やり直しなしで一発OKをもらう方法




上司やリーダーの判断を仰ぐために、資料を作って相談に行くと、「こんな資料じゃぁよくわからん。作りなおせ!」と言われることが過去少なくありませんでした。

で、何が足らないのかわからないので、そのことを正直に聞くと「もっと幅広く検討しろ」「他の方法もあるだろう」みたいに抽象的な指示しか返ってこなくて、困り果てる。その結果何を考えていいかわからずに時間だけ経過してしまって、上司から「あの件はどうなってるんだ。はやくしろ!」と請求される、こんな経験ありませんでしょうか。




自分が上司という立場になってみると、こう言いたくなる理由がよくわかりました。

 何が足らないのかわからないけど、何かが足らない
 部下の持ってきた方向性が、自分の}野生のカン}と異なる

このいずれかです。

そりゃぁまあ、具体的な指示もしようがないわな。




■上司はわかっているが、わかっていない


ちょうど、この本『上司を上手に使って仕事を効率化する「部下力」のみがき方』にその理由が書いてあり、「そうだよね〜」と感心してしまいました。

★P61〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

上司が判断する際の晴報提供、すなわちアシストをすることで決済が早くなることをお話ししましたが、 上司自身も何の晴報が不足しているのか、ということは案外わかっていません。

ただ、何となく不足していることは感覚でわかります。そのため、その足りない部分を考える時間をかせぐために、「やり直し」「出直 L 」を命じることはあります。明確に不足している情報を指摘できないため、「検討が甘い」とか「別の案ももう少し検討せよ」などという抽象的な言葉で濁して指示をします。

何が望まれているかがわからないため、部ドは推測したり、周りの入にアドバイスを求めながら進めていきます。そして、ある程度まとまった段階で、もう一度に相談に行くのですが、ここで成功する確率は決して高くはありません。なぜなら、求めたほう(上司)も不明確で、対応したほう(部下)も不明確な状態で突き合わせるのですから、再提出した情報や資羽が的を射ている確率が高いわけがありません。ということで、ここでも結論を得ることができず、再度迷路に人り込むことになります。この時問が、非常にもったいないわけです。
 :
 :
また上司自身も、自分が何を欲しているのかがよくわからないけれど、持ってきてもりった資料が的を射でないことはわかる。しかし、それを明確に指摘できないため、資料の精度の低さやわかりにくさということに、問題をすり替にてしまっているのです。

新名史典(著) 『上司を上手に使って仕事を効率化する「部下力」のみがき方
――――――――――――――――――――――――――――★


うん。そうそう。

最近も、あるプロジェクトを任せていたら、いろいろな技術課題があって、うまく進んでないので、「今後の対応策を検討して報告するように」と指示しました。

もってきた対応案は、プロジェクトの本来の目標に対してマイナスの要因をもたらすようなものばかり。
で、「アカン!」と突き返すのですが、「じゃぁ自分だったらどうするか」という答えがあるわけでもありません(当然ながら、その技術課題をクリアするのは相当難しいのは理解してます)。

こうして堂々巡りが始まるんだなぁ…、と考えてしまった次第です。

■設問に答えるのではなく、設問を相談する


それでベストの答えが出るわけではありませんが、今回の問題の場合、上司として部下には本書にあるような行動を期待してました。

★P63〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

やり直しのない、あるいは最低限のやり直しですむようにするにはどうすればいいのか。そのためには、精度の低い段階で、あえで上司に「ヒアリング」に行くのです。
ただし、これはあくまでも「ヒアリング」です。「判断」を求めようとすると、「こんなまとまりのない資料ではわからない。きちんと整理してもう一度持ゥてさてくれ」と言われてしまいます。
 :
そして、一緒に問題を考える姿勢になるため、何が不足しているのか、どんな情報が求められているのか、をじっくりと考える態勢ができます。
 :
すると、一緒に考えたことだし、明確な指示を出したという自覚が上司白身にもあるため、当然「判断」も早くなります。

部下からすれば、「判断」を仰ぎに行くときも、「ご意見やアドバイス」を求めに行くときも、それほど違いはないように思たるかもしれません。
しかし、この両者のニュアンスは、大きく異なります。早い段階、粗い段階で、あ凡て意見やアドバイスをもらうという形を作り、方向性を見定めてから精度の高い情報や資料を作成することで、上司白身の意見も明確になり、判断も早くなるのです。

そして、何よりもありがたいのが、部下にとっては準備や対応の時間に無駄がなくなり、やり直しがなくなるといフことです。この、「やり直しなしの一発 OK」が実現できるように、ぜひ意見やアドバイスを上手に求めるようにしてください。

新名史典(著) 『上司を上手に使って仕事を効率化する「部下力」のみがき方
――――――――――――――――――――――――――――★


つまるところ、その他のメンバーとの技術課題の検討の場に、その上司を呼んでしまって、一緒に検討をすればいいわけです。
ただし、上司としては、「あまりメンバーの検討すべき技術のところに口を出すのはよくない」と思っていたり、検討会に参加する時間がない場合もあるので、個別に相談した上で、メンバーと検討し、その結果をまた上司と相談する、というようなやり方をした方がいい場合もあります。

いずれの方法にせよ、本書のように「検討レベルで上司が入っている」ということになれば、もう上司はその経緯やら判断条件やらの必要なモノは揃っていることになるので、「最終的にこうしたいと思います」と一言言えば、「そうか、分かった」と言わざるをえない状況になっているわけです。

さらにそうなれば、上司の上司からなにか言われたとしても、上司自身が検討しているので、その場で対応してくれます。
もし上司が検討に参加していなければ、「部長から××の問題があると指摘されたので、もう一度検討しろ」とちゃぶ台返しをされることも少なくなります(なくなるとは言いませんが)。




■参考図書 『上司を上手に使って仕事を効率化する「部下力」のみがき方





立ち読みできます立ち読み可
常に「上司の考え」を予測しながら動く能力、それが「部下力」。
この「部下力」を身につけることで、上司を上手に動かすことができるようになり、あなたの仕事も効率的に回っていく!

上司は、仕事ができる部下が可愛く思えても、可愛いから仕事を任せるわけではない。また、仕事は一人で進めるものではなく、上司の決裁がないと進まないものがたくさんある。
そこで本書は、一所懸命に実務をこなしていても、なかなか上司に認められない、仕事を任せてもらえない、または、仕事がスムーズに進められないという部下が身につけたい「部下力」を丁寧に解説!






◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

上司を上手に使って仕事を効率化する「部下力」のみがき方
著者 :新名史典

上司を上手に使って仕事を効率化する「部下力」のみがき方
検索 :最安値検索

上司を上手に使って仕事を効率化する「部下力」のみがき方
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 上司にお願いする作業は分解してから渡す
 マインドマップソフトでループ図を作成する方法
 上司にもアポイントメントを取る
 上司のモチベーションを上げると仕事がしやすくなる
 分割報告法:報連相の頻度を上げる
 新しいシステムには一番協力してほしい人の名前を入れる
 人を動かす:相手の話を聞くときには手を止めなさい
 上司が部下の相談に乗ってくれないのはなぜ?
 海外出張に行くときは、その国の言葉で挨拶をしなさい
 事前に上司に電話をしてもらう

●このテーマの関連図書


あなたが上司から求められているシンプルな50のこと

どんなにバカな上司の下でも成長できる仕事術

ザ・フォロワーシップ―上司を動かす賢い部下の教科書

ザ・チームワーク―良質なチームワークを築く24の方法

顧客に必ず“Yes"と言わせるプレゼン(DOBOOKS)

部下がきちんと動くリーダーの伝え方(アスカビジネス)





■同じテーマの記事

ロバート・フェルドマンのビジネスマンに読んでほしい本2

著名エコノミストのロバート・フェルドマン氏が薦める本のご紹介。簡単にフェルドマン氏について。アメリカ合衆国テネシー州オーク・リッジ出身。東欧ユダヤ系。1970年にAFSの交換留学生として初来日。愛知県名古屋市の南山高等学校にて学ぶ。イェール大学(経済学・日本研究学士)を経て、マサチューセッツ工科大学において経済学博士を取得。野村総合研究所、日本銀行で研究業務、その後国際通貨基..

ロバート・フェルドマンのビジネスマンに読んでほしい本1

著名エコノミストのロバート・フェルドマン氏が薦める本のご紹介。簡単にフェルドマン氏について。アメリカ合衆国テネシー州オーク・リッジ出身。東欧ユダヤ系。1970年にAFSの交換留学生として初来日。愛知県名古屋市の南山高等学校にて学ぶ。イェール大学(経済学・日本研究学士)を経て、マサチューセッツ工科大学において経済学博士を取得。野村総合研究所、日本銀行で研究業務、その後国際通貨基..

セルフイメージを高める本当の方法

私も含め、どうもストイックな人が多いような気がします。これじゃあダメだもっと頑張らないともちろん、自分の課題を発見し解決していくことは良いことだと思います。ただ、それはマイナスをゼロにする方法でしかありません。ダメなところを改善してもプラスにはならないんです。一方で、良いところをより活用しようとしたり、より伸ばそうとするとプラスがさらに大きなプラスになります。アファメーション「アファメーション」という言葉の発祥..

デスクトップの3ゾーンを利用してタスクを処理する

仕事を効率的に進めようと思ったら、タスクの一覧を管理することはとても効果があります。私の場合、タスクリストはアウトルックで管理していますが、今日やるべきタスクは一旦付箋(ポストイット)に書き出すようにしています。まあ、朝の儀式みたいなもんです。書き出した付箋を、未確認・未処理・処理中・処理済がひと目で分かるようにするためには、貼り付ける場所に一定のルール(工夫)をもたせるのが良いです。タスクは左から右に流れる以前のタスク管理ツール(タスクリストではありま..

たった1秒で相手の好感を得るボールペン操作術

会議や簡単な打ち合わせなどを初めてとして、誰かと話をするときに最初に何をしますか?自分の机で人と話をするときも含めて、私はまず、メモ帳(ポストイットですが)の近くにボールペンを出して、芯を出した状態で近くに置きます(手に持ったままということもよくありますが)。話を聞くときの姿勢ちょっと気になるときがあるのですが、打ち合わせ場所に入ってきて、PC やノートを置き(広げるわけではなく閉じたまま)座って、そのまま腕組みをして、開始の合図を待つ人がいます。ツワモ..

書類・資料は最後のページから読む

最近は紙書類をもらうことは少なくなりましたが、多いのが PowerPoint 資料。数ページの資料から百ページを超える大作まで、いろいろなのですが、この資料を確認しないといけないときに、私が最初にやるのは、「スライド一覧表示」。まず PowerPoint を開いたら、ALT, W, I と押すとこの表示になります。スライド一覧で全体の流れとポイントになるスライドを探す効率が悪い方法というのが、いきなり、プレゼンテー..




posted by 管理人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | プロセスマネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック