残業する人しない人、上司の評価が高いのは?




おそらくどの会社でも「残業時間を減らしましょう」活動はあるのではないかと思います。
そして、こんなブログを気にされているということは、多分あなた自身も、仕事を効率化して残業時間を減らしたり、もっと成果が上がるようにしたいと考えているでしょう。

じゃあ、上司から見て、残業する人としない人はどちらが評価が高くするのかというと…、一概には言えません

製造業の作業員などは

 仕事の成果 = 労働時間 × n(定数)

みたいに割と単純な比例関係があります。

一方で、いわゆる知識労働者と言われる人は、仕事の成果は労働時間に単純には比例しません
また、仕事の成果自体が測定しにくいです。

■上司の評価

あなたの仕事の成果を評価する上司はどうやって考えるかというと、一般的には

 ・期初に目標を決めて、それに達したかどうか
 ・仕事ぶりが自分の感覚にあっているか

という評価をします。前者「目標を決めて到達したかどうか」はある程度目標を数値化しようとするので、評価もある程度は客観的になりますが、後者「自分の感覚」は上司の主観です。

主観なので、あなたがどれほど頑張ろうと、上司が「アイツは頑張り・努力が足らん」と思えばそれで評価は下がります。

■残業時間の及ぼす影響

頑張っていることを示す方法として、一番わかりやすいのが

 残業時間

です。それだけ自分の私的時間を犠牲にして会社(直接的には上司)のために仕事をしているのですから、上司としては憎かろうはずもない。

残業時間を減らしなさい。でも成果は減らさないで!」と言われたら、仕事を効率化して、本当に残業ゼロを実現してしまっても、仕事の成果が変わらなければ、上司の評価が上がるとは限りません。たとえ、それを実現するために血の滲むような努力をした結果だとしても、それは上司から見えなければ、「なんだ、いままでちんたらやっていただけなのか」と思われるケースもありうると。

自分に置き換えてみると感覚はわかるかもしれません。
あなたの後輩があなたより早く帰ってばかりいるとして、「言われたことは、ちゃんと完了させてます」などと言われたら、素直に「お前はできるやつだなあ」と思えるか、ですね。

上司もあなたと同じような感覚を持っていると思ったほうが、上司を超人やロボットかのように考えるよりはいいでしょう。

もちろん、上司はあなたとは違う人間ですし、これは上司の考え方(感じ方)次第です。
したがって、上司が残業時間に対してどのような評価をしているのかを注意深く観察すると、より良い評価をもらえる可能性があります。

傾向として、夜遅くまで会社に残っている上司は、「長時間頑張ること」に対して、抵抗感は無いのでしょう。そうやって今の地位を築いて来たのでしょうし。自分がうまく行ったやり方というのは、同じやり方を部下にもさせたくなるものです(いわゆる、成功体験ってやつですね)。

それでも、会社からの命令として「残業を減らせ」は言われてますので、部下には積極的に「オレより先に帰るな」とは言えません。
しかし、やっぱり価値観として、「会社や仕事を優先しろ」があったりするので、毎日定時出社・定時退社の部下は、「アイツはもうちょっとやる気を出すと…」とか思ったりしてるかもしれません。

■残業時間の目標

あなたの会社にもし、残業制限(「1ヶ月の残業時間は××時間以内」)があるようなら、余裕を持ってその時間を守るより、ちょっとだけオーバーくらいが上司の評価が良くなるかもです。

パフォーマンスをして見せるなら、後半くらいまではちょっと多めにオーバーさせておいて、月末ギリギリになって、「すみません。残業時間がオーバーしてますので、今日は早めに帰ります」と上司に報告すると、前半の頑張っているイメージ、後半の指示を守ろうという態度という2つが満足させられるかもしれません。

もちろん、月末の駆け込み仕事を遅らせてはいけませんが。


◆このテーマのおすすめ図書



残業ゼロだからこそ目標達成!!本気でやるチーム時短術

新装版「残業ゼロ」の仕事力

なぜ、あの部門は「残業なし」で「好成績」なのか?6時に帰るチーム術

職場の問題地図~「で、どこから変える?」残業だらけ・休めない働き方

デッドライン仕事術

君はまだ残業しているのか



■同じテーマの記事

オフラインモードで内面刺激を受ける

スマホや携帯電話はとても便利なものです。それどころか仕事をする上でも、自己啓発などでもいまでは必須のツールになっています。一方で、よくよく振り返ってみると、外から入ってくる情報や指示に振り回されているような感覚もあります。オフラインモード私は月に1度はオフラインモードの日をもうけてます。この日は、朝からスマホやネットに繋いだ PC の電源は全部 OFF。といっても、終日ではありません。イスラム教で言う「ラマダン」みたいなもの。..

記憶術:ガムを噛むと記憶力がよくなる

個人的な趣味ですが、けっこう歯ごたえのある食べ物が好きです。まぁ、だれかに言われたからそうしているわけではなくて、単に好きというだけですが、スルメやタコ、ジャーキー、かんぴょう、レンコン、餅といったもの。そのおかげでなのか知らないですが、過去歯医者にかかったのは中学生のときに一度あっただけで、それ以外はまったくなし。歯だけは健康優良児です。この「物をよく噛む」という習慣は、歯にいいだけではなく、記憶力にも影響しているというのが、..

メールは一往復半で完了する

スレッドが伸び続けるメールちょっとした質問のつもりだったのに、だんだん関係者が増え、色んな意見が出始めてやたら長いスレッドになる、なんてことが会社でよくあります。こうなると収集がつかなくなります。どこかで打ち切って、関係者を集めてミーティングにしたいのだけど、どんどんスレッドが伸びていると打ち切りにくいですし、あとちょっとで終わりそうなのにミーティング開催も面倒……とずるずる伸びていきます。メールの打ち切り時メールでは拉致が..

きっかけを聴く―部下・後輩の無理筋な要求への対応

ムチャな要求をしてくる部下「忙しくてたまらないからもっと増員してほしい」「機能のあるアプリを買ってもらえると××できるようになる」部下・後輩からこういう要望やアイディアが出てくる時があります。増員やアプリの購入などは予算や計画があることですし、簡単には出来ません。私の同僚でも、従業員満足度を上げるために部下の要望をざっくばらんに聞きなさい」と言われるけど聞いてしまったら何らかのアクションが必要になるが、それを上司(部門長)が簡単に認めてくれるわけがない。結..

子供の論理で気分を変える

よく残業時間が減らない理由としてあがるもののひとつにみんな頑張っているのに、自分だけ先に帰りにくい上司が遅くまで残っていて、部下としては帰りにくいみたいな「帰りにくい雰囲気」というのがあります。実際には、「上司・先輩より先に帰ってはいけない」なんてルールがある会社は、たぶんありませんが。交流分析交流分析っていう心理学(だと思う)があります。おそらく、多くの人が、コミュニケーションのトレーニングとして実際に受講したり、何かで..

採用される意見のコツ

「このやり方はおかしい」「ちょっといいアイディアを思いついた」っていうときに、上司や対応する組織に意見や提案を出したりすることがあります。結局、こういう活動が実を結んで、評価が上がる(経験談)。ところが、自分ではいくらいいアイディアだと思っても、関係者や責任者に聞き入れてはもらえず、不発に終わることも当然あります。過去記事で書いたように、「言い方が問題」だったり、分析の仕方が違っている、根回しが不十分、などいろいろ理由があるので..

最初に違いを言う

最近、ビッグデータだのビジネスインテリジェンスだの、インダストリー4.0、IoTだの IT 関係が華やかですね。私のところにもいろいろな IT 関連会社からセールスが来ます。ただ、具体的な提案を持ってくるところまでつながっていくのは、わりと少ないです。セールスの専門家がやっているので、いろいろ研究したり、練習したりしているのでしょうけど、プレゼンの良し悪しって、する方より聞くほうが相手の上手下手を見分けやすくなります。同じように..

休憩を取る

人間は一定時間(約90分らしい)以上集中力を維持できないそうです。なので、適切に休憩を入れることで、効率のいい作業ができるようになります。あなたは仕事をする上でメリハリを意識していますか?ダラダラ病の人は特に気をつけなければいけませんが、人の集中力には限界があります。どんなにがんばっても一日通して集中力を保っことはできませんから、メリハリのつけ方が大事なのです。集中して仕事を片づけ..

あなたの時間の値段はいくら?

『「ダラダラ癖」から抜け出すための10の法則集中力を最高にする時間管理のテクニック』に、「あなたの時間の値段を計算する」という節がありましたので、ちょっとご紹介。時間の「値段」を計算して「不採算タイム」をゼロにする一つの便利な分析法は、時間を経済的価値に置き換える方法である。言い換えれば、自分の値打ちを知ることである。会社に対する自分の時間の価格はいくらだろうか?ほとんどの人は..

「どうしようもない」上司への対処方法

「いきなり無理難題を押し付けてくる」「説明がないまま、やることだけを指示する」「困っていても知らんぷりする」「いちいちやることにケチをつける」「突然、言っていたことが変わる」上司に対する不平不満は、まあサラリーマンなら少なからずあるでしょう。上司はマネジメントのプロであるべき個人的には、部下を持った時点で「上司はマネジメントのプロであるべき」だとは思っています。世界的に注目されるようなレベルである必要はありませんが、..

メールに「お疲れ様」は不要?

私の知る限り、多くのメールには、「お疲れ様です」とか「お世話になります」が冒頭に書いてあります。メールの「お疲れ様」は不要?ところで、私は、「オールアバウト」という生活総合情報サイトで「ビジネス文書ガイド」を務めています。定期的にビジネス文書やメールの書き方について記事を書くのですが、あるとき、反響が大きくて驚いたものがあります。それは「社内メールにお疲れ様は必要?..



posted by 管理人 at 09:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック