著者を絞って作品を読む




どんなジャンルでもいいのですが、だれかお気に入りの作家っていますか?

もし「いない」のであれば、ちょっと気になる作家をリストアップしてみてください。そして、AMAZONなどで、その人の作品を片っ端から読んでみてはいかがでしょうか。

このブログのような仕事術関連で言うと、私は苫米地英人、ドラッカーの著作はかなりの数、目を通しています(読んでいるとは言いがたいレベルなので…)。ジャンルなら TOC や GTD は結構…。




■全集を読みなさい


小説などだと、「○○全集」みたいなものがあります。

しかしビジネス書だとあまり見かけませんね。これはなぜなんだろうと時々不思議に思うのですが、まあ、無いものは無い。
※『ドラッカー全集』『ドラッカー名著集』というのはありますね。

しかたがないので、AMAZON などで著者名で検索しておいて、「片っ端から」式に購入したり、図書館で借りたりして読みました。

こういうやり方をしたのは、この本から。

★P27〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●全集の効用
誰のものでもいいのですが、全集を総て読み通すという経験をしたことはあるでしょうか。主観的に「気になる人」でもいいですし、たまたま家に、父親や母親が若かりしころ傾倒していた作家の全集が書棚にあったから、でもいいのですが、誰かの全集を読み通す経験はして置いたほうがいいと思います。

個人が、どこまでバリエーションのあるもの、あるいは一貫性のあるものを書くことができるのかを肌で知っておくと、その後の本の読み方や選び方が一気にレベルアップします。

問題はそれを読み通したいと思うだけの動機があるかどうかです。

先ほども強調したとおり、本を読むという行為の基本は、著者がどのように言っているかを正確に読みとるということです

それを落としてしまったら、書物について何も語る資格はありません。

もっと言えば、本を読むという行為は、書いている人の脳の中にいったん入るということににかなりません。

全集に一度ずぶずぶと入ってしまうというのは、その意味で非常に良いトレーニソグになります

相手の言っていることを正確に、その回路にしたがって読みとるという訓練を、徹底的にしたほうが断然いいのです。

自分の汲み取りたいように汲み取るというのは基礎ができてからの話です。メジャーリーグに行けるくらい野球ができる人は、自分の一番好きな打法で打てばいいでしょうが、小学校4年生が、オリジナルの・ハッティソグをしたところで、ろくなヒットが打てるはずもありません。

野球で勝っということはどういうことなのか、ということをきっちり身につけないとプロにはなれません。ましてや一流の選手にはなれない。

それと同じように、読むという行為においては、基本中の基本として、相手の回路にきっちり入るということが大前提です。

そのトレーニングとして、全集を読むというのは、かなり効率の良い方法になります。

全集が出るということはつまり、それだけの読者を集めた人だということです。かなり偏った人であったとしても、それはそれとして、強い説得力をもった人だと言っていいでしょう。

その意味では、全集は誰のものでもいいとすら言えます。誰を読むかというよりも、全集を読むということ自体の重要性を強調しておきたいと思います。

日垣隆(著) 『知的ストレッチ入門―すいすい読める書けるアイデアが出る
――――――――――――――――――――――――――――★


「なるほど!」ということで、当時ちょっと気になていた人の本を片っ端から読んでみたのが始まり。

ただし、著作の多い人だと読むのに時間がかかるので、ある時期(集中して読んでいる時期)は、これが自分の所見だったのか、その人の所見の丸写しだったのか区別がつかなくなってしまいます。




■同一著者の別の著作を読む効果


読んでみると意外と面白いことに気が付きます。

読むと言っても、その人が発行した本を時系列で読むわけではないので、記述方法が文書の体裁などが突然変わったように見えたり、書いていることが同じことの繰り返しだったり、異なることを主張していたりと、意外と面白い。

全集とは言わないまでも、同じ人の著作を読み比べてみるというのは、その人の変化や時代背景を見る意味でも非常に面白い経験です。

もし、今ちょっと興味のある作家が10年以上活動している人なら、その人の初期の作品を読んでみると、面白いですよ。





■参考図書 『知的ストレッチ入門―すいすい読める書けるアイデアが出る




この本であなたの知的生産力は100倍になる。すぐに使える21世紀版知的生産の技術。





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

知的ストレッチ入門―すいすい読める書けるアイデアが出る
著者 :日垣隆

知的ストレッチ入門―すいすい読める書けるアイデアが出る
検索 :最安値検索

知的ストレッチ入門―すいすい読める書けるアイデアが出る
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 アウトプットを前提にインプットする
 飛行機はビジネスクラスを使いなさい
 本を残しておく基準を作る
 著者を絞って作品を読む
 書籍の大意がわかるようになるまでの時間
 トップに学べば社内第一人者になれる

●このテーマの関連図書


1日2400時間吉良式発想法―他人の人生を盗めばアイデアは生まれる!





■同じテーマの記事

MMOSTを使って大量の知識を獲得し、記憶する

ビジネス書を読むときに、「この本で何を知りたいか」を明確にしてから読むと、その本の中で自分にとって重要なものが高速に読み取れます。まあ、よく言われることですが、なかなか「この本を読む目的や目標」って決めてかかれないです。私は年間100〜200冊のビジネス書を読んでたりしますが、そこまでちゃんと決めて読み始めるのは1割ないかも。あとはセレンディピティっていうか、一期一会。要するに出たとこ勝負。本を読む目標を明らかにす..

ロバート・フェルドマンのビジネスマンに読んでほしい本2

著名エコノミストのロバート・フェルドマン氏が薦める本のご紹介。簡単にフェルドマン氏について。アメリカ合衆国テネシー州オーク・リッジ出身。東欧ユダヤ系。1970年にAFSの交換留学生として初来日。愛知県名古屋市の南山高等学校にて学ぶ。イェール大学(経済学・日本研究学士)を経て、マサチューセッツ工科大学において経済学博士を取得。野村総合研究所、日本銀行で研究業務、その後国際通貨基..

ロバート・フェルドマンのビジネスマンに読んでほしい本1

著名エコノミストのロバート・フェルドマン氏が薦める本のご紹介。簡単にフェルドマン氏について。アメリカ合衆国テネシー州オーク・リッジ出身。東欧ユダヤ系。1970年にAFSの交換留学生として初来日。愛知県名古屋市の南山高等学校にて学ぶ。イェール大学(経済学・日本研究学士)を経て、マサチューセッツ工科大学において経済学博士を取得。野村総合研究所、日本銀行で研究業務、その後国際通貨基..

セルフイメージを高める本当の方法

私も含め、どうもストイックな人が多いような気がします。これじゃあダメだもっと頑張らないともちろん、自分の課題を発見し解決していくことは良いことだと思います。ただ、それはマイナスをゼロにする方法でしかありません。ダメなところを改善してもプラスにはならないんです。一方で、良いところをより活用しようとしたり、より伸ばそうとするとプラスがさらに大きなプラスになります。アファメーション「アファメーション」という言葉の発祥..

爆速で目的のフォルダを開くショートカットフォルダを作る

仕事の資料を作ったり参照したりするとき、エクスプローラを使いますよね。私の場合はファイラーですが。そのフォルダにどうやってたどり着きますか?そのドライブのルートや今開いているフォルダから、フォルダを順番に辿って行って、目的のフォルダにたどり着くような操作をしているなら、高速化の余地がいっぱいあります。ショートカットWindows を使っている方ならショートカット(ショートカットキーではなく、ファイルやフォルダへのショートカット)をご存知ですよね。まあ、同..

新規テキストファイルをバッチで作成する

Windows で新しいファイルを作成する方法って、マウスでエクスプローラのなにもないところを右クリックして新規作成を選んでファイルのタイプを選択する以外に方法がないみたいです。おそらく Word / Excel なんかのアプリに新規作成を実行させるためにそうなっているんでしょうけど、ちょっとしたメモを作りたいだけのような場合には結構不便です。たとえば、多くのファイルがあるようなフォルダだと、まず何もないところの面積が少ない。そのために、表示を広げた..




posted by 管理人 at 10:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知的生産術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック