「チーム作業」をすると人数効果が出る




あなたが何かのプロジェクトのリーダーをしているのであれば、以下の考え方が役に立つかもしれません。




★P59〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●分担作業ではなく、チーム作業をする
仕事に複数の人がかかわると、さまざまな面でロスが発生しやすくなりまづそれでも私たちがチームを組んで仕事にあたるのは、個人でできることに限界があると知っているからです。

ただし、1+1 が 2 になるという力の合わせ方では、相手がいることによりて発生するロスのほうが上回るかもしれません。ひとりひとりがうまく力をかけあわせて人数分プラスアルファのものを生み出してこそ、チームでの仕事の意味があります。

そのことは分担作業とチーム作業の違いを考えるとわかりやすいでしょう。

分担作業とチーム作業は、似ているようで違います。

分担作業では、「この作業は A さん、この作業は B さん」と仕事をカタチで分けて進行します。分け方はさまざまです。部署や係で組織的に分けたり、ここまでは営業担当の仕事、ここから先は技術担当の仕事というように職種で分けたりします。

分担した仕事のそれぞれは、形式的なまとまりの状態で存在しています。しかし、それ以上でもそれ以下でもありません。

一方、チーム作業では、「この役目は A さん、この役目は B さん」と、仕事の役割の分担を行います。役割で分担すると、それぞれが自己完結した単独のパーツでなく、お互いに有機的なつながりを持った状態で存在します。

野球にたとえてみましょう。分担作業で守備についているチームは、 ライトとセンターの中間付近にボールが飛んできたとき、お互いがこう言います。

 「このボールは、センターか、ライトか」「センターなら俺の仕事だが、ライトならお前の担当だ」

こうした議論が起きるのは、エリアというカタチで仕事を分担しているからです。

こうなると、1+1 が 2 になるどころか、むしろマイナスといえます。

一方、役割で分担しているチームにとって、守備範囲は便宜上の分担に過ぎません。センターの選手にとってもライトの選手にとっても、必要なのは「ボールを捕る」というコトです。 「アウトカウントを増やす」という役割は共通であり、どのエリアに落ちるのかは重要な問題ではない。

お互いの役割をわかっていれば、境界線上に落ちたボールにも臨機応変に対応して、近いほうが落下地点に向かい、もう一人はカバーに回るという連係ブレイで、チームの目的を達成しようとするでしょう。
 :
 :
 :
では、高さ一メートルのところにある果物を、どうすれば手にできるのか。

答えは簡単です。何人かが集まって肩車をしたり、組体操の要領でピラミッドを組めばいいのです。

一人一人の背は低くても、同じ目的に向かりて有機的に協力しあえば、背の尚い人が一人一人単独でジャンプするより、ずっと尚みに到達できます。これこそがチームプレイの醍醐味といえます。

たとえば騎馬戦も同じです。全貝が騎士役をやりたがると騎馬が成り立ちません。騎士役と馬役がそれぞれ同じ目的に向かって協力し合うからこそ、勝利に近づけます。

仕事において必要なのは、分担作業ではなくチーム作業です。形式的まとまりの状態から、有機的つながりの状態へ。それによってはじめて、個々の力の寄せ集め以上のことを成し得るのです。

横田尚哉(著) 『ビジネススキル・イノベーション
――――――――――――――――――――――――――――★


よく、プロジェクトマネジメントの本では、タスクをブレイクダウンし、そのタスクに担当者を振りなさい、と書かれていますが、実際にやってみると、タスクとタスクの間の仕事というものがどうしてももれます。理屈上はできても、100%仕事をリストアップすることなどありえないからです。

どうするかというと、私は TSP の考え方を導入しています。
ご存じない方も大かも知れませんが、

 『TSPガイドブック・リーダー篇』

という本が詳しいです。
ちょっと高いですが、ご一読くださるとわかりやすいかも。

もちろん、タスクブレイクダウンもしていますが、それと TSP のマネージャーシステムを組み合わせて使ってます。









■参考図書 『ビジネススキル・イノベーション





立ち読みできます立ち読み可

Unlimitedゼロ円Unlimited無料
本質をつかみ、状況に応じてスキルをアレンジする。未来をひらくビジョンとともに、さあ、変革の灯をともそう。殻を破ることができるすべてのプロフェッショナル、次世代リーダーに捧げる究極のビジネスバイブル。





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

ビジネススキル・イノベーション
著者 :横田尚哉

ビジネススキル・イノベーション
検索 :最安値検索

ビジネススキル・イノベーション
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 コピーを頼まれたら成長するチャンス
 模倣と創造のバランスを取る
 ボトルネックは、決済済の箱
 手帳はいつまでも同じではない
 会議を少なくする方法
 コピーを頼まれたら成長するチャンス
 リスクの時間
 チームに必要な2つのスキルを育てる
 チームと個人の関わりを5つに分ける
 会して議せず、議して決せず、決して行わず、行ってその責を取らず

●このテーマの関連図書


ワンランク上の問題解決の技術《実践編》視点を変える「ファンクショナル…

問題解決のためのファンクショナル・アプローチ入門

読書は「アウトプット」が99%:その1冊にもっと「付加価値」をつける読…

TQ―心の安らぎを発見する時間管理の探究

3週間続ければ一生が変わる〈ポケット版〉

TQ-心の安らぎを得る究極のタイムマネジメント(SB文庫)






■参考図書 『TSPガイドブック:コーチング編




最強のチーム作りに欠かせないコーチングの必須本!本書の手法を通じて実践的かつ効果的なコーチングが身に付くソフトウェア品質の第一人者ワッツ・S・ハンフリーが考案した不朽の書。





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

TSPガイドブック:コーチング編
著者 :ワッツ・S・ハンフリー
楽天では見つかりませんでした
TSPガイドブック:コーチング編
検索 :商品検索する



●このテーマの関連図書


TSPiガイドブック(ITArchitects’Archiveソフトウェア開発の課題10)





■同じテーマの記事

発言は文章で書いてからそれを読み上げるように

1年に一度くらい、スマホを録音モードにしたまま過ごしてみると、けっこういろいろな発見があります。私の一番の発見は「文章になってなくて、何を言っているのか分からない」ってこと…あとで聞き直してみると、よくこれで仕事が進んでるな、と感心します。意味不明な発言の理由私は、池上彰氏の解説が非常にわかりやすいと思ってます。時々ふと横目で見る TV 番組などもそうですが、著作もシロートが読んで、「そういうことか」みたいな気付..

PowerPointやExcelに一瞬で図形を挿入する方法

仕事で報告書を作ったりするときに PowerPoint や Excel がどうしても必要になるのですが、これがちょっとした作業をするにもマウスが必要になります。特に PowerPoint。文字を書くにもいちいちオートシェイプの挿入をしないといけないし、ちょっと色を変えるにもマウスで、「図形の色」とか選択しないといけない。で、あまりにも面倒なので、ワンキーでこれをやれるようにしてみました。AutoHotKey使うのは、いつものように AutoHotKey。..

使いたいアプリを一瞬で立ち上げる方法

「 PC のアプリを立ち上げる」こんなところに効率の良い悪いがでたりします。会議などをしていて、プロジェクタに PC を表示している人がアプリを立ち上げるのを見ると、結構多くの人がスタートメニューをクリックするすべてのプログラムをクリックするマウスを行ったり来たりさせながら目的のアプリを選ぶってやっている人が多い。ところが、マウスって細かい動きが苦手なのなので、ちょっとクリックする場所を間違えて一覧表で上のアプリをクリックしてしまったり、下のアプリをクリックして..

エクスプローラファイル一覧を一発でソートする方法

Windows を使っていると避けて通れないのがエクスプローラ。もちろん、ファイラーを導入することで操作性を改善することは可能ですが、フォルダのショートカットをクリックしたときなど、エクスプローラの画面を見ずに済むようにするのは至難です。そうなるとどうしても気になるのがエクスプローラの使い勝手。過去記事でも何度かエクスプローラの改善方法をご紹介しましたが、本日はワンアクションでファイルの一覧をソートする方法についてご紹介します。ソートのキーボード操作エ..

「なにしに来たんだっけ?」の原因と対策

「を取りに行こう」と席を立ったものの、歩いているうちになにをしに来たのか忘れてしまって、「はて?」と立ち止まる……なんてことがちょくちょくあります。まあ、「鶏頭」(=3歩歩けば物事忘れる)は仕方ないとして、もうすこしなんとかしないとムダが多くなります。物忘れの正体正体っていうほどのことはありませんが、人間の脳は・ワーキングメモリ・短期記憶・長期記憶から成り立っているそうです。物忘れはワーキングメモリにあった情報が短期記憶に行かないまま、次のデー..

時間を無駄に浪費している習慣を塗り替える

「この悪い習慣をやめたい」と思ってもやめられません。それは意志の力がないからではなく、上書きすべき良い習慣がないだけかもしれません。以前の記事「しない」はできないでも書きましたが、人間は基本的に否定文を理解できるようにはできてないみたいです。たとえば、「コップの水をこぼさないように」といわれるとこぼす確率があがるのだそうな。悪い習慣を上書きする「悪い習慣」というのは大抵の人が意識しています。ただ、それを「やめよう」とおも..




posted by 管理人 at 16:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 組織マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック