アクションプランには軌道修正が必要




★――――――――――――――――――――――――――
アクションブランなくしては、すべてが成り行き任せとなる。途中でアクションプランをチェックすることなくしては、成り行きの中で意味のあるものとないものとを見分けることすらできなくなる。

P.F.ドラッカー著  『経営者の条件
――――――――――――――――――――――――――★


計画(アクションプラン)とは「これで達成できるはず」という仮説のもとに立てられた実証活動です。

したがって、仮説が間違っている場合や、その実証に不足な点が見つかる場合があります。

それを、「計画だから」とひたすらに計画にあるアクションプランをやり続けるのは愚の骨頂です。

ドラッカーはこの点を「成り行き任せ」と表現しています。

つまり、

 ・やってみて
 ・成果に結びつきそうかを検証して
 ・正しければ続け、違っていれば別のアクションプランを立て直す

ことが成果にたどり着く方法なわけです。

計画(アクションプラン)にしがみつくのは無意味です。

計画は、そのマイルストーンごとに、目標に対して成果が出るかどうかを検証し、その検証によって、次のアクションは変えなければいけません。

検証は2つの点において行います。

 ・質 ― 成果に対して現在の方向性は妥当か
 ・量 ― 成果に対して現在の中間状態は十分な位置にあるか

すなわち、ベクトル(方向と長さ)を判定しないと、ゴールにはたどり着けないか、たどり着いても「遅い」「工数がかかりすぎ」という事になります。

常にマイルストーンを意識して、アクションプランの質と量をチェックしましょう。





■参考図書 『経営者の条件



ドラッカー・エターナル・コレクション第一弾。
絶大な人気を誇る不朽の名著。成果をあげるためにいかなる行動をとるべきか。己の強みを知り、時間を知り、なすべきこととなさざるべきことを知る。すべての知識労働者に必須の書。


●関連 Web
 ビジネスリーダー講座-日経ビジネス
 3分間ドラッカー―ダイヤモンド・オンライン
 経営者のバイブル ドラッカーを学べ―WizBiz
 ピーター・ドラッカー - Wikipedia
 3分間でわかるドラッカー−「経営学の巨人」の名言・至言

●関連記事
 目的に立ち返る
 段取りがよくなる段取りシート
 ManicTime
 欲しいものを考える
 やらない勇気
 面接質問「どんな貢献ができますか?」
 優先順位をつける
 ドラッガーのセルフマネジメント
 すぐにやる(ドラッガー 経営者の条件)
 ドラッガーの時間管理
 時間の記録
 目次
 目標は自分だけが管理できる
 ドラッカー365の金言:組織の精神はトップから生まれる
 人を動かす:罰則は「前向きさ」を失わせる
 意思決定をする
 知識とは「何かを変えるもの」
 好き嫌いで仕事をしてはいけない
 自らをマネジメントする
 時間の浪費をやめる
 機会をつかむ準備をする
 問題は行動によってのみ解決される
 計画を振り返りましたか?
 目標を達成するには時間配分に気をつける
 習慣の力を活用する
 アクションプランには軌道修正が必要
 計画を作りたければ、まず期限を決める
 ドラッカー名著集1 経営者の条件
 仕事効率を上げる基本ルール(技術編)
 行動を組み込まなければ成果はあがらない
 仕事脳は回転の早さではなく体系化
 時間の定期点検
 一般的な問題、例外的な問題
 行動に転化する
 時間は常に奪われる
 やめる・かえる・へらす
 決定しないという決定
 成果を上げる5つの条件
 フィードバックする仕組み
 時間を分析する
 意思決定をする習慣
 時間を創造する
 時間の定期点検
 時間を塊にする
 目的を明らかにする
 人に任せる
 意見から始める
 時間の使い方を記録する
 ビジネス書名著目録(必須図書)





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

経営者の条件
著者 :ピーター・ファーディナンド・ドラッカー

経営者の条件
検索 :最安値検索
経営者の条件
検索 :商品検索する

●このテーマのおすすめ図書


ドラッカー名著集2現代の経営[…

ドラッカー名著集3現代の経営[…

創造する経営者(ドラッカー名著…

ドラッカー名著集14マネジメン…

ドラッカー名著集15マネジメン…

ドラッカー名著集13マネジメン…





posted by 管理人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 巨人たちの言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック