スタンプを作る




セブンイレブンなどのフランチャイズやチェーン店というのは、やる側(セブン-イレブンならセブンアイホールディングス)にとってはすごく楽な仕組みですよね。

コンビニの経営方法のマニュアルを作り、他の人(フランチャイズのオーナー)にやらせれば、確実にロイヤリティが入ってくる。

また、チェーン店も同様で、経営の仕方は1号店のやり方を踏襲すれば、ある程度、確実に収益が見込めます。

■スタンプの発想

これは、ある特定のやり方で上手く言ったら、そのやり方をどんどんコピーして別の場所や別のプロジェクトに適用してしまうやり方です。もちろん、その土地やプロジェクト特有の事情はあるものの、基本的には同じやり方なので、成功する確率は、初めてやるよりときも格段に高いものになります。

私はソフトウェアの開発部署を担当しているのでわかるのですが、ソフトウェアと言うのは、開発するときは大変なのですが、一度作ってしまえば、同じものを別の部署や工場に展開するのは鼻歌を歌いながらでもできます。だってコピーに労力はかからないので。

ソフトだけではなく、開発をするプロセスがしっかりしていれば、バグの作りこみや、リリース後のトラブルというのも格段に減ってきます。

こういうのを更に一般化したものが PM(プロジェクトマネジメント)や CMMI といったプロセス標準ですね。代表的なのが PINBOK。

つまり、うまくいくやり方を見つけたら、それは一生食っていく事ができる方法論に出来るということです。
別に世の中では当たり前のことでも構いません。あなたの会社では誰も知らないことかもしれませんので。

私はこれを

 スタンプを作る とか スタンプを発想する

とか呼んでます。

要は、一度やってうまく行ったことの、プロセスをしっかり見つけてしまえば、あとは、そのやり方を繰り返しているだけなので、一生懸命考えたり、思わぬトラブルに巻き込まれたりしてじたばたすることがどんどんなくなっていって、最後は放置しておけば結果だけ出るような形になるわけ(究極の形ですが、いまだその状態になったものは経験がありません)。

■振り返りと一般化

これはどうやって見つけていくくかというと、過去記事でも何度か触れてます。


 5年前の自分にアドバスを送る
 フィードバックする仕組み
 仕事効率を上げる基本ルール(技術編)
 時間の定期点検
 行動を組み込まなければ成果はあがらない

 1ポイントアップの質問
 KeepDo!
 エッセンスを抜き出す
 プロジェクトのリスク
 ムダな仕事と仕事のムダを総点検する
 万善簿
 5項日誌(1)
 
などなど。

要するに、うまく行ったこと、うまく行かなかったことを振り返って、そのポイントを一般化して考えることです。

振り返りは GTD などで「レビュー」と呼ばれてまして、やり方が書いてありますが、どのように一般化するかについてはあまり詳しく触れられていません。

ここは経験がモノを言うんですね。実際に経験したことではなく、振り返りをたくさんした経験です。

その中で、複数個の事象から、同じ部分を抜き出すと一般化したことになります。

たとえば、

 「20歳になった花子は太郎が好きになった」
 「20歳になった桃子は太郎が好きになった」
 「20歳になった梅子は太郎が好きになった」

という3つの事象を一般化すると、

 「20歳の女性は太郎が好きになる」

と、一般化出来るわけです。あるいは、「"子"のつく女性は太郎が好きになる」でも構いません。ここは個人の経験と能力によるものですし、環境にも左右されます。

過去形「好きになった」が断定形「好きになる」に変わっていることにも注意してください。過去の経験から一般論を導くポイントのひとつです。

だから、たくさんの振り返りをして、記録をして、さらにそれを大枠で捉えるための、振り返りの見直しが必要になるわけですね。

記録しないと忘れちゃうのは、私の頭がお花畑なせいなのかもしれませんが。
※とくに、失敗したことなどは。

■スタンプにする

一般化したら、これを行動のチェックリスト(や手順書、マニュアル)に落としていきます。これは以下の記事に書きました。

 アクションレビュー

これはあなたのすごい差別化要素になりますよ。
あとは、この手順書にそって行動するだけで安全に成果を生んでくれるのですから。


◆このテーマのおすすめ図書



この世界の片隅に上

ジェフ・ポーカロの全仕事レビュー&奏法解説でグルーヴの秘密を探る



■同じテーマの記事

時間を測定する

過去記事でも紹介してますが、ドラッカーや様々な時間術の紹介でかならず必須と言われるのが、自分の時間の使い方を記録することです。ところが、これをやってみると、つけ忘れたり、適当に記入したりして、本当に精度は上がりません。昨日、レポートを書くのに、何時間かかったかなんて正確に覚えてはいませんし、見積もりに合わせたいという意志も働くので、多すぎるか少なくすぎるかのどちらかです。割り込みがはいって一時中断しようものなら、もはや記録した時..

アクションレビュー

前フリ本を読んだり、誰かと話していたりした時に、「あ、これをやるといいな」と思えるものに出会う時があります。たとえば、本に「毎日業務時間の記録をつけるといいよ」と書いてあり、これに納得したら、そうだ、業務時間記録をつけようと思うわけですが、往々にして数日で忘れてしまう。あるいは、だんだん面倒になって、やらなくなってしまう、というのがしょっちゅうでした。これでは、読書をしても自分の行動に結局変化が無いことになり、読書の効果はなかったということになります。これでは読書..

「ツァイガルニク効果」は身体に悪い?

よく、お酒の場で、過去の失敗について盛り上がることがあります。「あの時は大変だったよな〜」などと、同じ場面を経験した人と盛り上がったりして。ツァイガルニク効果いつものように、Wikipedia より。ツァイガルニク効果ツァイガルニク効果(ツァイガルニクこうか、Zeigarnik effect)とは、人は達成できなかった事柄や中断している事柄のほうを、達成できた事柄よりもよく覚えているという現象。ドイツのゲシュ..

スタンプを作る

セブンイレブンなどのフランチャイズやチェーン店というのは、やる側(セブン-イレブンならセブンアイホールディングス)にとってはすごく楽な仕組みですよね。コンビニの経営方法のマニュアルを作り、他の人(フランチャイズのオーナー)にやらせれば、確実にロイヤリティが入ってくる。また、チェーン店も同様で、経営の仕方は1号店のやり方を踏襲すれば、ある程度、確実に収益が見込めます。スタンプの発想これは、ある特定のやり方で上手く言ったら、そのやり方をどんどんコピーして別の場所や別のプ..

仕事効率を上げる基本ルール(ノート・メモ編)

仕事の効率を上げる基本ルール過去記事で、仕事を早く終わらせるためのヒントを幾つか書いてきましたが、これらに基本ルールがあります。この基本ルールは私が適当に書きためたものなので、人によってはこの真逆であったり、ちょっとだけ違ったり、別のポイントがあったりすると思います。ルールを言語化して、チェックリストとして日次/週次レビューの時に振り返ると反省点がたくさん出てきます。その改善をしていくことで自分の仕事の効率向上や成果向上に役立ちます。ルールを書き出して、それをチェッ..

フェニックスチェックリスト:適切な質問は発想力を刺激する

質問というのは、課題を解決していくための重要な要素になります。「×××をしてはいけません」ではなく「どうしてそうしようと思ったのかな?」「どうして、そうする必要があると思いますか?」相手になにか考えさせ、そこから答えにたどり着いてもらおうと思うのであれば、どうしてもこういう「問いかけ」を多用することになります。質問されると、思考をその質問の方向に持っていかないと答えが出ません。「どうして」質問されれば、「なぜなら」と、その..

Winodwsショートカット

Winodwsのファイルへのショートカットのプロパティを開くと、「ショートカットキー」という項目があるのにお気づきのかたも多いと思います。これ、活用するとすごく便利なんですよ。よく使うファイルにはショートカットキーを割り当てるほぼ毎日開くファイルやフォルダってありますよね。私の場合はJOB.xlsに仕事関係の必要な情報を書き込んで、何かあるとこのファイルを更新します。たとえば、・××プロジェクトの議事録ファイルのありか・ちょっとやる気になる格言・自分のミッ..

5項日誌(2)

今日は5項日誌の各項目の説明です。実際にそれぞれの項目は過去記事などで説明してますが、ひとつづつ意味や由来がああります。ただ、それを詳しく書くと1ヶ月も記事を引っ張ることになりますので、簡単に説明してます。全体像とりあえず、昨日の復習ですが、定型書式の全体像はこんな内容でした。行動チェックリスト5項日誌読書記録発見/企発/課問/決断豆論文/お題総括行動チェックリストここは、朝会..

5項日誌(1)

過去の記事で、日誌を書くという効果について何度か触れたことがあります。今日は私の日誌の書き方を紹介します。5行日記私の日誌の書き方の基礎になったのはこの本『あなたを天才にするスマートノート』。ここに出てくるのが、この「5行日記」という考え方です。ノートの1日1見開きページをつかって、今日の出来事を5つあげる。ただそれだけの日記の書き方です。ちょっとだけ、書くルールがあります。・名詞と動詞をつかって完全な文にする・5つ書く・ノートの右のページに書く・嘘..

人生をより良くするためのリストを作る

過去記事で、いろいろなリストについてご紹介してます。やりたいことリストやることリストとやらないことリストタスクリストを整理するプロジェクトのやるべきことリストミーティングチェックリスト読みたい本リスト行動チェックリストをつける自分が得意な仕事の仕方を知る方法2:仕事のやり方の特徴チェックリスト発想法:フェニックスチェックリストこれだけではなく、もっと一杯リストがあります。リストというのは、応用範囲が広くて、扱い..



posted by 管理人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | プロセスマネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック