少数精鋭、数は力?




よく「ウチは少数精鋭だから」とか言っている経営者のコメントを雑誌で見かけます。

あれ、本当でしょうか?

ちょっと調べてみると、2014年度の企業倒産は約1万件(9180件)だったそうですが、上場企業ではゼロです。
※上場か否かが会社の従業員規模を表すものではありませんが、まぁほぼ当たらずとも遠からず

別の角度で見てみると、

 東洋経済オンライン
 http://toyokeizai.net/articles/-/64182?page=2

に従業員一人あたりの利益額の大きな企業が書かれてます。
まぁ、ここにリストアップされていない大規模企業も多いので、法則とまでは言い切れませんが、下に行くほど従業員数が減ってます。

 「少数精鋭」なら、儲けも多いのでは?
 なんで、少数精鋭な企業が倒産するの?

「一騎当千」という言葉がありますが、一人で千人分の働きができる豪傑であっても、千人に取り囲まれたら、多分勝つのは後者ではないでしょうか(ちなみにルフィはひと睨みで5万人の記録が…)。

■部下を持ったら部下を増やすことを考える

結局長々と前置きしてしまいましたが、言いたいことは

 「少数精鋭」というのは、単に人を集められない言い訳

です。

もしあなたが今年の人事考課でめでたく部下を持つことができたら、あるいはすでに部下お持ちなら、

 規模を大きくすることを考えなさい

とアドバイスさせてください。

方法は問いません。

とにかく、あっちこっちで、困り事のある部門などから話を聞いてきて、「こうすれば解決できる。ウチの部門でやらせてください」と言ってきましょう。部門長には「こんなことで困っている部門があります。我々の部門の業務分掌のひとつです。仕事を増やします。人をください!」といいましょう。

先に仕事が増えるので、部下にはあまり好かれることはないかもしれませんが、仕事が増えれば部下増員の要求が出せます。

そうして、やることを増やしていくと、あなたの見られる範囲は広くなっていきます。それがさらなる昇進につながります。仕事がなければ創りだしてしまえばいいんです。

部下が増えると、部下同士で教え合うようになります。
その結果として組織力が上がります。
※自然に上がるわけではありませんが、その機会は増えることは確かですね。

私の場合は、最初部下1名でスタートしましたが、技術者を育てるためには、同質の技術を持つ同僚が最低10人は必要、と運動しました。もちろん、仕事は拾えるものなら全部拾うつもりでやりました。

結果としてこんなことを書いているわけです。つまり経験知。

ただし、人が増えればツーカーでは通じなくなったり、扱いにくい人が出てくる可能性も高くなります。
そこには覚悟が必要です。

◆このテーマのおすすめ図書



数字に強くなる虎の巻

ゼロから学べる学級経営―若い教師のためのクラスづくり入門―

仕事と無理なく両立できる毎日続く勉強法

計算力の基本



■同じテーマの記事

目標は自分だけが管理できる

目標管理目標管理を採用している組織は多い。しかし、真の自己管理を伴う目標管理を実現しているところは少ない。自己目標管理は、ス口ーガン、手法、針に終わってはならない。原則としなければならない。P.F.ドラッガー著『マネジメント』ドラッガーは各種の著作で、以下のように述べています。知的労働者は第三者が管理・監督するこ..

ドラッカー365の金言:組織の精神はトップから生まれる

本日の巨人:P.F.ドラッカー本日のお言葉:組織の精神はトップから生まれるお言葉の出典:『ドラッカー365の金言』ドラッカーの『マネジメント』から、「リーダーの真摯さ」のお言葉。この文章は、『ドラッカー365の金言』から引用しました。組織の精神はトップから生まれる。真摯さを絶対視して、はじめてマネジメントの真剣さが示される。それはまず人事に表れる。リーダーシップが発揮..

人を動かす:罰則は「前向きさ」を失わせる

いままでスティーブン・R・コヴィーの『7つの習慣』やドラッカーのいろいろな著書(主に『マネジメント』)について、「巨人たちの言葉」シリーズを書いてきましたが、今回からこれに加えて、ディール・カーネギーの『人を動かす』でも書いていきたいと思います。今回は、『人を動かす』から「第一章:盗人にも五分の理を認める」から。悪人には悪人の「理」があるクローレーが逮捕されたとき、警..

少数精鋭、数は力?

よく「ウチは少数精鋭だから」とか言っている経営者のコメントを雑誌で見かけます。あれ、本当でしょうか?ちょっと調べてみると、2014年度の企業倒産は約1万件(9180件)だったそうですが、上場企業ではゼロです。※上場か否かが会社の従業員規模を表すものではありませんが、まぁほぼ当たらずとも遠からず別の角度で見てみると、東洋経済オンラインhttp://toyokeizai.net/articles/-/64182?page=2に従業員一人あたりの利益額の大きな企業が書か..

傍観者の立場で物事を見る

傍観者というと、あまりいい意味に使われません。しかし、ドラッカーは、その立場も必要であると述べています。傍観者には役者と観客には見えないもの見える。傍観者自身には取り立てていうほどの歴史はない。舞台の上にはいるが、演じているわけではない。観客でもない。少なくとも観客は芝居の命運を左右する。傍観者は何も変えないらしかし、役者や観客とは拳っものを見る。違う見方で見る。彼は..

到達基準点を最高にする

基準は高く設定する必要がある。:基準を低くスタートすれば、やがて高くなるということは決してない。「ゆっくり」と「低い」は意味が違う。:その基準は高く、目標は野心的でなければならない。しかし達成可能でなければならない。少なくとも相応の能力のある者には達成できるものでなければならない。P.F.ドラッガー『マネジメント』..



posted by 管理人 at 04:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 組織マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック