ソフトスキルを定義する







■強み、弱みを定義しなさい


よく自己啓発書などでは、

 自分の持っている強み、弱みを定義しなさい

などと書いてありますが、あなたはこれをかけますか?

私は以前まで全くかけませんでした。

自分の強みや弱みが理解できていなかったわけではなく、認識はできてました。
しかしながら、それをいざ書きだそうとすると、

 ・構想を作ってそれを関係者に説得するのは割と得意だなぁ
 ・やりたいことに対して、実際的な効果をあるように見せることもできるなぁ
 ・でもどちらかと言うと、「ベタ」な作戦が多いなぁ
 ・×××がうまく行ったのは、プロジェクトが傾いた時に、○○○さんに協力を依頼したことが大きかったなぁ

みたいに、なんだかすごく「もやっ」としているんですね。

かけない理由は、もうお分かりだと思いますが

 ボキャブラリー不足

です。
※相変わらず、このブログでも擬音語が少なくないので、大して改善したとはいえませんが。

「あなたの強み、弱みをあげなさい」と言われた時に、それを適切に表せる言葉を知らなければ、それを端的に言い表すことができません。いきおい、だらだらとした文章でスッキリわかるようにはかけないんです。




■辞書を作る


まず、強み、弱みを言い表す辞書が必要なんです。

その中で自分でしっくり来るものを使うようにすること。そうするとスッキリものごとを言い表すことができます。

基本的に、ボキャブラリーを増やすには本を読むしかないのですが、手っ取り早く辞書を作るには、

 Google君に聞く

というのがいいかもしれません。
あと、自己分析に関するビジネス書を読むと、強み、弱みを表す言葉一覧が付いているものがあります。

 さあ、才能に目覚めよう

などにもありすので、読んでみてください。

■テクニカルスキルとポータブルスキル


とりあえず、検索の取っ掛かりとして、「スキル」について言葉を集めてみましょう。

仕事をする上でのスキルは、「テクニカルスキル」と「ポータブルスキル」に分類されます。

「テクニカルスキル」とは、いわゆる仕事をする上での専門技術といっていいと思います。例えばプログラマなら、プログラミング技術や、PCに関する操作技術など。

もう一つが、「ポータブルスキル」という仕事をする上で、どのみち必要になるスキルです。

これで検索していたら、こんなサイトを見つけました。

 R社のソフトスキル


ここでは、「ポータブルスキル」を「ソフトスキル」と言っていますが、趣旨は同じことのようです。

詳細は上記の記事を見ていただくとして、抜粋しておきますと、

★――――――――――――――――――――――――――
●1.自分自身に関するソフトスキル
(1)現状認識力
(2)自己コントロール力
(3)自己表現力
(4)ストレス耐性
(5)陽転思考
(6)率直性
(7)遵法精神
(8)成長意欲

●2.対人(対部下、対顧客)に関するコンピテンシー
(1)対人影響力
(2)対人感受性
(3)マンパワー結集力
(4)顧客志向性
(5)政治力
(6)強制的指導力
(7)人材育成力
(8)人間関係構築力

  :
  : (中略)
  :

●5.情報に関するソフトスキル
(1)問題意識
(2)情報収集力
(3)情報分析力
(4)情報発信力
(5)ほうれんそう力
(6)コンセプト構築力
(7)問題解決力
(8)アイデア力

●6.時間と効率に関するソフトスキル
(1)タイムマネジメント力
(2)集中力
(3)几帳面さ
(4)パターン化志向性
(5)ネットワーク思考
(6)追求性
(7)即応力
(8)テクノロジー

R社のソフトスキルより抜粋
――――――――――――――――――――――――――★


■一覧を読んだだけではボキャブラリーは増えない


さて、ここまで読んだあなた、ちょっとPC(スマホ?)を伏せて、上に書いてあった単語を書き出してみてください。

 何個言えました?

10個思い出せれば大したもの。

私もそうですが、こういう箇条書きって、読まない人が多いんですよね。

そこで、こういう言葉を使って、自分の強み、弱みを説明してみると、その単語がどういう意味なのか、どういう文脈で使えるのかがはっきりします。

これらを一つづつ、あるいは組み合わせて、自分の強み、弱みを説明する文章を書いて見てください。

あなたのボキャブラリーになりますよ。




■同じテーマの記事

有給後の大量メールを効率的にする処理する方法2

前回、有給明けに大量にたまったメールを素早く処理する方法として、本当に必要なメールをどうやって抽出するかについてご紹介しました。その方法とは、・機械的に振り分けをする・表題だけで振り分ける・スレッド表示で最新のメールだけをみる・読んだら削除または完了フォルダへ移動するです(詳しくは前回の記事を参照してください)今回は、抽出したメールをどうやって素早く「処理済み」にするかについて書いてみたいと思います。簡単にまとめると、・操作はワンキーで行えるよう..

有給後の大量メールを効率的にする処理する方法1

私の場合、1日に数百通のメールを受け取ります。もちろん、全社的に休みの場合は発信する人もお休みなのでメールはそれほど多くありませんが、有給を使って勝手に連休を作ったりするので、次の出社をしたときに千件を超えるメールが溜まってたりします。年に1度位は1週間まとめておやすみとかするので、このときには数千件。そうすると、メールの処理だけで相当の時間を取らないと、自分のタスクを始められません。もしかしたら、そのタスクは状況が変わっているかもしれないので…大量のメ..

反省するより記録しなさい

たぶん、今年の年初に立てた今年の目標で、仕事上の部門・グループの方針として立てたものが、手付かずで残っている人は少ないでしょうけど、個人で立てた目標は手付かずのままのものがあるのではないでしょうか。この差はなんだろうかというと、おそらく「強制力の差」と「チェックを入れる人の存在」だとおもいます。仕事上で立てた目標というのは、当然、上司と相談したうえで決めます。そしてその進捗管理を1週間なり1か月ごとに上司に報告しないといけません..

期末面談の自己申告を請求書にしてみる

毎年、1年間の業務成果を上司に報告して、上司から業務評価をもらいますよね。いわゆる期末面談。私としてはサラリーマンの最大のイベントだと思っているのですが、どうもぞんざいに扱う人が多いような印象を持ってます。「今やっている仕事が忙しいから」と、当日になって、「エイッ」って書き込んで、誤字脱字のまま提出してくる人もいたりする…。今やっているプロジェクトや仕事は当然大切なのですが、その結果自身で給料が決まっているわけではなく、期末面談で書かれた上司の評価で給料が決まっている..

「組織は戦略に従う」が「技術は戦略をくつがえす」

ちょっとビジネス書といえるかどうか微妙ですが、個人的にとっても面白かった本をご紹介します。アルフレッド・D・チャンドラーが『組織は戦略に従う』を発表したのは今から半世紀近く前ですが、これは未だに真理として使われることが多いようです。このほか、「戦略は組織に従う」とかいろいろな派生バージョンがあるようで、この本も「ビジネス書」の分類で、マネジメントの一種としての技術開発についてだと思って読んだら、意外や意外。こ難しい理屈抜きに楽し..

成長を加速する報告書の技術

まだ駆け出しの頃、上司によく「出来事をぼんやり見るな!」と怒られました。自分としてはぼんやり見ているつもりはなかったので、ちょっと「ムッ」としたりしたのですが、今思うと汗顔の至りですね。せっかく学習の機会があるのに、その機会を「ぼんやり」見過ごしている事が多いんですよ。意外と。多分ですが、同じ年月生きてきたにもかかわらず、成長速度やその達成度が異なるのは、この「ぼんやり度」が違うからなような気がします。観察するに..




posted by 管理人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知的生産術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック