会議にパワーポイントをむやみに使うな



最近、会議でも議長やリーダーがパワーポイントの資料を使って会議を進める形式が増えてきたように感じています。

偶然、『45歳からの会社人生に不安を感じたら読む本』にそのことが触れられていたので、ちょっとご紹介。




★――――――――――――――――――――――――――

人間というのは勝手なもので、「いいミーティングだった」と思うのは、その人がミーティングの 7 、 8 割しやべった場合だそうだ。他人の話をじっと聞いているのはストレスがたまるから、自分の方が長くしやべったときに満足度が上がるのはよく理解できる。

あなたも、自分がどういうミーティングで「良かった」と感じたかを思い起こしてほしい。
そうすれば、この盲葉の意味がよくわかるだろう。

だから「聞き上手になれ」と言われるのだ。

相手の言うことをよく聞くことができれば、相手は満足し、あなたのことを好きになり、あなたの言うことを聞いてもらえるようになる
 :
 :
パワーポイントは、本来はプレゼンの道具で、プレゼンテーターが話す内容の重要なポイントを示したり、言葉では説明しきれないグラフをわかりやすく示したりするために開発されたものだ。つまり、あくまでもプレゼンテーターの話す言葉がメインで、パワーポイントはそれをサポートする道具にすぎなかった。

植田統(著) 『45歳からの会社人生に不安を感じたら読む本
――――――――――――――――――――――――――★


心理学的にも、人は多くを話したほうが満足する傾向があるのは、いろんな本に書いてあることですね。




■パワーポイントを使うと話す側と聞く側に分かれてしまう


私の主観として、最近のパワーポイントで議事を進めることに違和感があったりします。

それは、

 パワーポイントを使うと話す側と聞く側に分かれてしまう

ということ。つまり、事前に話すストーリーが出来上がってきているため、話している途中にどの様な異議を言われたとしても、その場は「検討します」とかいう発言になって、最後は用意したスライドの最終ページ、すなわち事前に決まっていた結論を表示してしまいます。

そうすると、異議を言った人は、「なんだ、オレの話を受け入れてないじゃん」と感じてしまいます。

つまり、パワーポイントで話の流れを事前に作ってしまうと、それにどうしても固執してしまって、柔軟な対応ができないのです。

もともと、そのストーリーと結論を押し付けるつもりなのであれば、会議ではなく説明会とするべきですし、反論も受け付けないことを明示するべきです。

それを、「議論しますよ。でも結論は変わりませんから」というスタンスになってしまうと、参加者の参加した実感もありませんし、多数の知見を集約していい結論を出すという会議の本来の機能がなくなってしまっているように感じます。

■議論したかったら、書き込みのできる議事録を用意する


もし、きちんと議論をして、全員の納得感のある結論を出したいと思うなら、一番いいのは、説明しながら板書することです。その次にいいのは、テキストファイルを開いて、そこに議事を書きながら議論を進めることです。
※最近、プロジェクタも安くなったので、1つの会議スペースには2つプロジェクタを用意し、一方をプレゼン資料、他方を議事録の表示に使えるようにした場所もあります。我が社では徐々に増加中。

こうすることで、参加者の参加できるスペースが出来、そこにいろいろな人の意見が追加されていきます。

ご紹介した本書の冒頭にある通り、人は「自分が多く発言したこと」に満足を感じる傾向にあります。したがって、結論に納得感も出やすいのですよ。

ちなみに、引用した部分の副題は

 相手に8割しゃべらせよう

というものでした。

それを目指したいですね。





■参考図書 『45歳からの会社人生に不安を感じたら読む本





立ち読みできます立ち読み可
E5%AE%89%E3%82%92%E6%84%9F%E3%81%98%E3%81%9F%E3%82%89%E8%AA%AD%E3%82%80%E6%9C%AC%E3%80%8F%E6%A4%8D/" target="_blank">ビジネスブックマラソン



45歳はキャリアのターニング・ポイントだ。45歳になると、それまでの20数年におよぶキャリアの答えが出てくる。

よくがんばり結果を出してきた人、部下の使い方がうまい人、人望のある人には、取締役や執行役員になり、腕をふるうチャンスが訪れる。

そうでなかった人はポストを外され、転身を迫られる。
 
あなたの45歳からのキャリアは、それまでにあなたがどういう準備をし、どのような経験をし、どういう人脈を作り、どういうスキルを身につけてきたかで変わる。

だから、45歳までに周到な準備が必要になる。

本書は、45歳になって途方に暮れないために、今のうちに読者の皆様が心がけておくべきこと、取り組んでおくべきことを、30のポイントに分けて解説する。





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

45歳からの会社人生に不安を感じたら読む本
著者 :植田統
楽天では見つかりませんでした
45歳からの会社人生に不安を感じたら読む本
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 成功の秘訣
 成功者のストーリ
 45歳からの会社人生に不安を感じたら読む本
 会議にパワーポイントをむやみに使うな
 1年未満の転職はキャリア上マイナスになる
 部長ならできます
 選択肢を多くしておく
 失敗談を酒の席で聞きなさい
 45歳からの会社人生に不安を感じたら読む本
 ヘッドハンターを信用してはいけない

●このテーマの関連図書


45歳から5億円を稼ぐ勉強法

人生に悔いを残さない45歳からの仕事術

ミドル世代の危機を乗り越える!45歳からやり直す最高の人生(祥伝社黄金文庫)

絶対に負けない交渉術

捨てる7つの仕事の習慣

成熟力「45歳から」を悔いなく生きるリスタート!





■同じテーマの記事

記憶術:視点を変えて繰り返す

学生時代に復習といえば、勉強したことをもう一度繰り返すことでした。教えられたそのものを記憶していれば、高得点がとれた学生時代と違い、社会人の勉強は、本に書いてあることを完璧に覚えていても意味をなしません。それを使って何かをしてはじめて、「使える知識を持っている」と判断されます。記憶するには視点を変えるでは、暗記から一歩進んで、必要な知識を蓄積するためにはどうすればいいのでしょうか。..

「組織は戦略に従う」が「技術は戦略をくつがえす」

ちょっとビジネス書といえるかどうか微妙ですが、個人的にとっても面白かった本をご紹介します。アルフレッド・D・チャンドラーが『組織は戦略に従う』を発表したのは今から半世紀近く前ですが、これは未だに真理として使われることが多いようです。このほか、「戦略は組織に従う」とかいろいろな派生バージョンがあるようで、この本も「ビジネス書」の分類で、マネジメントの一種としての技術開発についてだと思って読んだら、意外や意外。こ難しい理屈抜きに楽し..

パワポで同じような図形を並べるときは、「配置」で揃える

プレゼン資料のパワーポイントを見たり、作ったりする機会が結構あるのですが(少なくとも1日に数回はパワーポイントを使ったり見たりしている)、時々気になるのが、横に並んだ図形や表の大きさや位置が揃っていないこと。実際、揃っていない事自体には大して問題があるわけではないのですが、どうもきれいに端が揃っていない資料は居心地が悪い。もしかしたら、私だけなのかもしれませんが、こういう資料を見せられたときに、意識が「図の配置」に行..

図解のコツ5:配置を試行錯誤する

前回の記事で、カタマリを置くのにルールはない、ということを書きましたが、パターンはあります。ただ、どれを使うと一番いいのか、あるいは自分で考え出さないといけないのか、が経験値に依存しているということです。カタマリを置くパターン前回、カタマリを置くパターンとして、PPM(プロダクト・ポートフォリオ・マネージメント)分析をご紹介しました。その他のパターンですがこんなものがあります。・マトリクス系・SWOT・重要度・緊急度・バブルチャート・サイク..

図解のコツ3:キーワードを抽出する

前回の記事で、図解のための単語の抜き出しの練習方法をご紹介しました。単語を読む新聞の社説でも、自分の仕事に関係ある Web 記事や本いいので、500〜1000文字くらいの文章を選んでください。そして、付箋にそこに出てくる名詞をメモ帳に一件一葉で抜書きしてください。名詞以外は無視していいです。これを毎日、1ヶ月続けてみてください。私はこれを「単語を読む」と呼んでます。文意を把握するたぶん、これをやり続けていると、ちょっ..

図解のコツ4:配置を決める

前回の記事で、カタマリを作るトレーニング方法についてご紹介しました。本日は、図解をするためにもうひとつ必要な作業、配置するについて。カタマリをどこに置くかカタマリを作ることができても、図解はできるようにはなりません。図解とは、「位置/配置」に情報を盛り込むこと例えば、有名な情報整理術に、「KJ 法」というものがあります。考案者である文化人類学者・川喜田二郎氏のイニシャル..




posted by 管理人 at 06:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知的生産術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック