ストレス解消の方法をもってますか?




なにかストレス解消の方法をもってますか?

こういうブログなので、仕事にまじめに取り組んでいる方が多いと思います。

でも実はまじめに取り組むことって長いこと続けると、結構ストレスが貯まります。いつも張り詰めていたり、「頑張ろう」、「頑張らなくちゃ」みたいに思っていると、いつの間にか心を病んでいた、ということになりかねません。

なので、なにかストレスをためない方法が絶対に必要。




私の場合、「大声で笑う」とか「声を出して体を動かす」のが結構ストレス解消になっているみたいなので、寄席に行ったり、愛犬と近所の山の探索に行ったりしてます。

本当に仕事が詰まっていると、それをすること自体がストレスみたいに感じちゃうのですが(要は仕事の時間が削られる)、実際にはそうやってリフレッシュすることで、いい影響が出ているみたいです。

■ストレス解消の方法


★P192〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●ストレス解消の方法を決めておく
仕事のパフォーマンスというのは、知識や技能といった能力面の伸びと比例するかというと、かならずしもそうではありません。

この時、ストレスの存在を、語らずに避けて通ることはできません。
 :
 :
対症療法は人それぞれなのですが、ここでのポイントは、今までにストレス解消できた時の成功事例を思い出し、「自分はこうすればストレスが解消される」というパターンを複数持っておくということです。

ストレスがかかっているときは、新たに方法を考え出す余裕がないので、急なストレスを感じたときすぐに実行できるよう、事前に持っておくといいでしよう。

例えば私の場合は、ストレスがかかったときに読む本を何冊か決めています。

結果的に何年かに1度読むことになるのですが、読んでいるうちに、自分の感じているストレスが何でもないことのように思えてきて、毎回読み終わった後は前向きな気持ちにリセットされます。

映画鑑賞やドライブ、旅行やスポーツなど何でもいいと思います。自分の気持ちの治療法は自分でしか決められないもの。
みなさんに合った方法をそれぞれ常備し、味方にすることで、常に仕事に打ち込める状態を保ってください。

河野英太郎(著) 『たった1%の仕事のコツ
――――――――――――――――――――――――――――★


たしかに、以前ウツになった時には、そんなこと考える余裕はありませんでした。
ですので、普段からこうした「ストレス解消」を少しづつやっている状態がストレスをためない方法なのかもしれません。

簡単な方法としては、感情を体に出すことが最も単純なやり方で、以前号泣するでご紹介したような、泣かせる映画を見て号泣するという方法が、いいかもしれません。

もし、この記事を「読んでみよう」と思った、あなた、もしかしてストレスが溜まっているからかもしれませんよ。
案外、渦中にあるとストレスには気が付きにくいものですから、ちょっと仕事をやめて、レンタルビデオ屋さんでも行ってみてはいかが。




■寝るとストレスが緩和される


もう一つ、私が以前医者から言われたのは、「寝なさい」でした。それも、出勤までの夜ではなく、1日じゅう。寝っぱなし。

確かに、これも効果があったように思います。
会社をお休みした最初の1週間位は、何もせずに寝てばかりいましたので。

これなら、技能にかかわらずやれそうですね。
ストレス解消に「スポーツをやりなさい」と言わても、下手くそ&運痴に過ぎて、それがストレスになったりするので。

■寝る、笑う、泣く


この3つは人間に基本的に備わった能力なので、上手い下手はありません。そして、これは精神を開放してくれる効果があるようです。

これなら、わりとできそうじゃないですか?

※ちなみに、世の中には「笑いヨガ」というものがあるそうで、家内が結構気に入って通ってます。腹の底から笑うトレーニングとストレッチが組み合わさった方法だそうで…。興味がある方は近所の教室を探してみてはいかがでしょう。全国にあるみたいですよ。




■参考図書 『たった1%の仕事のコツ





立ち読みできます立ち読み可
こんなことがありませんか?

 とにかく仕事がたまる/上司によく無視される/命がけでつくった書類を見てもらえない/「言ってることがわからない」と言われる/会議で反対ばかりされる/自分にだけ、メールの返信がこない(遅い)/いつもあら探しされる/いつもあとまわしにされる/いい仕事は全部他人にもっていかれる/やり直しばかりさせられる/まじめにやっているのになぜか報われない……

そんな人は、その「やり方」を見直す必要があるかもしれません。まじめさとパフォーマンスは決して正比例ではありません。悪い意味で「まじめ」すぎると、パフォーマンスは逆に下がるのです。

デキる人とは、このまじめの「力のかけかた」を知っています。

そこにはちょっとしたコツがあります。このコツを知っているか知らないかは、あなたのパフォーマンスをとても大きく左右します。
実は99%の人がしていない、ちょっとした、でも効果絶大な仕事のコツを、本書では紹介していきます。





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

たった1%の仕事のコツ
著者 :河野英太郎

たった1%の仕事のコツ
検索 :最安値検索

たった1%の仕事のコツ
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 命令か依頼か―リーダーとしてのメンバーとの付き合い
 たった1秒で相手の好感を得るボールペン操作術
 C:\_USR\Personal\BLOG\sarahin\一瞬で相手を落とす!
 C:\_USR\Personal\BLOG\sarahin\一瞬で相手を落とす!
 考える仕事は早めに終わる
 体調の維持管理をする
 目的に立ち返る
 問題・課題・懸念事項
 パニックになるのを避ける方法
 メモは簡潔がいい?詳細に書く?

●このテーマの関連図書


99%の人がしていないたった1%のリーダーのコツ

99%の人がしていないたった1%のメンタルのコツ

図解99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ

「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方

頭がいい人の仕事は何が違うのか?

図解99%の人がしていないたった1%のリーダーのコツ





■同じテーマの記事

タイガーマスクが教えるストレス解消法

本日は、ちょっと面白いストレス解消法のご紹介。リアル不動心サラリーマンをしていると、結構厳しいストレスにさらされることになりますよね。私も以前ストレスで会社をお休みすることになったので、ストレス解消法については、いろいろ興味があって調べたりしてます。本日ご紹介するストレス解消法は、「初代タイガーマスク」の佐山聡氏の出した本「リアル不動心」メンタルトレーニング初代タイガーマスクがデビューしたのは 1981 年だそう..

百万ドルの教訓

記憶ほどあてにならないものはありません。多くの場合は、時間が経てば曖昧になるし、最悪(というか普通)消えてなくなります。本当に消えてしまうわけではなく思い出せなくなるだけの場合もおおいですが。百万ドルの教訓過去記事で10万ドルのアイディアというのをご紹介しました。..

手書きメモの効用

毎日、1ページはノートに何かを書くことにしています。ノートであって、メモではありません。わたしの知る範囲だと(物理的な)ノートにメモを書いている人が多いですが、私の場合ノートとメモは別物です。ノートはあるテーマに沿って、それについて考えたこと、思いつくことなどを書き出し、いわゆる「ゲシュタルト」を作る作業スペースです。メモは、覚えておきたいこと、大事なことを記憶しておくためのスペースです。これらは全く別物。物理的にも..

朝メールを見るという悪い習慣

たしか以前の記事にも似たようなことを書いた気がするのですが、本書を見て思いを新たにしたので、ちょっとご紹介。朝の最初の仕事はメールを見ること私の知る限り、結構な数の人が、出社して最初にやる仕事はメールを見ることになっています。もうすこし、時間管理を学んだ人だとタスクリストをみるかもしれません。もちろん、人によりいろいろなレベルがありますし、このやり方が絶対というつもりはありませんが、メールを見るのだけはやめたほうが..

どうしようもないムダな会議がある理由

「業務効率化」「働き方改革」などとうるさいですね。「ほっといてくれ」と言いたいときもあったりなかったり。まあ、いずれにしろサラリーマンは上が「こうしろ」と言ったら、やるのが宿命。それが給料のもと。で、毎度いの一番に業務効率を下げているネタとして、どこの会社でも上がるのが会議。なんでみんな、そんなに会議が嫌なのかな?会議がムダになる理由ちょっとおもしろい視点の「会議がどうしようもない理由」という一節を見つけたのでご紹..

溜まりまくった受信箱を瞬時に空にする方法

仕事にもよりけりですが、私の場合1日に受信するメールの量はだいたい300件±100件くらいが普通です。で、出張やら休暇やらを複数日、1週間もメールをほとんど処理しない日が連続すると、目も当てられない状況になります。そんなときの必殺のメール処理方法があります。一瞬で受信箱のメールをゼロにする方法一瞬で受信箱にたまりまくったメールをゼロにする必殺の方法はメール一覧を出した状態でCTRL+A を押す(すべてのメールが..




posted by 管理人 at 05:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック