学習成果を出すたった2つの方法2




学習という行為をするためには、たった2つの方法しかありません。
つまり、何かを勉強したいと思うなら、2つにひとつ、あるいはこの両方をするしか方法はありませんので、勉強を始めることは意外と簡単です。

その方法とは

 1.人に教わる
 2.書物に教わる

です。




前回は、「人に教わる」ことについて、ドラッカーがどのように述べているかから、制約事項について考えました。
今回は、「書物に教わる」ことについて考えてみたいと思います。

■書物に教わる


もう一つの学びの方法が、「書物から学ぶ」という方法です。

例えば、ビジネススキルを学ぶ方法であれば、直接的に「ビジネススキル」に関する書物を読むという方法ですが、べつに「歴史書」からでも学ぶことはできますし、「伝記」でも可能です。

ようは、読んだものをどのように解釈するのかによっています。

ドラッカーは、『プロフェッショナルの条件』の中で以下のように述べています。




★P100〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●神々が見ている―フェディアスの教訓
ちょうどそのころ、まさにその完全とは何かを教えてくれる一つの物語を読んだ。

ギリシャの彫刻家フェイディアスの話だった。

紀元前 440 年ころ、彼はアテネのパンテオンの屋根に建つ彫像群を完成させた。それらは今日でも西洋最高の彫刻とされている。だが彫像の完成後、フェイディアスの請求書に対し、アテネの会計官は支払いを拒んだ。「彫像の背中は見えない。誰にも見えない部分まで彫って、請求してくるとは何ごとか」と言った。

それに対して、フェイディアスは次のように答えた。

「そんなとはない。神々が見ている」。

この話を読んだのは、ちょうど 『ファルスタッフ』を聴いたあとだった。

ここでも心を打たれた。今日にいたるも、私は到底そのような域には達していない。

むしろ、神々に気づかれたくないことをたくさんしてきた。

しかし私は、神々しか見ていなくとも、完全を求めていかなければならないということを、そのとき以来、肝に銘じている。

「あなたの本のなかで最高のものはどれか」とよく聞かれる。そのときには、次の作品ですと本気で言っている。

ヴェルディが 80 歳のときに、それまでずっと取り逃がしてきた完全を追求して、新しいオペラを書いたときの言葉通りのことを意味しているつもりである。

すでに私は、ヴェルディが『ファルスタッフ』を書いた歳を超えた。しかしちょうど今、2冊の本を構想し、実際に書き始めている。その二冊とも、これまでのどの本よりも優れたもの、重要なもの、完全に近いものにしたいと思っている。

P.F.ドラッカー(著) 『プロフェッショナルの条件
――――――――――――――――――――――――――――★


「私の生涯の作品の中で最高のものは、次の作品である」というのは、有名なお話なのでご存じの方も多いと思います。

私もこんなことを言ってみたいものだと思いますが、駄作の成果の連続で…。

■両方が必要


ドラッカーは自分の学びたいことを直接教わることについてはあまり言及しておらず、どちらかと言うと、ある出来事やある記述から、自分にあったエッセンスを取り出して、自分の糧にすることを述べています。
※私の読み方が足らず、間違っている可能性もありますが。

すなわち、前回の「人から学ぶ」でも書いたとおり、人の行動はその人のためのものであって、だれかに教えるためのものではありません(そうでない場合もありますが、究極的には自己満足の世界です)。書物も同じで、たとえ直接ビジネススキルを教えてくれる本であっても、それは著者が持っている崇高な目標のための一部にすぎないわけです。あなたのために書かれた書物ではありません。

そこから何を学ぶのか、どの様な価値を見出すのかは、読んだ人自身の問題なわけです。

ある書物を読んだとして、そこに書かれていたことから、自分にとっての価値ある情報を引き出し、それの実践を通じて、知識(ゲシュタルトと言ってもいいかも)を構築していくのは、本人にしかできないわけです。

人から学ぶ機会というのは、人間が生きている期間や環境によって非常に限定されます。
これが、書物というツールを使えば、文字を残す文化を持った時代から現代に至るまで、洋の東西を問わず可能になります。集約されたエッセンスを得やすい環境がそこにあるということですね。

そういう意味で、書物を読まない人というのは、結構損をしているような気がしてなりませんが、それもまた考え方次第かも。




■参考図書 『プロフェッショナルの条件




どうすれば一流の仕事ができるか。ドラッカーの教える知的生産性向上と自己実現の秘けつ
本書は,ドラッカーの膨大な著作の中から,我々一人ひとりがどう成果をあげ,貢献し,自己実現を図っていくかについて述べた部分を抜き出して1冊の本にまとめたものである。
本書には「はじめて読むドラッカー」という副題もついている。そのとおりこれからドラッカーを読み始めたいという読者にはうってつけの本である。本書は11の著作・論文から選りすぐった論集であるだけに,企業・社会に対するドラッカー一流の深い洞察が随所に顔を出しており,ドラッカー理論のエッセンスに触れることができる。巻末には出典著作の解説が出ているので,興味を引かれた本から読み始めることをお勧めしたい。

本書の最も優れているところは,ドラッカー自身がどう学び,どう成長してきたかを語る「私の人生を変えた七つの経験」である。現代の巨人が自ら語る成功の秘けつは,まさに「プロフェッショナルの条件」そのものといってよい
原書名は『THE ESSENTIAL DRUCKER ON INDIVIDUALS: TO PERFORM, TO CONTRIBUTE AND TO ACHIEVE』。現代マネジメント思想の巨人、ドラッカーを初めて読む人のために、これまでの著作10点、論文1点からエッセンスを抜き出し、ドラッカー自身が加筆・削除・修正した必携本である






◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

プロフェッショナルの条件
著者 :P.F.ドラッカー

プロフェッショナルの条件
検索 :最安値検索

プロフェッショナルの条件
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 少しだけの成功を積み重ねる
 人を動かす:相手の話を聞くときには手を止めなさい
 海外出張に行くときは、その国の言葉で挨拶をしなさい
 人を理解するなら修飾語に注目する
 ButはBad
 同じ土俵で勝負する
 昇進面接質問のブレークダウン
 貢献をしない
 好き嫌いで仕事をしてはいけない
 多数の雇用形態の仲間を持つときに注意するべきこと

●このテーマの関連図書


マネジメント[エッセンシャル版]-基本と原則

チェンジ・リーダーの条件―みずから変化をつくりだせ!(はじめて読むドラッ…

よくわかる販売士検定3級リテールマーケティングPart2

イノベーターの条件―社会の絆をいかに創造するか(はじめて読むドラッカ…

テクノロジストの条件(はじめて読むドラッカー(技術編))

ドラッカー名著集1経営者の条件





■関連する記事

図読(図解読書)する

本記事でも時々紹介してますが、新聞の社説を図解するというのは、理解力の向上に非常に効果があります。私は、この図解しながら文章を読む読解法を「図読」と呼んでいるのですが、分厚い経済白書や大部の論文でも、新聞の社説や数ペ1 ジ程度の論文やエッセイと同様に読みこなしてしまうことができます。それなりの労力は必要ですが、頭を抱えたまま一歩も前に進めない、といったことはまずありません。(..

貢献をしない

貢献に焦点を合わせることこそ、成果をあげる鍵である。仕事の内容、水準、影響力において、あるいは、上司、同僚、部下との関係において、さらには会議や報告など日常の業務において、成果をあける鍵である。P.F.ドラッカー(著) 『プロフェッショナルの条件』−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−P.F.ドラッカーの著書をはじめ、多くの自己啓発系のビジネス書では、こんなふうに..

決断の優先順位

ドラッカーは、決断に際して4つの優先順位というのを説いています。1.過去ではなく未来を選ぶ2.問題ではなく機会に焦点を合わせる3.横並びではなく独自性を持つ4.無難で容易なものではなく、変革をもたらすものを選ぶこの4つは見識ではなく、主体性と勇気です。「自分が行動する」こと。自分は自分のリーダーであること。それ..

書く目的を明確にする

過去の記事で、「ノートを書くこと」や「メモすること」の手法について、いくつか書いてきました。メモ術の極意ベストノート術2012メモは簡潔がいい?詳細に書く?端カットメモ高速メモの技術1高速メモの技術2高速メモの技術3図読(図解読書)する付箋紙手帳を読む習慣をつける常にテキストエディタを起動しておく日誌はテキストファイルに書くまあ、それぞれの技術は、関連書籍や Web などを参照していただくとして、なぜ、ノートやメモを書く必要があるの..

学習成果を出すたった2つの方法2

学習という行為をするためには、たった2つの方法しかありません。つまり、何かを勉強したいと思うなら、2つにひとつ、あるいはこの両方をするしか方法はありませんので、勉強を始めることは意外と簡単です。その方法とは1.人に教わる2.書物に教わるです。前回は、「人に教わる」ことについて、ドラッカーがどのように述べているかから、制約事項について考えました。今回は、「書物に教わる」ことについて考えてみたいと思います。書物に教..

人を動かす:人に嫌われる方法

過去にかなりの数紹介してます書籍『人を動かす』ですが、ちょっとおもしろい書き方がしてある部分があります。本日は、『人を動かす』から「人に嫌われる方法」をご紹介。人に嫌われる方法人にきらわれたり、かげで笑われたり、軽蔑されたりしたかったら、つぎの条項を守るにかぎる・相手の話を、決して長くは聞かない。・終始自分のことだけをしゃべる。・相手が話しているあいだに、何か意見があれ..



■同じテーマの記事

部下はストーリー分析で育成する

もしあなたが、誰かの教育指導をする必要があるなら、「この判断はダメ。なぜなら〜」「をしなさい。これをすることでが得られるから…」のように話をするよりも、若者が伸びる話し方があります。本になる成功ストーリーより隣の人の失敗談よく成功本には、その人がどのようなことをした結果どれほどすごい成功をしてそれが現在のその人の地位や成果に結びつけているかが書いてあります。私もこういう本を時々読みます。ただ、実際の仕事..




posted by 管理人 at 13:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知的生産術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック