道筋を記録するコンピテンシー養成法







どこかに旅行に行った時の写真などを友人などから見せてもらうことがありますよね。

私は実はこういう写真でいつも気になることがあります。

見晴らしのいい風景の写真はあるのですが、それがどんなところだったのかの写真がない、ということです。
たとえば、富士山に登ったとして、富士山から見た雲海の写真はあるのですが、写真を取った場所にどうやって行ったのかの写真がないんですよ。
「桜の花がとてもきれいな並木道だった」というのに、桜の写真しかなくて、その並木道はどんなところにあるのかが分かるような写真を取ってない。

■成果を記録しても再利用はできない


仕事でもそうなのですが、

 製品の××を組み立てる工数を 20% 削減した

という成果は立派なものです。それは賞賛されるべきものなのですが、5年後に「5年前と同じように、製品の○○の工数削減をしてくれ」と言われて、同じ成果が出せるかというと、まずありません。

成果自体は一過性のもので、成果を出すプロセスがその人の能力だからです。
採用面接や昇進昇格面接などで問われる「コンピテンシー」とはこういうものですね。

つまり、「どのような結果が出たのか」はその時点では重要ですが、「どうやって成果に結びつけたか」が今後は必要なことです。

未来において利用できるのは、過去の成果ではなく、過去のプロセスです。


■道筋を記録しなさい


だから、どういう道筋で富士山に登ったのか、どいう出来事があって、どうやったのかを記録していないと、仕事では「成果の再現ができない」事になってしまいます。

「桜の花が綺麗な並木道」なら、そこに行くルートや、交通の混雑状況、迂回方法を記録しておくと、「来年また来よう」と思った時に、またイチからドライブルートや出発時間の検討をしないといけなくなりますが、これが記録されていれば、来年は当日思い立ったとしても、十分に検討されたルートで行くことができるようになって、最初よりもスムーズに行くことができるようになります。

もちろん、今年はお弁当を忘れたのであれば、来年はお弁当を忘れないように用意しておくこともできて、来年はもっと楽しい旅行になるでしょう。

毎年、上司に成果として報告するのは、全体のプロセスのほんの一部と結果だけです。
これは記録としては大して意味をなしません。

その成果を出すために、毎日、

 ・なぜ
 ・どういう行動を取ったのか
 ・その結果は効果があったのか
 ・何に気がついたか

を記録し続けないと、同じ失敗を繰り返したり、毎回迷いながら仕事をしたりするはめになります。
結果として、成果の再現ができない、あるいは効率の悪い仕事をすることになるわけです。

年々、いや、日々成長するためには、

 ・記録をして
 ・振り返り
 ・記憶をする

ことが重要で、その第一歩が記録をすることなんです。


■風景も撮るけどまわりも撮る


もし、どこかに出かけたら、記録に残したいと思った風景は、その風景だけではなく、そこに行く道筋や一緒に行った人、道に迷った所なども一緒に記録しておきませんか。

仕事をしたら、「なぜ」「どうやって」結果を出したかも残しておきましょう。
もし可能なら、1年後に見返しているであろう自分に対するアドバイスなんかも、書いておくと1年後に先生付きで仕事ができるかも知れません。


■同じテーマの記事

期限はローリングで解釈する

よく「今週中にやります」とか言ってません?私は過去にこれでよく失敗しました。rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="0ec76aea.6cafa22e.0ec76aeb.9a735fec";rakuten_items="ranking";rakuten_genreId=0;rakuten_size="468x60";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="off";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";今週中はあと何日?多分、今日が金曜日なら、きっと「今週中に…」とかは言わないでしょう。金曜日の午後5時は、今週中が終わるまでにあと1時間しかありませんから。ただ、水曜日や木曜日だと、意外と軽く「今週中…」と言っちゃうかもしれません。木曜日で「今週中」と言っちゃうと、「明日中に」と言っているのと同じなのですが、言い換えると結構「やばい…」と思..

議事録は読み返すから意味がある

会社で会議をすると、会議ごとに議事録を作ってますよね。あれ活用されているのでしょうかね?エビデンスと周知のための議事録議事録には2つ目的があって、ひとつはエビデンス。つまり、だれが何を言ったのかの証拠です。あとで「言った、言わない」のトラブルになったり、決定事項の背景を会議に参加していない人にも通知する役目です。この目的であれば、会議に参加した人は議事録を見る必要はありません。その場にいたのでより詳しく知っているはずですから。逆に会議に参加していない人で何らかの影響..

スマホで頑張って入力したら辞書に入れる

スマホの日本語入力は私はすごく遅いです。最大でも1分間に60文字くらい。まあ、これでも最初の頃と比べると早くなった方ですが、いくらやってもこれ以上は早くならないみたい。短縮入力ができるようにするスマホの日本語入力にかぎらず、Google日本語入力や ATOK などもそうなのですが、過去に入力したことのある単語だと「予測候補」に表示してくれるようになります。これが入力速度をかなり改善してくれます。ところが、これは変換キーで区切ると、まとまりとしては認識されません。たと..

社内研修の講師になる

別の記事でも書いてますが、人に教えるというのは最高の勉強方法です。ただし、隣の後輩に「あ〜君、ドラッカーのマネジメントについて教えてあげるよ」と言ったらなにが起きるか、まぁ想像がつきますよね。社内研修たぶん社内研修ってあるでしょう。社員だけを集めていろんなことを教える研修です。その講師は、内容によっては社外から招くこともあるとは思いますが、会社の実務に沿ってというとやっぱり社員を講師にするということも多いかと思います。その講師..

上達のコツは続けること、続けるコツは続けること

このサラヒン〜サラリーマンの仕事のヒントを始めてからなんと5年が過ぎました。その間、シゴトコンパス〜サラリーマンの仕事の羅針盤を始めたり、メルマガを始めたりと、我ながらよく続いたなぁ、と思ってしまいます。以前は自己評価では「3日坊主」だと思っていたのですが、驚いたことに、ほぼ毎日記事を書くことができています。※公開作業は平日にはやれないので、土日にまとめて5記事をアップする方法を取ってますが。案外、やってみればできるのかも、ですね。続けるコツもちろん、10年15年と..

大勢の前でプレゼンするときはZ目線が有効

大勢の前で何か話そうとするとかなり緊張します。1対1で話すときでも多少は緊張していますが、ちょっと大きな会議で発表をしたり、そこで何かコメントしようとしたりすると、もうドキドキが止まりません。だんだん職位が上がってくると、こういう場面が多くなるのですが、やっぱり苦手っていう感覚は否めません。もちろん、昔と比べると多少は良くなりましたが…。Z目線のテクニックそういうときには、いろいろなテクニックをあれこれ思い出しながら、テクニッ..

知ってる?知らない?Excel+マウスの便利技

Excel上でマウスを使った簡単な便利ワザをご紹介します。連番を簡単に入力する(オートフィル)セルに数字を書いて、そのセルの右下でマウスカーソルが "+" になったところで下へドラッグすると、ドラッグした範囲にその数字がコピーされますね。これを使うと、あとでその数字を連番に変更する事もできるのですが、CTRL キーを押しながらドラッグすると、連番になります。CTRL キーを押すのが面倒なときは、縦方向の 2 つのセルに順番に1、2と書いて、..

議事録は読み返すから意味がある

会社で会議をすると、会議ごとに議事録を作ってますよね。あれ活用されているのでしょうかね?エビデンスと周知のための議事録議事録には2つ目的があって、ひとつはエビデンス。つまり、だれが何を言ったのかの証拠です。あとで「言った、言わない」のトラブルになったり、決定事項の背景を会議に参加していない人にも通知する役目です。この目的であれば、会議に参加した人は議事録を見る必要はありません。その場にいたのでより詳しく知っているはずですから。逆に会議に参加していない人で何らかの影響..

議事録は読み返すから意味がある

会社で会議をすると、会議ごとに議事録を作ってますよね。あれ活用されているのでしょうかね?エビデンスと周知のための議事録議事録には2つ目的があって、ひとつはエビデンス。つまり、だれが何を言ったのかの証拠です。あとで「言った、言わない」のトラブルになったり、決定事項の背景を会議に参加していない人にも通知する役目です。この目的であれば、会議に参加した人は議事録を見る必要はありません。その場にいたのでより詳しく知っているはずですから。逆に会議に参加していない人で何らかの影響..

風邪で休まない

ふつう、風邪を引いたら休みますよね。まあ、仕方ありません。でも、もったいない。過去記事でも書いてますが、私は年休消化率は結構いいほうです(それでも100%とはいきませんが)。ただし、風邪みたいな病気で休んだことは、直近では記憶にありません。※「体調不良」という言い訳を使ったりするのは、気が乗らなくて早退をするときに…年休を取って何をしているかというと、遊びに行ったり、そこら辺をぶらぶらしたり、図書館にこもったりしてます。お休み..

記憶術:休み休み、繰り返し

どうも脳は繰り返し考えたことは記憶に残るようになっているそうです。出し入れすることで記憶力が強化される考えてみれば、会社に入るまでは、その業界のことなんてほとんど知りません。それなのに1年もすると、その業界でどんな会社があって、それぞれの特徴はどんなことなのかなんて、いちいち手帳を見たりしなくてもスラスラいえますよね。極端な話、あなたの上司の名前、別に考えるまでもでてきますよね。脳は繰り返し、出したり入れたりした情報をちゃんと..



posted by 管理人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | プロセスマネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック