影響力の武器実践編

◆紹介◆


社会心理学者の口バート・ B ・チャルディーニ氏は、宗教や悪質なセールス、募金の勧誘、広告主などありとあらゆる「承諾誘導」の専門家の手口を研究し、彼らの手口は基本的に 6 つの力テゴリーに分類できることをつきとめた。心理学の専門書であるが、ビジネスからプライべートまでその応用範囲は極めて広い。
現在の心理学を応用した仕事術、交渉術、会話術などの本のほとんどすべてがこの本に書かれている。

■内容を紹介した記事


損失回避の感情を意識する
 人の判断を自分の都合のいい方向に誘導する方法として、人の「損失回避」性をりようするという方法があります。これは他人に使うぶんには強力な武器なのですが、逆に他人に使われた時には、相手の術中にハマる危険があります。これを回避するには… …続きを読む

損失回避で説得力が増す
 誰かに何かを提案して了解してもらおうとするなら、メリットだけでなく、それをシないことによるデメリットを説明に加えると了解してもらえる可能性が高くなります。これは人の「損失回避」という心理を利用した説得方法です。 …続きを読む

◆アマゾンで見る



影響力の武器 実践編―「イエス!」を引き出す50の秘訣

◆関連図書・Web◆


 影響力の武器』の[第三版] - マインドマップ的読書感想文
 影響力の使い方講座 - ダイレクト出版
 影響力の武器とは?説得するときにはこれ - DCC用語集
 影響力の法則 影響力の武器 - YouTube
 影響力の武器:マネジャーとしての影響力は、どうすれば発揮できるのか?-Bizトレンド
 影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのか

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック