自分でしか成長できない




■学びは自発的にされないとできない

ドラッカーは著書『断絶の時代』の中で以下のように書いています。

★P〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

学ぶことの動機づけは、学ぶこと自体にしかあり得ない。

学ぶプロセスのステップ毎に、学ぶことの満足を得られるようにしておく必要がある。学ぶことができるのは、学ぶ者自身である。
教師ではない。教師にできることは、学ぶことの助けとなるか、障害となるかだけである。

ピアノ教師と言えども、どの生徒がプロになれるかは分からない。しかし、どの生徒が一応の水準にさえなかなか達することができないかは即座に分かる。そのような生徒は、つきっきりで見てやらなければならない。
つまり学ぶことを見てやらなければならない。しかし、学ぶことについて、常に誰かの助けを必要とするようであっては、終生学び続けることはできない。抵抗と疲労がもたらされるだけである。

学ぶことについては、情報、確認、動機づけのすべてを、学ぶことのプロセスそのものの中に組み込んでおく必要がある。

P.F.ドラッカー(著) 『断絶の時代
――――――――――――――――――――――――――――★


つまり、

 馬を水場に連れて行くことはできても、水を飲ませることはできない

ということわざ(間違ってたらすみません)のとおり、勉強することを強制することはできますが、それを身につけることは本人の意志がない限り不可能であるということですね。

そして、「学ぶこと」自体が継続である必要性があるために、学ぶことを継続できる動機付けが必要になります。

部下や後輩ができると「教えてやろう」と上から目線で考えてしまうことがありますが、相手に「教わろう」「自分でできるようになろう」という積極的な意思がない限り、それは一方的な押し付けにしかならず、相手(部下や後輩)が成長することもありません。

ドラッカーの言うとおり、上司や先輩は教師であって、

 学ぶことの助けになるか障害になるか

のいずれかにしかならず、学ばせることはできないというわけですね。

ときどき、仕事関連の悩みで「後輩が育ってくれない」という相談を受けることがあります。
「育ってほしい」と思っているのは先輩であって、後輩が「成長したい」と思わなければ、その目標が達成できることはありません。

つまり、「技術を教えよう」としても、後輩が「技術を学ぼう」と思っていなければ無駄です。
先輩としてまずやるべきは、「動機付け」をしてあげることですね。

■(おまけ)学びのプロセス

学びを導く方法については、ドラッカーは以下のようにまとめています。

 1.強み、得意、長所を見つける
 2.それらを伸ばすための目標を設定する
 3.その制約条件や弱みに関心を向ける
 4.方向付けと確認のためのフィードバックを行う

上記の、「後輩を育てたい先輩」の例で言えば、先輩の強みと後輩の強みが同じであることはありません。
つまり、先輩がうまく行っている技術は後輩には適用できない場合もあるという認識が必要ですね。




■参考図書 『断絶の時代

今からちょうど30年前、ピーター・ドラッカー教授は、社会と文明において根源的な変化、すなわち断絶が起こりつつあることを指摘した。それまでの継続の時代を断ち切り、20世紀の後半を形づくる可能性が大きい新しい現実が生まれつつあることを明らかにした。その断絶が、いよいよクライマックスを迎える。

今日われわれが呆然とさせられている政治・経済・社会の大変動の意味合いも、本書を一読することによって、判然としてくる。むしろ今日のほうが、断絶の意味合いがよくわかる。なにごとも、ことの渦中にあっては見えにくい。今日のような毎日が閉塞下の乱気流状態にあるときほど、ことの始まりとその本質を知ることが大切なときはない。




◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

断絶の時代
著者 :P.F.ドラッカー

断絶の時代
検索 :最安値検索

断絶の時代
検索 :商品検索する



●関連 Web
 Drucker/断絶の時代?いま起こっていることの本質 - ドラッカー
 断絶の時代:キーワード|ダイヤモンド・オンライン
 断絶の時代 | ビジュアルシンキングh

●本書を引用した記事
 意思決定をする
 すぐにやる(ドラッガー 経営者の条件)
 ドラッカー:人は、自らがもつものでしか仕事はできない
 勉強好きはどのように昇進・昇格に影響する
 意思決定をする
 自分を律すること
 継続的学習の方法を身につける
 自分でしか成長できない
 断絶の時代
 働く動機を満たす行動をする
 意思決定回避のリスク
 到達点は目標で決まる

●このテーマの関連図書


ドラッカー名著集8ポスト資本主義社会

ドラッカー名著集12傍観者の時代(ドラッカー名著集12)

ドラッカー名著集9「経済人」の終わり

創造する経営者(ドラッカー名著集6)

ドラッカー名著集10産業人の未来(ドラッカー名著集―ドラッカー・エターナル・コレクション)

ドラッカー名著集11企業とは何か





■同じテーマの記事

わがままにスケジューリングする

もし調べられるのであれば、直近数ヶ月にした打ち合わせについてどこで打ち合わせをしたかを調べてみませんか?これが相手のオフィスや長距離の移動を伴うような場所であれば、あなたの時間効率の改善のねたになります。移動は価値を生まない製造の仕事でよく言われますが、移動することは価値を生まないです。製品を作るときに、何かを組み付けたりインストールしたりする作業は、その製品の付加価値を上げる方法のひとつなのですが、組付けをするために、部品の..

聞いてナンボ、パクってナンボ

わりと若い人に多いみたいですが、私が自力解決病と名づけている病気があります。単純に言えば、自分でなんとかしようとして、やり方がわからないとか、どこから手を付けていいかわからずに、ぐるぐる頭のなかで考えてる状態がとっても長い人。私なら、自分の経験や辞書のなかにないことがらなら、つまりやり方が分からなければ、数秒〜数分で諦めちゃいます。※それ以上集中して考えられないからかも知れない…その後は、考えるのをやめて行動を起こします。・..

休憩を取る

人間は一定時間(約90分らしい)以上集中力を維持できないそうです。なので、適切に休憩を入れることで、効率のいい作業ができるようになります。あなたは仕事をする上でメリハリを意識していますか?ダラダラ病の人は特に気をつけなければいけませんが、人の集中力には限界があります。どんなにがんばっても一日通して集中力を保っことはできませんから、メリハリのつけ方が大事なのです。集中して仕事を片づけ..

プチ座禅をしてみる

「プチ座禅」ってGoogleで検索すると、結構ヒットしますね。座禅の効果ここ1年位、瞑想に興味があって、いろいろ調べたり、実際にトライしたりしているうちに、「こういうのもあるんだ」というのに気が付きました。別に旅行会社の回し者ではありませんが、いろんなお寺で開催しているようです。座禅の効果についてはこんなことが言われています。・安らぎが得られる、リラックスできる・集中力を鍛えられる ・ストレスが解消できる ちょっと物の本..

模倣と創造のバランスを取る

最近とみに AI やら ディープラーニング やらが話題になりますね。多くの人が知っているゲームでもっとも難易度の高い囲碁でコンピュータが人間に勝った、というのが結構センセーショナルだったような気がしますが、それにもまして、クラウドが発達して巨大なデータを集めて、それを統計的に解析できるようになったことがおおきいような気がします。模倣と創造ということで、こういうことがよく言われるようになりました。..

目的に立ち返る

なにかのプロジェクトをしていて、なかなか解決できない問題にぶつかったりしますよね。いろんなやり方を検討したり、実際にやってみたりしたけど、どうも上手くいかない。そんな時に、私はよく「で、結局?」という質問を自分にしたりメンバーと話したりします。これが突破口になることがよくあります。目的は何?「で、結局?」とか「要するに?」とかいう質問は、そのプロジェクトの原点に立ち返る事ができる効果があります。..

中途採用書類:目立つ応募者になる

応募書類ってみんなおなじに見える応募者はとかくドングリの背比べになりがち転職を希望する方々に、もうひとつ留意してほしいことがあります。それは求人広告で集まる応募者には「そっくりさん」が多いこと。採用選考は、とかくドングリの背比べ状態になりがちです。とくに転職サイトの求人広告の場合は、応募条件が詳細に記されているケースが目立つだけに、そ..

上司の情報を活用する

何かの課題を与えられた時、最近の私の場合は、とりあえずネットと書籍で情報を集めます。次に底に書いてあったキーワードで社内情報を整理するようにしています。というのは、ある程度の職位になってしまえば、上司の機能として利用できなくなるものがあるからです。その機能とは…上司のサーチエンジン機能サーチエンジン機能「自力でやれば必ずできるはず」と..

適性検査の結果を良くする

昇進昇格の時に、適正検査なるテストをやっている会社も結構あると思います。世の中には、いろいろな適正検査があるみたいで、ネットで探していたら、「リストラ検査」なるものまであるみたいで…。適正検査は適正か?しかし、実際同じ適性検査をうけても、私はいつも強みや弱みが変わります。つまり、結構その場の勢いでまるばつを付けてます。たとえば、ノリノリの時には・何か難題にぶつかるとあきらめてしまうにはバツをつけますし、..

フィードバック分析

フィードバック分析「フィードバック」といっても、誰かと反省会をすることではありません。一人だけでできる方法です。これは以下の本で紹介されていました。強みを知る方法はひとつしかない。フィードバック分析である。何かをすることに決めたならば、何を期待するかを直ちに書き留めて置かなければならない。そして9ヶ月後..

ゼロ秒思考5

今週は、『ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング』という本をご紹介しています。ゼロ秒思考とは、あるテーマについて、即座に必要なことを考えることが出来るような事ができるようなトレーニングを「メモ書き」でしよう、という本。マッキンゼーで長期間活躍した筆者が、「誰でも、確実に頭が良くなる方法がある」として開発し、広めているやり方。場所も、時間も取らない。わずか1分のメモ書きを繰り返して、・考..



posted by 管理人 at 12:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック