「いつでも相談にのる」は相談にのる気がない






■何時でも相談に乗る


たとえば、あなたとあなたの上司(あるいは、あなたとあなたの部下)で「いつでも相談にのるから」という会話をしたことはありませんでしょうか?

あれ、実際に相談にのってもらった(あるいは相談にのってあげた)ことがあります?

ちょっとこんな会話事例を用意してみました。

上司: 「×××の対応の件、今どうなってるの?」
部下: 「あの……。いろいろとバタバタしていて、すみません」
上司: 「いや、進捗を教えてよ。どこまでやったの?」
部下: 「えっと……。まだ、ちょっと手つかずのままです…。すみません」
上司: 「すみませんって……。これって3カ月前に君がやるって決めたことだね?」
部下: 「本当に申し訳ありません」
上司: 「それで、どうするの?」
部下: 「はい。他業務をもう少し効率化してやっていきます。また相談にのってください」
上司: 「わかった。君が大変だっていうのは分かっているから。いつでも相談に乗るから、とにかくコミュニケーションを密にしてやっていこう」

「ちゃんと相談に来いよ」「はい、相談させてください」という会話で、経験的には効果があった試しがありません。




■部下の一言に安心する上司の本音


上司としては部下に対して、「いつでも相談に来い」と言えば、それで上司としての責任を果たしているように感じます。

「オレは部下に対して、いついかなる時でも聞く姿勢を持っている」という気がするからです。実際に部下の困り事を聞いたわけではありません。

部下は部下で、「仕事が進んでない」という非常に漠然としたテーマなので、何かの対策が出るということもありません。出たとしても「このプロジェクトから自分を外してください」みたいなとんでもない案くらいしか思いつきません。

結果、次の進捗でも「どうなんだ」「進んでません」「相談に来いといっただろうが」という会話をすることになります。

これは責任という観点では上司が悪いです。
少なくとも上司は、なにかネタを持ってこない限り、「お前はどうしたらいいと思うんだ」くらいしか返す方法がありません。

もし、あなたが「相談に来い」と言われたら、試しに「相談に来ました」と言って上司の前に黙って座ってみてください。
上司が「××したらどうだ」なんて言ってくれることは絶対にありません(これが言える上司のかたが見えたら申し訳ありません。私の見識不足です)。

だからといって、「××のプロジェクトから外してください」とか「私だけ残業制限を解除してください」といっても「ダメだ」と言われて話は終わりです。

「いつでも相談に乗る」と上司から言われて、「また相談に乗ってください」と答える部下がいる。部下にそう答えられて安心するのか、「いつでも待ってる」と上司が応じるのだが、2人とも完全に「思考停止状態」。上司も部下も何かしたような気になっているだけ。

上司も部下もはただその場のを乗り切ることができればいいだけ。
真剣に、何とかしようと考えているなら、今、具体的な行動を検討するはずですね。

■具体化しない限り答えは出ない


重要なことは、期待された結果を出すことですよね。結果を出すためには具体的な行動を検討しなければいけませんね。

 ・この3ヶ月どの様なプロジェクトにどの程度時間を使っていたのか?
 ・今の課題より優先順位の被くいものは何か
 ・今あるタスクで予定を変えられるものはなにか

こんな質問をしない限り、結果につながることはありません。

■悪化すると組織を歪ませる


ここからは上司視点のお話ですが、こういうことが積み重なると、上司は、その部下の「意欲」や「モチベーション」に疑いを持ち始めます。

 相談に来いといっていたのに、相談にも来ない。
 仕事をやり遂げようとする意欲が足らないのではないか?

とまぁ完全に勘違いなのですが。

でそれが高じると、マネージャ会議などで、「最近、仕事を成し遂げようという意欲が少ない奴がいる」みたいな話になって、みんなで「そうそう!」という事になり、「意欲アップのためのセミナーを受けさせてみましょう」とか「コーチングの勉強会をしましょう」とかいう展開になってきます。
もうこの辺に来ると、「仕事をしないのは部下の意識の問題」にすり替わってしまっているので、他人ごとならなんでも言えます。行っちゃえ状態。

いつのまにか組織の目標が、結果を出すことではなくて、「意欲を出せる仕事」みたいな訳の分からないものになります。

■同じテーマの記事

記憶術:同じような問題を繰り返し考える

囲碁や将棋は1局でだいたい 200 手を相互に打ちます。プロ棋士は、これをほぼ全部記憶しているそうです。ある局面を見せられると、その前後に打った手を再現することなど簡単なのだそうな。rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="0ec76aea.6cafa22e.0ec76aeb.9a735fec";rakuten_items="ranking";rakuten_genreId=0;rakuten_size="468x60";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="off";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";ところが、ど素人が打った棋譜は全く覚えられないらしいです。ここに記憶術のヒントがあります。パターンを見極めて覚える記憶術プロ棋士は、ある局面を見たときに、次にどのようなパターンが考えられるかを膨大に覚えています。そのパターンがわかっていれば..

議事録は読み返すから意味がある

会社で会議をすると、会議ごとに議事録を作ってますよね。あれ活用されているのでしょうかね?エビデンスと周知のための議事録議事録には2つ目的があって、ひとつはエビデンス。つまり、だれが何を言ったのかの証拠です。あとで「言った、言わない」のトラブルになったり、決定事項の背景を会議に参加していない人にも通知する役目です。この目的であれば、会議に参加した人は議事録を見る必要はありません。その場にいたのでより詳しく知っているはずですから。逆に会議に参加していない人で何らかの影響..

議事録は読み返すから意味がある

会社で会議をすると、会議ごとに議事録を作ってますよね。あれ活用されているのでしょうかね?エビデンスと周知のための議事録議事録には2つ目的があって、ひとつはエビデンス。つまり、だれが何を言ったのかの証拠です。あとで「言った、言わない」のトラブルになったり、決定事項の背景を会議に参加していない人にも通知する役目です。この目的であれば、会議に参加した人は議事録を見る必要はありません。その場にいたのでより詳しく知っているはずですから。逆に会議に参加していない人で何らかの影響..

つっこみを入れると論理強度がわかる

話をしていて「コイツ、論理破綻してるな〜」と感じることがよくあります。ところが、それがすぐにわからないものもあるし、それが見抜けていない人もいます。人それぞれ。こういうことに気がつけるようになるには、どうすればいいのでしょうか?rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="0ec76aea.6cafa22e.0ec76aeb.9a735fec";rakuten_items="ranking";rakuten_genreId=0;rakuten_size="468x60";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="off";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";洞察力を鍛えるとか、論理図解が出来るようになるとか、いろいろ方法はあるのですが(過去記事でも幾つか紹介してます)、テレビでもよく見かける方法があります。漫才です。ボケとツッコミ漫才は、片方が論理..

日記を書く理由、日誌を書いたほうがいい理由

私はほぼ毎日、日誌をつけてます。日記ではなく日誌。ここには結構こだわりがあったりします。辞書で調べてみると、「日記」の項には「毎日の出来事や感想などを書いた記録。日誌。と書かれていて、日誌と日記はほぼ同じようなものみたいなのですが、たとえば、「航海日誌」は「航海日記」とはいいませんよね。違いは、事実を書くか、感想(印象)を書くかの違いではないかと考えてます。確かに、私は日誌に「あのヤロー、気に入らね〜」みたいに感想(?)を書くことも少なくありませんが、基本的には、あ..

ドラッカー:リーダーシップ力診断

本日は、『まんがと図解でわかるドラッカー リーダーシップ論』から、ドラッカー流リーダー力診断をご紹介します。以下のリストにある項目に、そう思うなら「はい」、そうでないと思うなら「いいえ」で答え、「はい」の数を数えてみてください。・リーダーは、自分の得意分野に優秀な人材を集めることで組織に「強み」を作るべきである・リーダーは意思決定を下したら、あとは全て現場に任せること。役割分担が大事..

時間を測定する

過去記事でも紹介してますが、ドラッカーや様々な時間術の紹介でかならず必須と言われるのが、自分の時間の使い方を記録することです。ところが、これをやってみると、つけ忘れたり、適当に記入したりして、本当に精度は上がりません。昨日、レポートを書くのに、何時間かかったかなんて正確に覚えてはいませんし、見積もりに合わせたいという意志も働くので、多すぎるか少なくすぎるかのどちらかです。割り込みがはいって一時中断しようものなら、もはや記録した時..

考えるときにはペンを持つ

私は、「考える」という作業をするときには、ノートを広げて3色ボールペンで何かを書きつけることが多いです。もちろん、手が止まっていることはよくありますが、ボールペンを離すのは、考えることをやめた時。天井に相談してました特許の出願件数が社内でトップを取ったことがあって、その表彰のときに、「君は特許を考えるときはどんなことをしているね?」と聞かれたことがあります。そのときには、「天井と相談してます」と答えた記憶があります。その頃は、ひとりで何か考えるときは、体は全く使っ..

しぐさで会話をコントロールする方法

だれかと話しているときに無意識にやった仕草が実は特定の意味を持って相手に伝わっている事があります。「ノンバーバルコミュニケーション」というのですが、これをうまく使うとこちらの都合を相手に気づかせることが出来ます。時計をちらちら見るよくあるパターンが、「時計をちらちら見る」っていうやつ。何か時間を気にしていて、「はやく話を切り上げろ」というメッセージが伝わりますよね。同じような仕草にはこんなものがあるそうです。..

面接のベストアンサー

私が過去に採用面接や昇級・昇格面接で経験した「これは!」という問答をちょっと紹介します。質問:あなたの職歴・経験について教えてください普通の答え年に××社に入社しまして、部に配属されました。その後、年に部に移籍になりを担当しました。⇒勝手な感想そんなこと履歴書に書いてあるじゃん…グッドアンサーこれまでの職務経験でお伝えしたいことは3つあります(指を折りながら)。一つ目が、年に××社の部で経験したことですが、についてをし..



posted by 管理人 at 08:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 組織マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック