北風と太陽―意図を隠して行動を促しなさい




「北風と太陽」のお話はご存じの方も多いでしょう。ただ、ここから学べることとして、よく言われていることとは別に、私が意識したことがあります。

★P202〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●穏やかに話す
わたしは子供のころ、ミズーリ州の片いなかの小学校に通っていた。その当時、太陽と北風が腕くらべをする寓話を読んだことがある。

 北風が「ぼくのほうが強いに決まってる。あそこにオーバーを着た老人がいるだろう。ぼくは君よりも早く、あの老人からオーバーを取ってみせる」といばった。

 太陽は、しばらく雲のうしろにかくれた。北風は勢いよく吹いた。だが、北風が吹けば吹くほど、老人はますますしっかりとオーバーで体を包んだ。北風は精根つきて、吹きやんでしまった。

 そこで太陽は、雲間から顔を出し、老人にやさしくほほえみかけた。しばらくすると、老人は額の汗をふいてオーバーを脱いだ。

 太陽は、やさしい親切なやり方は、どんな場合でも、激しい力ずくのやり方より、はるかに効果のあるものだと北風にさとした。

デール・カーネギー(著) 『人を動かす
――――――――――――――――――――――――――――★


北風と太陽の話でそこから学べることは、一般的には「優しさこそが人を動かす」というようなものなのですが、もうすこし前段を読むと、北風と太陽が能力比べをするところから始まっています。

つまり、太陽の目的は、ひとにコートを脱がせることではなく、北風に自分の力をみせつけることにあったんですね。コートを脱がせるというのはそれを誇示する方法であって、目的ではなかったはずです。

つまり、太陽にせよ、北風にせよ、自分の目的は旅人には知らせていなかったわけ。

もし太陽が旅人に「実は北風と賭けをしていて、あなたがコートを脱いだら勝ちなんですよ」みたいに話したらどうだっただろうか。さらにその賭けの種にされた旅人は、

 「いい面の皮」にされた

と思ったりするのではないでしょうか。

■意図を隠して、行動を促す

もちろん、目的を共有し、同じ目標を持って行動することによって、組織が臨機応変に活動し、最短で目標を達成するようなことは理想ではあります。しかし、理想はあくまでも理想です。本書のように、「穏やかに話す」「優しさで対応する」みたいなことをしても、それを促せるかどうかは、相手次第。

それよりも、「どう行動して欲しいか」を明確に言ったほうが、期待通りの行動を取ってくれる確率は高いのではないでしょうか。
もちろん、その行動をとった時に相手が得られるメリットはちゃんと説明するにしても、「自分がなぜ相手にそのような行動をとってほしいのか」は、相手には不要な情報なのかもしれません。

私の根性がネジ曲がっているせいかもしれませんが、自分の意図や利益は隠しておいたほうがうまくいくときもある、ということで。

■ちなみに

ちなみに私が北風ならこんな勝負はせずに、「どちらが湖を凍らせることが出来るのか」みたいな勝負を挑むと思いますが、まぁ寓話なので…。




■参考図書 『人を動かす

これを読まざるしてヒューマンコミュニケーションを語るなかれ!
デール・力ーネギーによる自己啓発の源流とでもいうべき不滅の名著。原版(How to Wln Friends and Inffuence Peaple)は、世界各国で 1500 万部以上、日本語版も 400 万部を超える大口ングセラー。
この脅威の部数は、本書が「人間心理の本質」を正面から扱った最初の一冊であることを示している。多くのヒューマンコミュニケーションに関する本は本書の焼き直しと行っても過言ではない。これらの本を読む前に、まずは本書を読んでから語ってほしいもの。




◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

人を動かす
著者 :デール・カーネギー

人を動かす
検索 :最安値検索

人を動かす
検索 :商品検索する



●関連 Web
 悪用厳禁!心理学で人を動かす7つの秘法 - ライフハックブログ
 人を動かす-Wikipedia
 人ひとを動うごかす―デール・参考カーネギーによる人間関係の古典―:日本語文学ガイド
 転職を繰り返したD.カーネギー――世界最大の自己啓発本「人を動かす」を作った男
 説得コミュニケーションの原則―Diamond Online
 悪用厳禁!心理学で人を動かす7つの秘法 - ライフハックブログ

●本書を引用した記事
 リンクリストを活用する
 きっかけを聴く―部下・後輩の無理筋な要求への対応
 会議が失敗する理由
 新しいシステムには一番協力してほしい人の名前を入れる
 人を動かす:相手の話を聞くときには手を止めなさい
 上司が部下の相談に乗ってくれないのはなぜ?
 海外出張に行くときは、その国の言葉で挨拶をしなさい
 事前に上司に電話をしてもらう
 人を理解するなら修飾語に注目する
 リスクは上げるより見直す1:リスクは上げるより見直す
 相手の評価を上げる
 部下力のみがき方3:キーメッセージ
 部下力のみがき方2:要約
 会議の予定は多めに入れる
 遊び時間を作る
 仕事の4条件のスコープを決める
 たたき台を作ると成長できる
 報連相の手段―上司を捕まえる
 失敗は正確に報告する
 会社で生きることを決めた君へ_3
 会社で生きることを決めた君へ_2
 ミーティングチェックリスト
 「外ヅラ」をよくする
 面接の質問:「記憶に残っている失敗を教えて下さい」
 面接で「年上の部下・担当者への接し方」を聞かれたら2
 面接で「年上の部下・担当者への接し方」を聞かれたら1
 人相記憶術―その4連想記憶
 残念な人の仕事の中身
 残念な人の仕事の中身
 記号で会話
 実践!反論×反撃法
 マイクロ挫折をする
 ザ・プレゼンテーション
 あなたを天才にするスマートノート
 質問する
 OhLife
 「次は頑張る」は永久にできない
 批判しない、建議し行動せよ、さもなくば忘れよ
 他者と違う行動を恐れてはいけないが慎重にやりなさい
 人を動かす:人に好かれる原則2:聞き手にまわる
 知識とは「何かを変えるもの」
 人を動かす:人に嫌われる方法
 目標は自分だけが管理できる
 人を動かす:日光を吸い込みなさい
 上司には上司がいる
 人を動かす:一心に相手の話を聞くことは、相手に対する最大の賛辞である
 人を動かす:人に好かれる原則3「名前は当人にとって最も快い、最も大切な響きをもつものであることを忘れない」
 人を動かす:人に好かれる原則1「誠実な関心をよせる」人を動かす:人に好かれる原則1「誠実な関心をよせる」
 人を動かす:人に好かれる原則2「笑顔で接する」
 人を動かす:幸福は自分の気持ちで決まる
 人を動かす:笑顔で電話しなさい
 7つの習慣:率先力を発揮する
 意識をして廃棄をしなさい
 人を動かす:あなたの応援がしたい
 「こんなこと発言していいのかな?」と思ったことをいってみる
 7つの習慣:人生の責任を引き受けなさい
 人望が集まる人の考え方:相手に注意を与えて成果を上げるための7つのルール
 人を動かす:相手が優位であることを探す
 ポイントカードテクニックで仕事を頼む方法
 7つの習慣:人間は刺激と反応の間に選択の自由を持っている
 人と動かす:他人のことに関心を持たない人は、苦難の人生を歩まねばならない
 印象が良くなる話し方のルール
 7つの習慣:社会通念という歪んだ鏡
 人を動かす:相手の心のなかに強い欲求を起させること
 7つの習慣:MASTERチェックリスト
 人を動かす:心のなかに欲求をおこさせる
 7つの習慣:本は教えるために読みなさい
 人を動かす:相手の立場から物事を見る
 ドラッカー365の金言:組織の精神はトップから生まれる
 7つの習慣:人は自分自身を客観的にみることができる
 人を動かす:人に動いて欲しければその人の問題を扱いなさい
 人を動かす:他人の長所を探しなさい2
 人を動かす:他人の長所を探しなさい1
 人を動かす:チャールズ・シュワップの給料を決めたたったひとつの技術
 影響の輪1:自分に影響のある問題を外においてはいけない
 人を動かす:人の8つの欲求を満たす
 人を動かす:父は忘れる
 人を動かす:罰則は「前向きさ」を失わせる
 優先順位と劣後順位を決定する方法
 「上司」というコンサルタントを雇う
 転職はキャリアアップ、それともキャリアダウン?
 援助はうけない
 好き嫌いで仕事をしてはいけない
 面接質問の真意(リーダーシップ)7:伝える
 予算は2倍にする
 戦略的不機嫌さ
 前後関係がわかると仕事がわかる
 問題の見方こそが問題である
 ドラッカー:成功とはなにか
 「ゴールピープル」と「リバーピープル」
 竜頭蛇尾で勉強する
 やり直しなしで一発OKをもらう方法
 北風と太陽―意図を隠して行動を促しなさい
 モチベーションには3段階ある
 モチベーション3.0
 相手に勝たせると味方ができる
 犬が近づいてきたら道を譲りなさい
 問題は行動によってのみ解決される
 影響力をもつと仕事ができるようになる
 人を動かすことは褒めること
 魚はミミズで釣りなさい
 長所を挙げてもらうと勝手に説得されてくれる
 人を動かす
 決定事項に必須の3要件
 上司を使えない部下は後輩も使えない
 原則を作る
 アクションプランには軌道修正が必要
 読んでおくべきビジネス書
 アイディアマンになる9つの心構え
 チームが高い成果を出すための方法
 正面の理、側面の情、背面の恐怖
 戦略おべっか
 唯一正しい目標は立てられない
 意思決定をする習慣
 時間を創造する
 時間を塊にする
 ビジネス書名著目録(必須図書)
 会社で生きることを決めた君へ

●このテーマの関連図書


道は開ける新装版

話し方入門新装版

プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか(はじめて読むドラッカー(自己実現編))

思考は現実化する―アクション・マニュアル、索引つき

カーネギー名言集新装版

完訳7つの習慣人格主義の回復





■同じテーマの記事

新しいシステムには一番協力してほしい人の名前を入れる

なにか新しいことがやりたい時に、ひとりでは出来ないので、協力者がほしいですね。そういう時に、協力者を巻き込んでしまう秘策があります。アンドルー・カーネギーの成功の秘訣は何か?カーネギーは鉄鋼王と呼ばれているが、本人は製鋼のことなどほとんど知らなかった。鉄鋼王よりもはるかによく鉄鋼のことを知っている数百名の人を使っていたのだ。しかし、彼は人のあつかい方を知っていたそれが、彼を富豪..

人を動かす:相手の話を聞くときには手を止めなさい

部下や後輩が話しかけてきた時に何かをしていると、ついそれをやりながら、「ん。了解。」とやってしまうことがあります。あるいは、会議の時に、発言者の方を見ずにひたすら PC に何かを打ち込んでいるとか。これが "いかん" とはわかっているつもりなのですけどね。「あなたを愛しています」のメッセージ人の話をよく聞くことは、ビジネスの世界だけでなく、家庭生活でも同じようにたいせつだ。ニュ..

海外出張に行くときは、その国の言葉で挨拶をしなさい

ウチの会社は、海外に子会社がいくつかあります。というか社員数は海外のほうが圧倒的に多い。このため、仕事上、海外出張も少なくありません。その国の言葉で話したい同じ部門でも異なる部門でも、初めてその国に出張に行ってきた人に話を聞くと・中国語を覚えたい・英語を覚えたい・タガログ語で挨拶したい・スペイン語が読めるようになりたい・ハングル語が読みたいたいていこう思って、いままで見向きもしなかった、会社の言語教育コースをとったり..

人を理解するなら修飾語に注目する

交渉術や説得術でよく、「その人が望んでいることを理解して発言する」みたいな事をよく言われます。シゴトコンパス〜サラリーマンの仕事の羅針盤でも『人を動かす』から引用してそんなことをご紹介しました。人を動かす:人の8つの欲求を満たす魚はミミズで釣りなさい人を動かす:人に動いて欲しければその人の問題を扱いなさい人を動かす:チャールズ・シュワップの給料を決めたたったひとつの技術人を動かす:心のなかに欲求をおこさせるでは、どうす..

人を動かす:人に好かれる原則2:聞き手にまわる

巨人たちのお言葉シリーズをお送りします。本日の巨人:ディール・カーネーギー本日のお言葉:聞き手にまわるお言葉の出典:『人を動かす』自分のことばかり話す人間は、自分のことだけしか考えない。長年コロンビア大学の総長をつとめたニコラス・バトラー博士は、それについて、こういっている「自分のことだけしか考えない人間は、教養のない人間である。たとえ、どれほど教育を受けても、教養が身..

人を動かす:人に嫌われる方法

過去にかなりの数紹介してます書籍『人を動かす』ですが、ちょっとおもしろい書き方がしてある部分があります。本日は、『人を動かす』から「人に嫌われる方法」をご紹介。人に嫌われる方法人にきらわれたり、かげで笑われたり、軽蔑されたりしたかったら、つぎの条項を守るにかぎる・相手の話を、決して長くは聞かない。・終始自分のことだけをしゃべる。・相手が話しているあいだに、何か意見があれ..

人を動かす:日光を吸い込みなさい

巨人たちのお言葉シリーズをお送りします。本日の巨人:エルバート・ハバード本日のお言葉:日光を吸い込みなさいお言葉の出典:『人を動かす』Pつぎに引用するエルバート・ハバードのことばを、よく読んでいただきたい。いや、読むだけでは何にもならない実行していただきたい。家から出るときは、いつでもあごを引いて頭をまっすぐに立て、できるかぎり大きく呼吸をすること。日光を吸いこむのだ。友人..

人を動かす:一心に相手の話を聞くことは、相手に対する最大の賛辞である

巨人たちのお言葉シリーズをお送りします。本日の巨人:ディール・カーネーギー本日のお言葉:一心に相手の話を聞くことは、相手に対する最大の賛辞であるお言葉の出典:『人を動かす』「話し上手は聞き上手」と言われますよね。人は自分のことを話すのが好きなんです。だから、たとえ自分がよく知っていて、相手のことを「まだまだ…」と思っても、「なるほど、なるほど」と聞くと、相手は自分を認めてくれる、ということらしいです。逆に自分の知らないこ..

人を動かす:人に好かれる原則3「名前は当人にとって最も快い、最も大切な響きをもつものであることを忘れない」

巨人たちのお言葉シリーズをお送りします。本日の巨人:デール・カーネギー本日のお言葉:名前は当人にとって最も快い、最も大切な 響きをもつものであることを忘れないお言葉の出典:『人を動かす』最近、大きな病院では個人情報保護とかで、苗字ではなく、番号で呼ばれますよね。個人的には、あれ、やめて欲しいです。「801番のかた〜」と言われても、「あれ、オレって何番だったっけ…?」と毎回考えてしまいます。本..

人を動かす:人に好かれる原則1「誠実な関心をよせる」人を動かす:人に好かれる原則1「誠実な関心をよせる」

巨人たちのお言葉シリーズをお送りします。本日の巨人:ディール・カーネギー本日のお言葉:誠実な関心を寄せなさいお言葉の出典:人を動かすP深い関心を示すことによって、個人的に友をつくることができるだけでなく、相手がわれわれのつとめる会社の顧客であれば、会社への忠誠心ともいうべき気持を育てることすらできる。ニューヨークの北米ナショナル銀行のパンフレットに、マデリン・ローズデールという女..

人を動かす:人に好かれる原則2「笑顔で接する」

巨人たちのお言葉シリーズをお送りします。本日の巨人:デール・カーネギー本日のお言葉:笑顔で接するお言葉の出典:『人を動かす』デール・カーネギーの『人を動かす』の第2章、人に好かれる六原則の2として紹介されているのが、笑顔で接すること。先日わたしはニューヨークで開かれたある晩餐会に出席した。来客のひとりに莫大な遺産を相続した婦人がいたが、彼女は何とかして皆に好印象を与えたいと..



posted by 管理人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 組織マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/416439616

この記事へのトラックバック