ワークライフバランスを考える


最近あまり言われなくなったような気がしますが「ワークライフバランス」ってありますね。
もうはやりは過ぎたのだろうか?



■ワークライフバランスを整える


どうも一時期、この「ワークライフバランス」という言葉が、「残業しない」とか「ムリな業務量を制限する」「会社を離れたら仕事をしない」みたいに使われていたようにおもいますが、最終的には

 5分で絶対に分かるワークライフバランス

みたいな感じに落ち着きましたかね?

ただ、会社にいる時には仕事のことだけを考え、会社を出たら自分の楽しみや家族のことを考えるというのには、ちょっと違和感があります。仕事で詰まっていれば、やっぱり家にいてもそれが気になりますし、家庭で問題があればやっぱり仕事中でもそのことが頭に浮かびます。

なにも、「公私の私」の時間に「公私の公」の事を考えてはいけないわけではなく、「やりたくなったらやる」「思い立ったが吉日」と考えたほうが精神衛生にはいいのではないかと思ってます。

結局、仕事も家庭も一人の人間がひとつの頭ですることであって、分離すること自体がナンセンスだと。
単にある時点時点で、どちらに重心があるのかのちょっとした違いでしかない、と考えたりしてます。

ですので私は、思いつけばどこでも仕事ができる環境を用意しています。同じように、仕事中であっても家族からの連絡はいつでも取れるような環境も作ってます。




■バランスを取った仕事をする


★P109〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

たとえば、徹夜仕事になったとしても、空調や照明が落ち、人のいない職場で夜食をとりながら徹夜するより、いつでもシャワーを浴びたり、さっと横になったり、家族の寝顔を見て勇気づけられたりできる環境の中にいた方が、仕事の質や安全・健康面、精神衛生面でも圧倒的に有利です。

ワークライ7 バランスは、「生活のために、仕事をしすぎない」という文脈で語られがちですが、その考え方は危険です。

今の厳しい環境下で「生活のために」仕事を減らしたら、むしろ会社や各個人の生活、ひいては日本社会を危機にさらすことになりかねません。

会社の制度や情報システムが対応していないと、このワークライフバランスの実現は簡単ではありませんが、このテーマは、現代の日本で働くすべての世代が解決していかなければならない課題だと思います。

仕事をする場所を選ばない、という柔軟性をとことん活用すれば、本来のワークライフバランスのコンセプトである「生活を犠牲にせずに、今以上にいい仕事をする」ことが可能になり、目標達成できるのです。

河野英太郎(著) 『たった1%の仕事のコツ
――――――――――――――――――――――――――――★


仕事で評価される成果を出したい、でも、家族との時間は潰したくない、と思うと、どうしても、スキマ時間をつかって進められる仕事は進めてしまいたくなります。

そのために休日に会社に行くのは時間がかかって仕方がありませんので(会社が自宅の隣なら問題ないかもしれませんが)、会社外でもちょっとした仕事やアイディア出しくらいならやれるようにしておきたいですね。

 日曜日夜10時
 仕事の時間
 3つの習慣part2

みたいに、休日を使っていろいろやってます。

ただ、あまりおおっぴらにやると、「サービス○○」とかいろいろ問題があるので、なるべく控え目に。

すっぱり切ってしまうより、「公」だろうと「私」だろうと、結局同じ頭が考えているので、わざわざ使い分ける方法を考える必要もないのではないかと思ってたりします。思いついた時がやりたい時ですよ。




■参考図書 『たった1%の仕事のコツ





立ち読みできます立ち読み可
こんなことがありませんか?

 とにかく仕事がたまる/上司によく無視される/命がけでつくった書類を見てもらえない/「言ってることがわからない」と言われる/会議で反対ばかりされる/自分にだけ、メールの返信がこない(遅い)/いつもあら探しされる/いつもあとまわしにされる/いい仕事は全部他人にもっていかれる/やり直しばかりさせられる/まじめにやっているのになぜか報われない……

そんな人は、その「やり方」を見直す必要があるかもしれません。まじめさとパフォーマンスは決して正比例ではありません。悪い意味で「まじめ」すぎると、パフォーマンスは逆に下がるのです。

デキる人とは、このまじめの「力のかけかた」を知っています。

そこにはちょっとしたコツがあります。このコツを知っているか知らないかは、あなたのパフォーマンスをとても大きく左右します。
実は99%の人がしていない、ちょっとした、でも効果絶大な仕事のコツを、本書では紹介していきます。





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

たった1%の仕事のコツ
著者 :河野英太郎

たった1%の仕事のコツ
検索 :最安値検索

たった1%の仕事のコツ
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 上司のモチベーションを上げると仕事がしやすくなる
 C:\_USR\Personal\BLOG\sarahin\一瞬で相手を落とす!
 C:\_USR\Personal\BLOG\sarahin\一瞬で相手を落とす!
 考える仕事は早めに終わる
 メモ帳の消費量を測定する
 体調の維持管理をする
 目的に立ち返る
 問題・課題・懸念事項
 パニックになるのを避ける方法
 メモは簡潔がいい?詳細に書く?

●このテーマの関連図書


99%の人がしていないたった1%のリーダーのコツ

「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方

図解99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ

図解99%の人がしていないたった1%のリーダーのコツ

あなたが上司から求められているシンプルな50のこと

「君にまかせたい」と言われる部下になる51の考え方





■同じテーマの記事

Hyper-Anchor

ちょっと見つけたWebページで、「あ、これ面白そう」とおもってとっておこうとブックマークすることはよくあります。こんな時は、ブックマークに"working"というフォルダを作っていて、ここに保存してます。恒久的に使う可能性があれば、分類分けしたブックマークのフォルダに入れますが。あとで読むところが、ちょっと長いページだと、一体どこで何が気になったのか、しばらく経つと忘れてしまいます。こんな時は、「あとで読む」で自分宛にそのWebペ..

体調の維持管理をする

過去記事で、いろいろな仕事術をご紹介してきましたが、仕事をする上で最も重要な基盤となるのは体調を整えることではないかと思います。仕事の基本は体調からどんなに、タスクリストを作ったり、日次レビューをしようが、PCの操作を素早くしようが、二日酔いで気持ちが悪いときには仕事ははかどりません。二日酔いは全く言い訳のできない管理不足ですが、寝不足や風邪なんかも、ある意味体調管理不足からくるものでもあります。個人的には、以前にウツをやっ..

命令か依頼か―リーダーとしてのメンバーとの付き合い

部下や後輩をどのように呼んでますか?君さん!(敬称なし)ちゃん(愛称、略称)お前、テメーまあ、呼び方は人それぞれですが、私の知るパターンだと、呼び方によってその人のリーダーシップスタイルがだいたいわかります。仕事を頼むときに一番やってはならないことは、命令口調を使うことです。これをやられたほうは気持ちのいいものではありません。「命令」に..

議事録は清書してはいけない

仕事をしていて、会議をしたことがない人はいないでしょう。会議の中で議事録をとったことがない人もいないでしょう。仕事を効率的にするのに、この議事録にかける時間を少なくするというのは、製造系の直接業務(実際にものを作る仕事)でない限り、かなり効果のあることです。例えば先の会議で言えば、会議終了直後に「即製メモですがご確認ください」と議事録を送信してしまえば、かかる..

朝型仕事と夜型仕事を比べてみると

仕事の型の私の歴史私は30代までは、朝は出社時刻ギリギリまで寝ていて、残業で頑張るタイプでした。朝はウオームアップがすんでないので、出社してからは、「今日は何をしないといけないかなあ…」とやらないければいけないことを探したり、「昨日どこまでやったっけ?」みたいに、仕事がはかどらないのですが、夜ならそれまで仕事をしているので、勢いがついていて、そのままずるずると仕事をすればよかったので、やっぱり夜のほうが都合が良かったのです。3..

リスクマネジメント:4つのリスクに備える

仕事をする上で、予定通り物事が進んだためしがありません。かならず何かの問題があります。これを事前に、可能な限り検討しておくことを「リスクマネジメント」と呼びます。ところが、結構このリスクを考えられない人がいます。私が勝手に「猪突型」と呼んでいる人たち。なるべくならこういう人と一緒に仕事をしたくないんですけどね。猪突型の人は、自分がやろうとしたことがうまくいくことしか考えてません。40年も前の高度経済成長期だったら、頑張れば何かし..




posted by 管理人 at 14:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知的生産術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック