異業種交流会は開催するもの








■異業種交流会に意義はあるか?


「勉強会や交流会でほんとうの人脈なんてできない」

結構多くのビジネス書に書いてあります。

ある一面、そのとおりだと思います。

ただし、ある一面だけ。

こういった発言の発信者は、たいてい会社社長であったり、本を何冊も出版しているコンサルタントであったり、早い話が、実力もあれば地位もあるエリートなのです。

凡人のサラリーマンにとってはどうでしょうか?

私の会社は従業員だけで世界中に数万人います。ですので、部門間交流であったり、グループ会社交流であったり、いろいろな交流イベントを設けています。

そこで知り合った人と雑談や仕事の悩み相談などから、さまざまなヒントを貰って、成果に結びついたことも一度や二度ではありません。一緒にプロジェクトを立ち上げたこともしばしば。

なにしろ、ただのサラリーマンなので、社長やコンサルタントのように広い人脈や交流を持っているわけではないんです。
そういう人達から見れば、勉強会や交流会なんて、結果に結びつく確率はやたら低いし、ましてや「名刺を配っているだけ」と揶揄する程度の内容であれば、塵芥(ちりあくた)を見る如くでしょう。

勉強会や交流会で出会う人というのは、仕事が重なっているわけではありませんので、直接的に仕事に答えやヒントをくれるわけではありません。しかし、その人の何気ない一言が問題をふっ飛ばして成果に結びつけるインパクトを持つことも少なくないんです。




■不明確な目標を継続できる力


他の記事でも時々書いてますが、サラリーマンの仕事力は

 ・自分の専門を持っていること
 ・自分の専門外のことを専門にしている人とつながりがあること
 ・仕事のハブになれること

が最も重要。

それに比べれば、仕事を効率的にこなすことなど、それこそ塵芥。

そのためには、自分が主催者になって勉強会や交流会を実施することがもっとも勉強になります。
そして、主催者になると、参加者とのつながりはもっとも強力になります。

これを利用しない手はない。

ところが管理職になっても、「主催者」というのがデキない人がおおいんですね。
それは、参加者として参加した経験がないから、主催者が何をすればいいのかわからないんです。

ましてや、勉強会だとか交流会などという、成果や日程がはっきりしていないものを継続することができないんです。

いろいろなビジネス書を読みあさりましたが、こういうことのノウハウが書いた本というのも少ないですね。
たぶん、文章にできないスキルなんですよ。

私の事例ですが、「別の部門とのお互いの仕事に関して理解を深めよう」という活動をある管理職にやらせたのですが、3回ほどやってギブアップしてきました。
もちろん、その部門の部門長と私で今の組織上の課題として挙げた問題点を解決するための方法のひとつだったのですが、ものの見事に…。

こういう、不明瞭な目的に対して、それを具体化し、両方の部門に関わるテーマを考えだして、みんなで討議させるというスキルは、本当は管理職として是非身につけてほしいスキルではあるのですがね…。

こういうことを、他の人がやっている勉強会や交流会で勉強してほしい、と切に願ったりします。

■交流会は主催者になる


どうやったら勉強できるかというと、勉強会や交流会などの主催者グループに入ることです。

いきなり出来るようにはなりません。

他の人がどうやってやっているかを、まずは参加者として学び、それから主催者グループに入って、どういう経過でこういうことを決めていくのかを勉強して、やがて本当にそれを主催できるようになるんですね。

あなたがもし、勉強会や交流会に参加していないのなら、是非参加してみてください。
ただし、単に参加者として名刺を集めるのではなく、「自分が主催できるようになりたい」という目的を持って参加してください。

あなたのすごいコアコンピタンスになりますよ。できない人が多いんですから。




■同じテーマの記事

努力と成果は比例しない。その2

昨日は、パレートの法則というのをご紹介しました。一言でいえば成果の8割は、あなたの努力の2割から生み出されているというものでした。じゃぁ、今までの2割しか仕事をしなくていいかというと、そういう問題でもないのが難しいところ。今の成果は確かに、2割分の仕事の結果で生み出されているけど、将来の成果は残りの8割の中にあるかもしれない。だから、残り8割もやめるわけにも行かない。となってしまいます。成果に焦点を当てるただ、よくよく考えて見れば、大した成果もでそうもな..

上達のコツは続けること、続けるコツは続けること

このサラヒン〜サラリーマンの仕事のヒントを始めてからなんと5年が過ぎました。その間、シゴトコンパス〜サラリーマンの仕事の羅針盤を始めたり、メルマガを始めたりと、我ながらよく続いたなぁ、と思ってしまいます。以前は自己評価では「3日坊主」だと思っていたのですが、驚いたことに、ほぼ毎日記事を書くことができています。※公開作業は平日にはやれないので、土日にまとめて5記事をアップする方法を取ってますが。案外、やってみればできるのかも、ですね。続けるコツもちろん、10年..

書類は立てて保管する

デジタル化が進んできて、「書類を見る」という行為も、PC で Word ファイルや PowerPoint ファイルを見ることみたいになりましたが、ウチの会社ではまだ多少は、紙の書類も現役です。たとえば、回覧資料、社会動静をまとめたスクラップブック、提案書(捺印の必要なもの)など。書類を書類棚から探す過去記事で何度か書いてますが、探すという行為は成果にはなんの影響もありません。探した結果だげが成果に結びつきます。したがって、探さ..

SE-ScreenSaversデスクトップ時計のスクリーンセーバー

過去記事時計のスクリーンセーバで≪時計スクリーンセーバー≫をご紹介しましたが、どうも更新が止まっちゃっているみたいで、今年の分がありません。仕方がないので、新しい時計を表示できるスクリーンセーバーを探してみましたので、ちょっと共有。SE-ScreenSaversSaversとなっているように、単体のスクリーンセーバーではなく、いろんなスクリ..

面接のベストアンサー

私が過去に採用面接や昇級・昇格面接で経験した「これは!」という問答をちょっと紹介します。質問:あなたの職歴・経験について教えてください普通の答え年に××社に入社しまして、部に配属されました。その後、年に部に移籍になりを担当しました。⇒勝手な感想そんなこと履歴書に書いてあるじゃん…グッドアンサーこれまでの職務経験でお伝えしたいことは3つあります(指を折りながら)。一つ目が、年に××社の部で経験したことですが、についてをし..

努力と成果は比例しない。その1

たとえば、昨日一番頑張ったことは何でしょうか?それに見合う結果が出ましたか?普通、サラリーマンをしていると、短期的に成果が出るものは多くありません。また、営業職でもない限り、具体的な成果として数値が上がるものでもありません。なので、時々話をしていて「あ、この人、成果について考えてないな」と感じる時があります。そういう人は多くの場合、「真面目ないい人」なんですよ。どういう時に気がつくかというと、「『なんでもすごく一生懸命』やる」という行動をしている場合です。すごく一生懸..




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック