考え合わせてあっちこっちに。そうすると、いつの間にか結構な立ち位置に自分を持っていくことができます。

今日はちょっと曖昧な内容ですみません。
あまり具体的に書くと、色々まずいので。




■参考図書 『全脳思考

神田昌典、7年ぶりの書き下ろし本格ビジネス書!
多大な影響をビジネスに与えてきた経営コンサルタントの、10年間が凝縮された思考テクニックを遂に公開!

クオリティの高い思考を行い、顧客や同僚、そして自分自身の期待を超える企画・提案ができるようになるためにはどうしたらよいか? シンプルな1枚のチャートを使った本書の方法を実行することによって、たんなる時間の無駄ではなく、「行動する思考」「結果を出す思考」を生み出す。

500ページ近くもの大作でありながら、ページを捲るごとに・・・、脳からウロコが落ちる、快感の連続。

本書で扱っている「全脳思考モデル」は、本当にシンプルでありながら、ロジカル思考の限界を突破する発想が、特別なトレーニングをしなくても誰でも、生み出せるようになる。知識創造が決め手になるこれからの時代において、必須の方法論になるだろう。

本書で著者が公開した新概念・新理論の例(一部)

 ・知的蟹工船
 ・アトラス世代
 ・指名検索 vs 比較検索
 ・CEOがCNOになる時代
 ・営業しなくても顧客が集まる新原則 ― SSC
 ・自己投影型消費
 ・出会いの深層背景
 ・創造的問題解決法「CPS」
 ・シナリオ思考
 ・スピーチの結晶
 ・エレベーターの原理
 ・マネジメントの桃太郎理論・・・等々、多数。




◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

全脳思考
著者 :神田昌典

全脳思考
検索 :最安値検索

全脳思考
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 ももたろう理論
 魚の目―フローを見る力4:貯めと開放、3つの力を活用する
 魚の目―フローを見る力3:慣性の視点
 魚の目―フローを見る力2:作用と反作用の視点
 魚の目―フローを見る力1:3つの力を理解する

●このテーマの関連図書


ストーリー思考---「フューチャーマッピング」で隠れた才能が目覚める

2022―これから10年、活躍できる人の条件(PHPビジネス新書)

あなたの悩みが世界を救う!―不条理な世の中を生き抜くための人生バイブル

成功のための未来予報

60分間・企業ダントツ化プロジェクト顧客感情をベースにした戦略構築法

仕事のヒント





■関連する記事

業界の専門家に見えるようにする

業界人に見えないように頭をリフレッシュして生きる業界人に見えない人の特徴は、まだ入社間もないか、相当仕事ができる人のはずだ。業界の枠に閉じこもっていないという点で共通している。私のコンサル時代にもこれはそのまま当てはまり、飛び抜けて優秀なコンサルタントは決まってコンサルタントらしくなかったものだ。絶対に利口ぶらないし、プライベートでは理屈っぽくないし、自分からわざわざ経歴をひけら..

学習する組織:マネジメントを学ぶよりも「話す」ことが効果がある

巨人たちのお言葉シリーズをお送りします。本日の巨人:ピーター・M・センゲ本日のお言葉:マネジメントを学ぶよりも「話す」ことが効果があるお言葉の出典:『学習する組織』会社がより多く儲かるためには、マネジメント体系をしっかり作り上げることが必要です。それによって、社員一人ひとりの力を特定の方向に集約し、ひとりでは出せない大きな成果を出せるようになります。一言で「マネジメント」と言っても非常に膨大な事柄や、そのひとつひとつの構..

学習する組織:「学習する組織」に最終目的地や最終的な状態はない

巨人たちのお言葉シリーズをお送りします。本日の巨人:ピーター・M・センゲ本日のお言葉:「学習する組織」に最終目的地や最終的な状態はないお言葉の出典:『学習する組織』「学習する組織」とは何か?に先立って、本書『学習する組織』で著者ピーター・M・センゲが強調しているのが、この言葉です。学習する組織を築くうえで、最終目的地や最終的な状態はない。終生旅が続くのみである。「この取り組..

学習する組織:マネジメントの一般的体系

巨人たちのお言葉シリーズをお送りします。本日の巨人:ピーター・M・センゲ本日のお言葉:マネジメントの一般的体系は8つに集約できるお言葉の出典:『学習する組織』本日は、お言葉単体では訳の分からない言葉になってしまいましたが、私個人が非常に重要だと思っているので、ちょっと無理やりですが、ご紹介します。教師が目標を設定し、生徒はその目標に応える。教師は答えをもっており、生徒はその..

目標は自分だけが管理できる

目標管理目標管理を採用している組織は多い。しかし、真の自己管理を伴う目標管理を実現しているところは少ない。自己目標管理は、ス口ーガン、手法、針に終わってはならない。原則としなければならない。P.F.ドラッガー著『マネジメント』ドラッガーは各種の著作で、以下のように述べています。知的労働者は第三者が管理・監督するこ..

人を動かす:笑顔で電話しなさい

巨人たちのお言葉シリーズをお送りします。本日の巨人:デール・カーネギー本日のお言葉:笑顔で電話しなさいお言葉の出典:『人を動かす』笑顔で人に接する人とそうでない人の効果の違いは、説明するまでもありません。デール・カーネギーは、顔が見えない電話でも「笑顔で電話しなさい」と述べています。笑顔の効果は強力である。たとえその笑顔が目に見えなくても、効果にかわりがない。アメリカ中の電..

人を動かす:相手が優位であることを探す

巨人たちのお言葉シリーズをお送りします。本日の巨人:ディール・カーネギー本日のお言葉:心からの関心を示せば、協力をしてもらえるお言葉の出典:人を動かす人からなかなか協力をしてもらえない場合や、提案を受け入れてもらえない場合があります(少なくありません)。もちろん、そのお願いや提案が間違っている場合も結構ありますが、もうひとつの理由は、あなたがその提案にしか関心がないからかも知れません。..

人を動かす:相手の立場から物事を見る

巨人たちのお言葉シリーズをお送りします。本日の巨人:ヘンリー・フォード本日のお言葉:自分の立場と同時に、相手の立場からも物事を見るお言葉の出典:人を動かす自動車王へンリー・フォードが人間関係の機微にふれた至言を吐いている成功に秘訣というものがあるとすれば、それは、他人の立場を理解し、自分の立場と同時に、他人の立場からも物事を見ることのできる能カである実に味わうべきことばで..

ドラッカー365の金言:組織の精神はトップから生まれる

本日の巨人:P.F.ドラッカー本日のお言葉:組織の精神はトップから生まれるお言葉の出典:『ドラッカー365の金言』ドラッカーの『マネジメント』から、「リーダーの真摯さ」のお言葉。この文章は、『ドラッカー365の金言』から引用しました。組織の精神はトップから生まれる。真摯さを絶対視して、はじめてマネジメントの真剣さが示される。それはまず人事に表れる。リーダーシップが発揮..

魚の目―フローを見る力5:3つの力を活用する

前回の記事で、「魚の眼フローの視点」を身につけるための「3つの力」について、簡単に説明してきました。・作用と反作用・慣性・貯めと開放この3つが掛け合わさって、殆どの出来事が起きてます。今回は最後に、その3つの力をどう仕事に生かしていくかについて、ご紹介します。3つの流れを利用する単に「魚の眼」をもっても、魚が川の流れを逆に出来ないように、自分のどうにもならないことがわかっ..

魚の目―フローを見る力4:貯めと開放、3つの力を活用する

前回の記事で、「魚の眼フローの視点」を身につけるためには、「3つの作用を見るといい」と書きました。・作用と反作用・慣性・貯めと開放この3つが掛け合わさって、殆どの出来事が起きてます。前回まででは「作用と反作用」「慣性」について説明しましたので、今回は最後、「貯めと開放」についてお送りします。貯めと開放これは、火山の爆発と同じ。徐々に圧力が高まってきていて、ある..



■同じテーマの記事

ButはBad

成長しない人立場上でも、経験上でも人にアドバイスするという機会が結構あります。アドバイスをすると、そのアドバイスが効果がある人とない人の2パターンがあります。もちろん、アドバイスの仕方も上手・下手があるのですが、アドバイスの本質はそれなりに有効なものだと思ってます。この差はどこから来るのだろうかということをちょっと考えてみました。表面的に見ると、アドバイスに対して効果がある人というのは、そのアドバイスを自分の中に取り込んで、今の課題を..



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック