やりきる技術―最高のパフォーマンスを生み出す仕事のきほん

■参考図書 『やりきる技術―最高のパフォーマンスを生み出す仕事のきほん』


書名 :やりきる技術―最高のパフォーマンスを生み出す仕事のきほん
著者 :小倉広
出版社:日本経済新聞出版社

「やりきる」ことで、勝利、という短期的な結果が手に入るだけでなく、「信頼」と「自信」という二つの「地力」までもが手に入る。中長期的な結果までもが手に入ることになる。だからこそ「やりきる」ことは大切だ。そして「やりきる」ことは難しい。
「やりきる」ためには、実は三つのステップが必要なのだ。本書でそれを紹介しよう。


●関連 Web
 やりきる技術―最高のパフォーマンスを生み出す仕事のきほん』怠け者でも生まれ変われるシンプルなアプローチ―日経BP
 「やりきる技術」に、目標設定がない理由 - 小倉広のコラム
 やりきる技術 小倉広さん著 - YouTube

■内容を紹介した記事


作りなおすといいものができる


 最初から完璧なものをつくろうとしてもうまく行きません。頭のなかにあるものは所詮「妄想」でしかないからです。@#INFO 最初から完璧なものをつくろうとしてもうまく行きません。頭のなかにあるものは所詮「妄想」でしかないからです。 …続きを読む


思い出したら運命だ



 なにか新しいことを始めた時に、「頑張って継続しなくちゃ」と思うと、やることが義務みたいに思えてきて、最初のワクワクが色褪せます。そのくらいなら、とっととやめてしまって、「またやりたくなるまで待ってもらう」と楽しく継続できるかもしれません。 …続きを読む



◆アマゾンで見る



書名 :やりきる技術―最高のパフォーマンスを生み出す仕事のきほん
著者 :小倉広

◆楽天で見る


 

タグ:小倉広
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック