中途採用:面接書類は応募先が決まる前から書いておく




私は転職コンサルタントではないので、実際の所、コンサルタントがどの様な指導をしているのかはわかりませんが、面接応募書類をみて、「よく練られたぶんしょうだなあ」と思う時と「なんだか定型文に当てはめただけか?」と思えるときがあります。




もしかしたら、その感想はこういうところから生まれるのかもしれません。

★P30〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●転職の応募活動はスピード勝負
中途採用が新卒者の定期採用と違う点は多くありますが、そのひとつが採用ニーズの突発性です。

いつ・どこに・どんな採用ニーズが発生するかは、まったく不明。しかも一旦、求人広告が出れば、応募活動は(スピード勝負)ともいえる状況になりがち。

よく、「求人広告に応募の締め切り日が書いていない」と、のんびり構える人がいますが、これは逆。

締め切り日が記載されていれば、その日までは受け付けてもらえますが、期限がなければ「応募数が一定に達したら受付終了」です。

応募のピークは、求人広告が掲載された日から 2 - 3 日間というのが一般的。人気職種や有名企業、また高給与などで目をひく求人であれば、応募が殺到して採用担当者が処理しきれないと、即日で応募締め切りとなる例もあります。

締め切りを過ぎて届く書類は試験に遅刻した受験生のようなもの。その扱いはケースバイケースですが、公平性のうえから「選考対象外」とする企業が少なくありません。求人広告で「ここだ!」と思う応募先を見つけてから、おもむろに書類の準備にとりかかるようでは、とても選考を勝ち抜けないでしょう。

小島美津子(著) 『採用側の本音を知れば転職の書類選考は9割突破する
――――――――――――――――――――――――――――★


私の会社では、中途採用は、合格者が出た時点で募集を終了します。
つまり、早い者勝ち。

そうなると、やっぱりすぐに応募しないといけないわけなのでしょうけど、その時に自分のプロフィールなどを考えていては、本書の通り「手遅れ」でしょうね。もし間に合うとしても、しっかり考えられたものではなく、やっつけ的な内容になるか、やたら一般的・抽象的なことしか書いてないかどちららかになって、私のような面接官からすれば、「なんかインパクトがない」という応募書類になりがちなのでしょうね。

仕事でも同じで、事前に下準備がしてある人というのは、仕事も早いし、デキもいいものがおおいです。
仕事をやることが明確になって、上司から「やれ!」と言われて始めて、どうするかを考える人というのは、「すに動け!」というプレッシャーに負けて、やりかけては失敗し、方向転換をして、またトラブってということで、あまり効果的な活動ができない場合が少なくありません。

おそらく転職というその人にとって生涯の一大イベントで準備不足なひとは、実際の仕事をする上でも準備不足で突撃しがちなのかもしれません。

本書では、こうするのがいいと紹介しています。




★P30〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●状況に流されて活動を進めるのは危険
スムーズな転職のためには、ちょっと立ち止まって転職活動の全体の流れを理解すること。そのうえで自分なりの計画を立てて、効率的に動くことが大切です。

また求職活動に時間を割きにくい在職者の場合も、履歴書用紙選びや写真の撮影など細かな点を含め、余裕を持って応募の準備をしておくことが欠かせません。

次ページの転職の流れを参考に、自分なりの段取りを組んでください。
※次のページに転職までの流れとそのときに考慮すべきが書いてありますが、これは本で確認して下さい。

おすすめしたいのは、転職のプランニング段階で履歴書・職務経歴書の準備をスタートすることです。

手を動かして応募書類を作成することは、第 1 章で述べた職歴と経験内容の整理や自己分析、将来目標を描くうえでも役立ちます。下書きができていれば、ねらうべき会社を見きわめた段階で、素早く応募できます。いつでも応募できる万全の態勢を整えて自分に合う求人企業の登場を待ち構えるのです。

小島美津子(著) 『採用側の本音を知れば転職の書類選考は9割突破する
――――――――――――――――――――――――――――★


段取り八分、仕事二分ですよ。




■参考図書 『採用側の本音を知れば転職の書類選考は9割突破する





立ち読みできます立ち読み可
すべての面接質問は、選考上の意図があって聞かれています。

「そんなこと聞いてどうするの?」と思う質問や、
一見すると雑談の延長のような質問にも、実は応募者のことを
確認するための深い意味がこめられているのです。

ですから、質問への応答では、面接担当者が自分の
何を気にしているのか、何を確認しようとしているのかという
意図とねらいを察することが重要になります。

そこがわかると、採用されるための「正しい答え」を見つけやすいからです。
本書では、転職面接における基本情報を一通りカバーしたうえで、
面接で聞かれるさまざまな質問を提示し、その質問で

「採用側が本当に知りたいこと(=本音)」は何かをていねいに

解説しています。

採用側の意図とねらいがわかれば、モデルトークに頼らずに、
効果的な自己PRを行うことが可能。ぜひ、本書を活用して
内定をつかんでください!





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

採用側の本音を知れば転職の書類選考は9割突破する
著者 :小島美津子

採用側の本音を知れば転職の書類選考は9割突破する
検索 :最安値検索

採用側の本音を知れば転職の書類選考は9割突破する
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 転職応募書類の書き方のヒント:減点対象に気をつける1
 転職応募書類の書き方のヒント:減点対象に気をつける2
 中途採用書類:目立つ応募者になる
 読みづらい自己申告書は読まれない
 昇進面接:申告書の書式を変更してはいけない
 中途採用の問い合わせメールの最低限のマナー
 募集要項に完璧に目を通す
 面接応募書類のポイント:真剣さが伝わりますか?
 転職も「選択と集中」
 中途採用:面接書類は応募先が決まる前から書いておく

●このテーマの関連図書


採用側の本音を知れば転職の書類選考は9割突破する

"src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51TdJpUnqIL._AC_UL320_SR228

転職者のための面接トーク術

転職・再就職のための「自己PR文」の書き方

転職面接必勝法

転職面接突破法―10万人が受講した究極メソッド





■関連する記事

面接質問:その課題に対してどのような計画を立てましたか?

面接の質問で、あなたは課題に対してどの様な計画を立てましたか?という設問があります。ウチの会社では昇進の時の申告書にこれを書く欄があります。これに課題:システムの構築10/12 マネジメントレビュー11/13 プロジェクトキックオフ12/03 第1次報告会::04/07 カットオーバーと書いてきたツワモノがいます。私は唖然として、どうコメントするべきかしばらく悩んでしまいました…。計画とは課題に対する工夫とマネジメント別記事..

「自分も賛成です」で終わらせない

「この人、できる」と思わせるコツのひとつに、「知識があると思わせる」「鋭い指摘をする」という方法があります。これに使う知識や見識は別記事で時々書いているように、読書や上司の視点で考えるなどのトレーニングで身についていきますが、どんなにトレーニングをしようとそれを使わなければあるかどうかはわからないんですね。使わなければ、「無能だ」と思われてしまいます。社会人になると、学生時代の実力試験のような評価するための確認がなくなるので、「知識がある」とか「知識がない..

行頭記号を一気に挿入する

メールに引用記号を付けながら、返信することがありますよね。たとえば、あれこれこれそれそれあれみたいな文章を引用すると、> あれこれ> これそれ> それあれってやるやつです。これって普段どうやって挿入してますか?まあ、1行や2行なら、引用元からコピペして、あとで、 ">" を手で追加しても、まあ大したことはありませんが、20行もやると嫌になります。プログラムを書いているときにも、複数行をまとめてコメントアウトしたり。エディタならたいて..

転職面接の第1印象

最近、転職面接を多くするようになりました。私は人事担当者ではないので、書類審査とかはしないのですが、2次面接か3次面接の時に面接官のひとりとして参加しています。この数年ほど、被面接者(応募してきた人)の受け答えがすごくうまくなったということを実感として感じます。面接のテクニックなどをまとめた本やそういったことをセミナーでやっているからでしょうか。まあ、私にとっては、能力が高くて人間的にも優れた方が仲間になってくれるのであればそれに越したことはありませんので、張り切って..

面接技術:コスト意識

「あなたが前職で担当していたプロジェクトのコスト効果を教えて下さい」中途採用の面接官として面接をした時に、よくする質問のひとつです。同じことは期首目標面談などでも聞くことはあります。文言は違いますが。部下:××を来年をやりたいと思います私:それのコスト効果ってどうなの?部下:………仕事に前向きなのは評価しますが、大学の研究じゃぁないんだから考えようよ…。コスト効果を計算するその人の仕事をするスタンスとして、営利企業に務める以上、絶対に必要なのがやるこ..

面接質問:STARで聞く

本日は、私が中途採用や昇進面接などで使うアンチョコを公開します。過去の記事で、質問とその答えをセットにして少しづつ触れてきたのですが、本日は質問だけに絞って、ご紹介します。もし面接を控えている人は、この質問に対してどのように答えるのかを考えてみてください。私の考える「良い答え」と言うのは、過去の記事でも触れましたし、今後もちょっとづつ触れていこうと思います。本日はその総集編(終わってませんが…)ということで。STARフレームワークこの名称は人事担当者から..



■同じテーマの記事

タスクの多重管理

仕事は多次元あなたは仕事の管理をどうやってやっているでしょうか?GTD(Getting Things Done)などの「仕事」や「やるべきこと」の管理ルールはあるものの、実際にタスクを作ってみると「管理するのはは難しい」と感じてました。ちょっと用語が難しいので、以下、GTDの規則に従って複数の活動をまとめたもの=プロジェクト1回の作業で終わるもの=タスクと呼ぶことにします。例えば、新規事業を起こすというプロジェクトがあったとします。こ..




posted by 管理人 at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 交渉・会議・面接 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック