意思決定をする




考える力は、他人が出した結論を見るだけでは絶対に付きません。
自分の頭で考え、それを整理し、行動してそれをさらに最初の考えにフィードバックするというループによってのみ強化されます。

本カテゴリでは、さまざまなテーマを設問としてご紹介していきます。
そのテーマについて、ノートに自分の考えを書き出して、それから導き出される結論に基づくアクションを決定して行動してみてください。その結果自分の考えがどのように変わったのか、一度このノートをを見なおしてください。




 Practice Makes Pefect!!



■本日のテーマ「」



★――――――――――――――――――――――――――

未来を築くためにまず初めになすべきことは、明日何をなすかを決めることではなく、明日をつくるために今日何をなすかを決めることである。

P.F.ドラッカー(著) 『創造する経営者(ラッカー名著集6)
――――――――――――――――――――――――――★


やっぱ、ドラッガーはいいこと言うなぁ。でも「むつかし…」。




■3つの行動


理想の未来を手に入れるためには、3つの行動が必要です。

第1に、理想の未来を実際に描くこと。
いつまでに何をするのか、という長期目標です。
夢やビジョン、なりたい自分、あるペき組織の姿を、必ず文章や絵で表現しなくては達成はできません。
それについて、1時間ぐらい講演ができるくらいまで落とし込みましょう。

第2に、一歩踏み出すこと。
今日、具体的な決定を行わないかぎり、どんな行動も起こせません。明日は永久に訪れません。今があるだけです。

第3に、行動を検証すること。
決めたことを全力で実行に移すのはもちろんですが、一方で、完壁に行えなかったからと悩み、足を止める必要はありません。
ドラッカーは「計画の達成度は三割できれば上々」と書いています。

未来に向かう出発点は、「いま、ここ」の一瞬しかありません。

極論すれば、意思決定を明日に延ばす行為は、「やらない」と言っているのと同じ】です。それは、あなたが本心から「達成したいとは思わない夢」なんです。

最近はやり(?)の「今しかないでしょ!!」というやつですかね?

■意思決定回避のリスク


ドラッカーは 『断絶の時代』 の中で、若者は他人に操られることを嫌がるが、それ以上に意思決定の責任を負うことを恐れている、と書いていますます。別に若者に限ったことではないとは思いますが…。
※まぁ、ドラッガーから見たら、ほとんどのビジネスマンは若者か。

閑話休題。

さらにドラッガーは、「意思決定を避けることが正しかった試しはない」と言い切っています。
たいていの人が、数年経ってからその間違いに気づき、失った時間の大切さを嘆くハメになる(ドラッカーは、「失ったものが時間だけならまだ幸運なほうだ」とも述べていますが)。

他人の意思決定に従うことを「操られる」と言います。
成果を出す人は自分で自分を操る、つまり自分の責任で意思決定し、行動しています。意思決定を間違うことも、行動が不十分なときもありますが、失敗も含めて結果はすべて自分のものです。

最後は必ず成功するという信念があれば、途中の失敗は貴重な体験であり、自分を磨き上げる絶好のチャンス。
最初から挑戦を避け、意思決定から逃れる行為は、みすみすチャンスを放棄しているようなものなのです。

■本日のお題


●あなたが、仕事を通じて叶えたい目標や夢はなんですか?
 ノートや机の前に貼ってあるものを見返してみてください。
 もし書き出してなければ、それを書き出してみてください。
 もし書き出せないようなら、今年の目標でも構いません。

●そのために今から何をしますか?
 いまからやることを書き出してください。
 そして、それを今からやってください。





■参考図書 『断絶の時代





立ち読みできます立ち読み可
今からちょうど30年前、ピーター・ドラッカー教授は、社会と文明において根源的な変化、すなわち断絶が起こりつつあることを指摘した。それまでの継続の時代を断ち切り、20世紀の後半を形づくる可能性が大きい新しい現実が生まれつつあることを明らかにした。その断絶が、いよいよクライマックスを迎える。

今日われわれが呆然とさせられている政治・経済・社会の大変動の意味合いも、本書を一読することによって、判然としてくる。むしろ今日のほうが、断絶の意味合いがよくわかる。なにごとも、ことの渦中にあっては見えにくい。今日のような毎日が閉塞下の乱気流状態にあるときほど、ことの始まりとその本質を知ることが大切なときはない。





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

断絶の時代
著者 :P.F.ドラッカー

断絶の時代
検索 :最安値検索

断絶の時代
検索 :商品検索する



●関連 Web
 Drucker/断絶の時代?いま起こっていることの本質 - ドラッカー
 断絶の時代:キーワード|ダイヤモンド・オンライン
 断絶の時代 | ビジュアルシンキングh

●本書を引用した記事
 意思決定をする
 すぐにやる(ドラッガー 経営者の条件)
 リスクマネジメント:4つのリスクに備える
 ドラッカー:人は、自らがもつものでしか仕事はできない
 勉強好きはどのように昇進・昇格に影響する
 意思決定をする
 自分を律すること
 いかにして学び続けるか
 継続的学習の方法を身につける
 コンセプト化・一般化の効用

●このテーマの関連図書


ドラッカー名著集8ポスト資本主義社会

創造する経営者(ドラッカー名著集6)

ドラッカー名著集9「経済人」の終わり

ドラッカー名著集12傍観者の時代(ドラッカー名著集12)

ドラッカー名著集11企業とは何か

ドラッカー名著集3現代の経営[下]






■参考図書 『創造する経営者(ラッカー名著集6)





立ち読みできます立ち読み可
事業戦略が「発明」された歴史的著作。「今日の事業の成果」「潜在的な機会の発見」「明日のための新たな事業の開拓」を解く。さらには、「社会的存在としての企業とは何か」「プロフィットは外にある」等、経営の本質を説き、『経営者の条件』と並び、経営実践の書として経営者に長らく支持されてきたバイブル。ドラッカー名著集第6弾。





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

創造する経営者(ラッカー名著集6)
著者 :P.F.ドラッカー

創造する経営者(ラッカー名著集6)
検索 :最安値検索

創造する経営者(ラッカー名著集6)
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 面接質問「どんな貢献ができますか?」
 意思決定をする
 重要なことはできなことではなくできること
 リスクマネジメント:4つのリスクに備える
 成果を上げる5つの条件
 時間を創造する
 知識とは「何かを変えるもの」
 ドラッカー:人は、自らがもつものでしか仕事はできない
 勉強好きはどのように昇進・昇格に影響する
 意思決定をする

●このテーマの関連図書


イノベーションと企業家精神(ドラッカー名著集)

ドラッカー名著集3現代の経営[下]

ドラッカー名著集2現代の経営[上]

ドラッカー名著集8ポスト資本主義社会

ドラッカー名著集15マネジメント[下]―課題、責任、実践

ドラッカー名著集7断絶の時代





■同じテーマの記事

時間の浪費を見つける方法

どう頑張っても1日は24時間しかありません。生産性という意味で時間あたりの生産性を変えることはできますが、物理的な時間を伸ばすことはできません。時間あたりの生産性を改善するために、過去記事でもいろいろなハックをご紹介しましたが、トータルでみると、生産性改善よりもムダに捨てている時間を有効な時間に使うほうが効果があります。単純に言えば、睡眠の時間を削って仕事ややりたいことに当てれば、1日の生産量は向上します。ただし、長続きしないで..

難しい文章を書くときにはノートに書く

普段、文章を書く時にどうやって書いてますか?・いきなりパソコンに向かって打ち込み始める・マインドマップなどの思考ツールに書くことを整理する・書くべきことやテーマをノートに書き出すいろいろなやり方があると思います。これは、その人の文章力や、書くことに対する知識の深さなどいろいろ条件があります。臨機応変結論から言ってしまうと、状況により臨機応変、というのがよいようです。比較的簡単な文章たとえば、メールの返信など、書くテーマひとつで単純明快、言い回しに..

「PCが遅い」にはタスクマネージャーが効く

「PCがなんだか遅いなあ」と感じたときがありませんか?そんなときには、とりあえず、CTRL+SHIFT+ESC キーをパッと押してみると原因にたどり着けることが多いです。タスクマネージャーWindows で CTRL+SHIFT+ESC (CTRLキーとSHIFTキーを押しながら ESC キーを押す)と立ち上がるのはタスクマネージャー。ただし、PC がもっさりしているときには、すぐにはウインドウが表示されないかもしれません。そんなときには別の手段CTR..

会議におけるファシリテーターの役割とは

会議において議長となるひと(会議を主導する人)は当然必須なのですが、ここ10年くらい重要視されるようになったのが、「ファシリテーター」という立場の人。この人がいるといないのとでは、会議の進み具合がかなり違うということで、どこの会社も「ファシリテーション」などという教育プロセスを持つようになったみたいです。ファシリテーターがファシリテーションするのに必要な3つの視点をご紹介します。ファシリテーターの3つの視点本書『レ..

期末面談の自己申告を請求書にしてみる

毎年、1年間の業務成果を上司に報告して、上司から業務評価をもらいますよね。いわゆる期末面談。私としてはサラリーマンの最大のイベントだと思っているのですが、どうもぞんざいに扱う人が多いような印象を持ってます。「今やっている仕事が忙しいから」と、当日になって、「エイッ」って書き込んで、誤字脱字のまま提出してくる人もいたりする…。今やっているプロジェクトや仕事は当然大切なのですが、その結果自身で給料が決まっているわけではなく、期末面談で書かれた上司の評価で給料が決まっている..

記憶術:視点を変えて繰り返す

学生時代に復習といえば、勉強したことをもう一度繰り返すことでした。教えられたそのものを記憶していれば、高得点がとれた学生時代と違い、社会人の勉強は、本に書いてあることを完璧に覚えていても意味をなしません。それを使って何かをしてはじめて、「使える知識を持っている」と判断されます。記憶するには視点を変えるでは、暗記から一歩進んで、必要な知識を蓄積するためにはどうすればいいのでしょうか。..




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック