リンゲルマン効果はByNameで回避する




本日は、リーダーになってメンバーを動かしていくために是非知っておいてほしい心理法則をご紹介します。
これは、

 「リンゲルマン効果

と呼ばれています。




★P114〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●部下が手抜きをする理由とは?
どうして手抜きをする部下が出るのでしょうか。

理由の一つは、サボりたいという気持ちと関係しています。
誰にでも、ラクをしたい、サボりたいという気持ちがありますので、手抜きができそうなときには、何とか手を抜こうとします。

手抜きをするもう一つの理由に、集団心理があります。
他人を頼ってしまう心理から手抜きが起こるのです。

フランスの心理学者リンゲルマンは、綱引きの実験によって、大勢になると人を頼ってしまう傾向を確かめました。

まず一人で綱を引かせます。このときのカを100とします。
次に、二人一組で綱を引かせると、各人が出す力は、一人で綱を引いた場合の93%にまで下がりました。
さらに実験を続け、三人で綱を引っ張ると85%に、8人で引っ張ると49%にまで下がったのです。

人数が多くなればなるほど、「誰かが頑張って綱を引いてくれるだろう」という責任分散の気持ちが生まれ、社会的な手抜き現象が起こるのです。

この現象は、実験者の名前から「リンゲルマン効果」と呼ばれています。

部下が手抜きをしている場合には、まずどちらの要因かを見極めましょう。個人的な要因なのか、それとも集団心理が働いて、手抜きが行われているのか。
その要因を慎重に見極めて部下に接する必要があります。

渋谷昌三(著) 『リーダーになる心理法則
――――――――――――――――――――――――――――★





■リンゲルマン効果による効率低下を避けるためには


リンゲルマン効果での業務効率低下を避ける方法は、

 ひとりひとりに責任を追わせる

方法しかありません。

つまり、

 ○○は△△さんの担当です
 □□は▼▼さんの担当です

と、集団に依頼しないことです。あくまでも

 BY NAMEで作業を割り振る

ことです。

うまくチームをコントロールできない人の失敗は、「担当を決めない」というパターンがあります。

 「その人の得意分野がよくわからない」
 「命令しているみたいで…」

という遠慮があるみたいですが、リーダーになって、チームの成果を最大にしたいと思うなら、

 その人が適切かどうかは別にして、とにかく業務を個人に割り振る

ことが、最大の効率を出すためのポイントです。

もし、別の人のほうが得意なら「誰が担当するのが最適ですか?」と聞けばいいです。
それで誰も何も言わなければ、自分から見て左から時計回りに指名してください。それで、「えっ!?僕ですか?」と否定的にいわれても、自信を持って「はい。○○さんお願いします」と指示することです。

集団心理による手抜きをされるよりもよっぽど効率は良くなります。

もちろん、メンバーの得手/不得手や負荷状況を斟酌して割り振ることができればそれに越したことはありませんが、少なくとも、「誰かお願いします」で終わらせておいて、あとで「誰もやってくれなかった」のはリーダーの考慮不足であって、メンバーの問題ではありません。




■参考図書 『リーダーになる心理法則




リーダーとは、部下の心情に的確かつ公正なスポットライトを当てる“照明係”です。「ほめる・諫める・激励する」といった巧みなスポットライト操作で「この人についていこう!」と思われるリーダーになれます。しかし、それを実践するには、心理法則に基づいた科学的なスキルが必要です。
本書では、「この人ならついていっても大丈夫」と判断される心理的要因を解説し、その活用法を紹介します。前半では、リーダー自身の個性を把握し、良い点は伸ばし、悪い点を是正するためのポイント、次に、部下の特性や言動を理解し、それらに適切に対応するスキル、最後に、リーダーの資質をバージョンアップするコミュニケーション・スキルを解説します。
今すぐ役立つ心理法則が満載。部下とのコミュニケーションに困ったとき、迷ったときに助かる一冊。






◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

リーダーになる心理法則
著者 :渋谷昌三

リーダーになる心理法則
検索 :最安値検索

リーダーになる心理法則
検索 :商品検索する



●関連 Web
 Googleブックス
 Never 慕われるリーダーになる為のポイント15選
 リーダー必読!メンバーの「やる気爆発」6つのボタン「CRICSSの法則」まとめ

●本書を引用した記事
 褒め方の3パターン
 失敗原因は2つに分ける
 特徴を書き出してください
 リンゲルマン効果はByNameで回避する
 リーダーになる心理法則



■同じテーマの記事

角砂糖効果

「角砂糖効果」とは、疲れたときに角砂糖を食べると元気が回復する…という効果のことではありません。「連続したものを不連続なものにすると管理がしやすくなる」という意味で使います。元ネタは『脳を活かす!必勝の時間攻略法』から。連続したものは管理がしにくい確かに考えてみれば、連続しているものは、管理がちょっと面倒です。たとえば、本書にあるような「時間」。時間は、一般レベルでは最小単位は1秒で、それがず〜っとつながって1時間、1..

最初に違いを言う

最近、ビッグデータだのビジネスインテリジェンスだの、インダストリー4.0、IoTだの IT 関係が華やかですね。私のところにもいろいろな IT 関連会社からセールスが来ます。ただ、具体的な提案を持ってくるところまでつながっていくのは、わりと少ないです。セールスの専門家がやっているので、いろいろ研究したり、練習したりしているのでしょうけど、プレゼンの良し悪しって、する方より聞くほうが相手の上手下手を見分けやすくなります。同じように..

緊張するプレゼンは最初に手を広げる

社長にプロジェクトの進捗を報告する顧客の重役に商品をプレゼンする大勢の前で発表をする結構緊張するシチュエーションですね。私の過去最大のプレゼンは、ウチの会社の社長を含む聴衆約800人の前で自分のやってきたプロジェクトの紹介をしたときでした。もう、緊張しまくりで、どうやって壇上に上がったのかすら記憶にありません。その後も、昇進すると、これほどではないにしろ人の前で話をする機会が増えます。人前で何か話たりすることがいやで技術者..

中途面接の印象を良くするコツ:面接官の名前を覚えなさい

時々、中途採用面接の面接官をしています。多分、多くの中途採用面接を受ける方は誤解されているのかもしれませんが、中途採用面接をしている面接官は、人事担当が一人、それ以外は現場の責任者です。新人の採用は人事が専任ですが、中途採用は現場が決定権を持っているのが一般的らしいです(ウチの会社ではそうです)。で、『転職面接必勝法』にそのことがズバリ、書いてありました。転職面接に臨..

「なぜなら」を口癖にする

仕事では「論理思考」が重要視されます。論理思考とは、単純に言えば論理的に物事を考えるという力なのですが、論理的に具体的に考えると言っても、何が論理的なのかというと意外と曖昧です。もちろん、それがMECEなのかとか、論理的接続関係が必要十分条件になっているのかなど見るべきポイントはありますが、ひとつ見かけ上、論理的に見られるコツがあります。「理由を言う」カチッ・サー効果という心理学上の効果をご存知でしょうか。本記事を前から読んで..

面接で短所をアピールする

およそ半世紀前、広告代理店のドイル・デイン・バーンバック社(以下、DDB社)は、アメリカの自動車市場に小型ドイツ車を売り込むという難題に直面しました。当時のアメリカ市場は大型の国産車ばかりが幅を利かせており、目標の達成は不可能に思えました。しかしそれからわずかのうちに、笑いの種にされるほどばっとしない存在だったフォルクスワーゲン・ビートルは大人気になり、ステー夕スシン..




posted by 管理人 at 05:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 組織マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック