たくさんの本を読むと話に説得力がでる




読書、してますか?

読書をすることによる効果はいろいろなものがありますが、本日は、読書を説得力に活かすという方法。




■書籍になったものは信頼される


著名人が言っとことというのは、たとえそれが多少妙なものであっても、「あの人が言ったことだから」とある程度の信頼を置かれるものです。

私ごときが

 「自分を知るということも大事ですが、他人がどう考えているかも大事です」

なんて言っても対して説得力はありませんが、

 「孫子も "彼を知り己を知れば百戦殆うからず" と言ってますように〜」

といえば、その後に言った言葉は説得力を持ちます。


★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

このように、引用は適切に行うことで説得力を高めてくれます。意識すべきポイントをおさえて果敢にトライしてください。大事なことは最初からうまく引用することではありません。何度も何度も引用にトライすることで、少しずつ上手になってきます。

引用の技術を身につけると、文章に迫力がでてきます。ぜひ引用の技術にトライしてみてください。

引用ができるようになるためには、日ごろから多くの本を読んでおくことが重要です。本書でいろいろな本をわたしが引用できたのは、年間 400 冊以上の読書によるところが大きいです。本を書くために読書をするのではありません(もちろんリサーチが必要な場合はあるでしょう)。

たくさんの本を読み続けていることで、文章を書いているときに「ああ、まえに読んだあの本にあんなことが書かれていたよな」というひらめきが起こるのです。

それで以前に読んだ本をたどり、そこにある言葉を引用をします。読んだ本でビビビときた箇所にはふせんをはり、線を引き、マーカーをぬります。これをしておくと、引用するときに役立ちます。これは専門書でも同様です。

木山泰嗣(著) 『もっと論理的な文章を書く
――――――――――――――――――――――――――――★


私が本ブログでちょくちょくビジネス書を引用するのも、その一環になっているのかも。




■本を読んだら記憶にとどめる


ただ、本をたくさん読んだからといって、引用がバンバン出来るようにはなりません。

すくなくとも、

 「たしか、これに近いことが書いてあったよな〜」

と思い出すことができなければ、引用も不可能です。ましてや会話の中で「この分野で著名な○○氏が言うように〜」なんてリアルタイムに言えるようになるには、「たしか〜」ではできません。

そこで、

 ・自分に関係しそうな部分を繰り返し読む→記憶にとどめる
 ・ねぎま式読書ノートで、検索ができるようにする
 ・スキャナとOCRのように電子情報化しておく
 ・実際に、自分の主張を引用で補強して書いてみる

ことが必要です。

とくに、ねぎま式読書ノートのように、気になった所を書き写そうとすると、自然と何度も読むことになるので、記憶に残りやすくなります。

ただ、将来使うのかどうかなんてのはわかりません。

そのとき、その時で、自分が気になった箇所にセレンディピティが落ちているかもしれないので、とにかく記録するようにします。
ひとつのスマートな引用はそのウラに1万回の努力と試行錯誤が隠れている、と信じて…。

■引用のためのコツ


本書『もっと論理的な文章を書く』では、引用のコツとして以下の方法が記載されています。

★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

・その分野で優れた人の言葉にする
・あなたの考えとほとんど同じ考えを示した言葉を選ぶ
・同じ考えを別の言葉で表現した文章を選ぶ
・一次情報の引用をするよう努める
・スムーズに進めるための引用をする場合には、適切なところで力ットする
※それぞれの項目は詳細が本書内で説明されていますが、省略して項目だけ抜粋

木山泰嗣(著) 『もっと論理的な文章を書く
――――――――――――――――――――――――――――★






■参考図書 『もっと論理的な文章を書く




「弁護士が書いた」シリーズで知られる著者が、説得力のある文章の「見た目」と「中身」のノウハウを大公開!





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

もっと論理的な文章を書く
著者 :木山泰嗣

もっと論理的な文章を書く
検索 :最安値検索

もっと論理的な文章を書く
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 後出しの法則で信頼度を挙げる
 文章のコツ6:同じ言葉を使う
 論理的資料作成術:ナンバリングするすると論理的にみえる
 論理的資料作成術:2つの観点で書くと説得力がでる
 面接で短所をアピールする
 選択肢を多くするとカスを選ぶ
 出張・旅行でおみやげを買ってくる
 たくさんの本を読むと話に説得力がでる
 れる・られるを多用しない
 影響力の武器:論理的な判断は冷静な頭脳から


●関連図書
 究極の思考術―あなたの論理思考力がアップする「二項対立」の視点15
 弁護士が書いた究極の文章術―誤解なく読み手に伝える書き方のヒント28
●このテーマの関連図書


弁護士が書いた究極の文章術―誤解なく読み手に伝える書き方のヒント28

究極の思考術―あなたの論理思考力がアップする「二項対立」の視点15

センスのよい法律文章の書き方

情報をさばく技術

弁護士が書いた究極の読書術

弁護士が書いた究極の勉強法―小学生から学ぶ大人の成功法則28





■同じテーマの記事

ブックカバー

読書、してますか?私はほとんどの本を図書館で借りてきて、通勤電車で読んでます。そのときちょっと気になるのが、本の表紙が丸見えなこと。そこで、ブックカバーを使えればいいのですが、本屋さんで買ってくればカバーを掛けてくれますが(本屋さんの広告みたいなカバーですが)、図書館では当然そんなものはありません。で、考えたのが、「なければ自分のお気に入りを作ればいい」ということ。プリンタでブックカバーを作る自分で作るとなると、デザインはなんで構いません。自分のお気に入..

あるがまま読むと速読できる

以前、英語文化圏の人とコミュニケーションするようになって、結構困るのが語順が違うというところ。返り読み日本人の読みかたでおもしろいのは、同じところを住復するくせである。漢文は返り点をつけて読む。学而時習之。不亦説乎。 有朋自遠方来、不亦楽乎学びて時に之を習う、亦説しからずや。朋有り、遠方より来る。亦楽しからずや上がうたり下がったりして読む。読みかたと..

PREP読書術

以前の記事にも書きましたが、私は年間200〜250冊程度の本を読みます。7割以上がビジネス書なのですが、本を読んだあとには、必ず感想文を書くようにしてます。この感想文に本の要約を書くようになって気がついたのですが、「ビジネス書の構成はどれも似たようなものだ」ということ。これがそのものズバリが書いてある本がありました。大事なことはすべて記録しなさいでは、 200 べージ以上ある本のほとんど..

議事録をつけると仕事力がアップする

議事録って簡単そうに見えるのですが、仕事の基本的なスキルなので、比較してみると、仕事が出来る人出来ない人では歴然と差があります。私の部門では、議事録を書くことで仕事力のトレーニングをするよう推奨してます。議事録は新人の仕事大抵の場合、議事録係はその会議で一番若い人か、居なければ新人の仕事です。これはOJTを兼ねており、・人の話のポイントを要約する・その議題になっている業務を理解する・PCへの入力速度を早くする・決定事項と単なる話題を見分ける・情..

問題解決を進めるときにブロコン・リストを作る

プロコン・リストというのは、「よいことと悪いことの一覧表」。あまり普段の仕事では使わないですが、英語圏ではよく使われる言葉のようです。覚えておくとちょっとお得かも。ブロコン・リストここで、ご紹介するのが、問題解決策の策定のためのツールのひとつ、「プロコン・リスト」という手法です。プロコンとは、あまりなじみのないことばかもしれませんが、英字新聞などを見ていると、よく登..

聞き耳を立てる

情報を大別すると・今の業務に必要な情報・今の業務に直接必要ではないけど関係する情報・なんとなく気になった情報、世間の流行の3つに分けられると思います。最初の2つは、世間の流行とはかかわりなく、ほとんどが会社内でやり取りされていて、当然自分も多くの場合その渦中にいるわけですので、嫌でもその情報を処理しなければななりません。ところが、3つ目の情報というのは、自分から積極的に取りに行かないと得られない情報です。よく「ビジネスマンは雑誌を読め」という事を言われますが、こ..




posted by 管理人 at 05:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知的生産術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック