モチベーションなんかでない




■品質

こんな2つの会社があったとします。

 製品を素晴らしく仕上げてくるときもあるが、不良だらけの時もある
 あまり素晴らしい時はないが、だいたい同じくらいん品質で納品する

もしあなたが購買担当だとして、このどちらと取引をしたいと思うでしょうか?

20年くらいまえですが、知人とこんな話をしてたことがあります。

 「ソニー製品は、当たり外れがあって、外れだといきなり初期不良が多い」
 「松下製品は、ソニーみたいにとんがってないけど無難な作りで、不良が少ない」

こんなイメージを持ってました。

とうぜん私が愛用していたのは、松下系列。

で、話は表題の「品質」に戻るのですが、

  品質とはばらつきである

というのが私の持論。

もちろん、ユーザ(自分の後工程の人も含め)の期待に達しなければ、まったく意味が無いのですが、もしある程度の許容範囲があってその中には入るとすれば、品質というのは、そのときの出来上がり具合が、常に一定になることを目指すものだと思います。

仕事で言えば、

 「モチベーション」や「やる気」みたいなものがあって、これが高い時にはすごくいい仕事をするが、低い時には見るに耐えないレベル

と言う人と、

 淡々とこなして、いつも同じ程度のまぁ、ありきたりなレベルの結果しか出せないひと

であれば、後者のほうが上司としては断然ありがたいです。

 モチベーションを常にもって仕事に取り組むべきだ
 やる気というのは、勝手に出てくるものではなく、自分の夢から作り出すものだ

よく自己啓発書などに書いてあるような内容ですが、

  そんなものコントロールできません

というのが、長年仕事をした結論。
逆にそんな不確定なもので仕事の結果がばらつかれたら、仕事を頼む側としては心配で見てられません。

■モチベーションゼロでも仕事をする

サラリーマンとしては月曜日から金曜日まで(人によっては土曜日も?)、やる気があろうがなかろうが会社に行く必要があるわけです。

 今日は気合が乗らないから休みます

なんて人がいたら、きっと窓際に追い込まれるでしょう。

そんな時でも、業務はあるし、締め切りもやってきます。「やる気を出せ」と言われたって、ないものは出ませんし、そう簡単に出したり引っ込めたりできたら誰も苦労しません。
  

■仕事は技術

「仕事をやすること」自体はは単なる技術(テクニック・スキル)です。気合とかモチベーションとかは関係ありません。

 「どうやったら気合がなくても結果が出せるのか」

ということに工夫をすることで、あなたの上司からの評価は、「いつも予測する範囲の結果を出す奴」というふうに受けられます。これが信頼だと思ってます。


◆このテーマのおすすめ図書



最少の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術

仕事ができる人はなぜモチベーションにこだわらないのか

世界トップクラス営業マンのモチベーションに左右されずに結果を出す仕事術

「人を動かす人」になるために知っておくべきこと

結局、「決められる人」がすべてを動かせる

明日に疲れを持ち越さないプロフェッショナルの仕事術~BusinessLife



■同じテーマの記事

ミスを連発してしまったときの対処方法

仕事をしていれば、何かしらのミスは起きます。一番落ち込むのは、同じようなミスを連発してしまったときですね。「あ〜、もう!オレのバカ!」ってがっくり来ます。たとえば、メールの宛先を「杉山さん」に送るつもりが、「杉本さん」に送ってしまった。「やばい!」と思って送り直したら、今度は「杉木さん」に送ってしまったとか。こういうのがあると、本当に「イラッ」とします。キーボードに八つ当たりしたくなる(実際、してたりしますが)。..

オフラインモードで内面刺激を受ける

スマホや携帯電話はとても便利なものです。それどころか仕事をする上でも、自己啓発などでもいまでは必須のツールになっています。一方で、よくよく振り返ってみると、外から入ってくる情報や指示に振り回されているような感覚もあります。オフラインモード私は月に1度はオフラインモードの日をもうけてます。この日は、朝からスマホやネットに繋いだ PC の電源は全部 OFF。といっても、終日ではありません。イスラム教で言う「ラマダン」みたいなもの。..

合意したけど賛成してない―結論は他人の物

いろんなルールを作るけど、ルールがルールとして守られるのは、たぶんほんの一部です。特にルールが賞罰に影響しないものだったり、イチゼロで判断できないようなものだったりすれば一層。とくに、「会議をして全員で決めたのに、結局何も変わらない」なんてのは組織で動いているとよくあることです。たとえば、「帰宅前に机の上を片付けて帰ろう」みたいなルールを決めたのに、1週間もすればもう元の木阿弥。まぁ人間なんてこんなもんなんですけどね。なぜ決..

厳しい交渉ごとは役員応接室でやりなさい

あなたの会社には役員専用の応接室がありますか?ウチの会社にはあります。基本的には、一般社員は使えないのですが、どうしても他の会議室などが使えない時に、ここが空いていれば使わせてもらえます。厳しい交渉には役員応接室を使う私はときどきここを使わせてもらってます。上司の役員にお願いして「この時間しかないので使わせてもらっていいですか?」と聞けば、「空いていればいいよ」とたいていは言ってもらえます。聞かれた役員にしても、たぶん「一般社..

新しいシステムには一番協力してほしい人の名前を入れる

なにか新しいことがやりたい時に、ひとりでは出来ないので、協力者がほしいですね。そういう時に、協力者を巻き込んでしまう秘策があります。アンドルー・カーネギーの成功の秘訣は何か?カーネギーは鉄鋼王と呼ばれているが、本人は製鋼のことなどほとんど知らなかった。鉄鋼王よりもはるかによく鉄鋼のことを知っている数百名の人を使っていたのだ。しかし、彼は人のあつかい方を知っていたそれが、彼を富豪..

人を動かす:相手の話を聞くときには手を止めなさい

部下や後輩が話しかけてきた時に何かをしていると、ついそれをやりながら、「ん。了解。」とやってしまうことがあります。あるいは、会議の時に、発言者の方を見ずにひたすら PC に何かを打ち込んでいるとか。これが "いかん" とはわかっているつもりなのですけどね。「あなたを愛しています」のメッセージ人の話をよく聞くことは、ビジネスの世界だけでなく、家庭生活でも同じようにたいせつだ。ニュ..

休憩を取る

人間は一定時間(約90分らしい)以上集中力を維持できないそうです。なので、適切に休憩を入れることで、効率のいい作業ができるようになります。あなたは仕事をする上でメリハリを意識していますか?ダラダラ病の人は特に気をつけなければいけませんが、人の集中力には限界があります。どんなにがんばっても一日通して集中力を保っことはできませんから、メリハリのつけ方が大事なのです。集中して仕事を片づけ..

適当にメルマガに登録すると知識が増える

「アイディアが天から降りてきた」なんていうのは一握りの天才だけで、凡人にはありえません。凡人がアイディアとして出せるのは自分が知っていること、頭のなかにあって出し入れができることだけです。アイディアを出すためには膨大な知識が必用ちょっとした思いつきであっても、上司から「おっ、それいいね」と言われるようなものでも、アイディアを出すためには、頭のなかから出し入れできる知識が必用です。多くのアイディアというのは、なにかのヒントが元になって、複数の知識が頭のなかで一本の糸..

「どうしようもない」上司への対処方法

「いきなり無理難題を押し付けてくる」「説明がないまま、やることだけを指示する」「困っていても知らんぷりする」「いちいちやることにケチをつける」「突然、言っていたことが変わる」上司に対する不平不満は、まあサラリーマンなら少なからずあるでしょう。上司はマネジメントのプロであるべき個人的には、部下を持った時点で「上司はマネジメントのプロであるべき」だとは思っています。世界的に注目されるようなレベルである必要はありませんが、..

夏休みの計画は卓上カレンダーに任せる

夏休みなどの長期休暇中に、いろいろな勉強をしてみたいと思っている人はは多いのではないでしょうか。「夏休みの計画」などというと小中学生時代を思い出しますね。夏休みの時間割を作って、それにしたがって勉強しようとしたけど、遊びに行ったりしてしまって、結局2学期直前に慌てて宿題だけを仕上げるとか。毎度毎度のことでした。卓上カレンダー過去記事カレンダー活用術会議室カレンダー2ヶ月カレンダーでもご紹介してますが、私は PC で実現するカレンダーも使いますが、自分が普段いる..

海外出張に行くときは、その国の言葉で挨拶をしなさい

ウチの会社は、海外に子会社がいくつかあります。というか社員数は海外のほうが圧倒的に多い。このため、仕事上、海外出張も少なくありません。その国の言葉で話したい同じ部門でも異なる部門でも、初めてその国に出張に行ってきた人に話を聞くと・中国語を覚えたい・英語を覚えたい・タガログ語で挨拶したい・スペイン語が読めるようになりたい・ハングル語が読みたいたいていこう思って、いままで見向きもしなかった、会社の言語教育コースをとったり..



posted by 管理人 at 05:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック