問題を隠すな、素早く処置せよ




仕事にはミスや失敗がつきものです。

「ミスも失敗もしたことがない」という人がもしいるならば、きっと超人なのでしょう。
こんな記事を読む必要はありません。

■ミスは当然

ミスや失敗はあって当たり前です。

大切なことは、ミスや失敗をしたあとの行動なのです。まわりがミスや失敗に気づかないうちにさっさとリカバーしてしまえば、ミスも失敗も「なかった」ことと同じです。

それなのに、たいていは、ミスや失敗をすると、とことん落ち込んでしまったり、中にはそのミスや失敗を隠蔽したり、パニックになったりして「二次災害」を引き起こしてしまうケースも少なくありません。

ミスや失敗をすれば、「しまった!!」と思うし、それによって緊張します。

 なんとかしなくちゃ

これはミスや失敗が人間にとって命取りだった頃の名残だそうです。

しかし、その人の真価は、「ミスや失敗のあと」にどういう行動をするかでわかります。

■ミスのあとの行動

では、仕事ができる人はミスや失敗をしたときに、どう対処しているのでしょうか。

 「大火事にならないよう小火(ボヤ)のうちに消せ

これに尽きます。

小さなミスや失敗をきっかけにして大きなミスや失敗へと傷口が深くならないように、傷口が浅いうちにきっちり止血することが大切なのです。

そのために大切なことは「隠蔽しない」「反省しすぎない」ということです。

◆隠蔽してはいけない

「隠蔽」するのは言語道断ですですね。

隠ぺいするためには何らかの嘘をつかないといけなくなります。嘘をつくと、事実との辻褄が合わなくなります。つじつまを合わせるためにさらに嘘をつく必要が出てきます。

結果、隠蔽し通せるなら努力のかいはありますが、バレた時には、あなたは「嘘つき」になれます。

第一、隠蔽しようとする努力は、あなたの成長にとって何も効果がありません。
つまり、

 無駄な努力

でしかありません。

しかし、だからと言って、「ふれて回れ」という訳ではありません。隠すための努力をしないということです。

◆反省しすぎてはいけない

他の記事で、日誌などをおすすめしてます。

ここには、自分の失敗や課題を書くことが重要とも書いてます。

しかし、「反省」という項目はありません。

無論、「反省」するのは大事ですが、いまは反省している場合ではありません。

 リカバーに全力を尽くす

これがもっとも優先してやるべきことです。

自分一人では対処できそうもなければ、上司や先輩、同僚に事情を話してチームで対処して解決する。

反省はあとでいくらでもすればいいのです。

ミスや失敗は最初に解決しなければならないトラブルです。優先順位の筆頭は、このトラブルをリカバーすることです。

こんな当たり前のことをわざわざ指摘しなければならないのは、ミスや失敗をすると反省して、落ち込んでしまい、当事者にもかかわらず、リカバーのための「戦力」にならなくなってしまうことが少なくないからです。

当事者としてミスや失敗をリカバーするために最も働かなければならないのに、使い物にならないようでは話になりません。

■心のスイッチ

仕事ができる人は「心のスイッチ」を切り替える達人です。
ミスや失敗でめげるのは「一瞬」です。少なくとも表面上は。

そして、これからの仕事で必ず取り返してやると「覚悟」を決めることです。
こぼしてしまった牛乳はコップには戻りません。過去は過去。それ以上でもそれ以下でもありません。
もう戻らないことにクヨクヨしたって何も生まれません。

スイッチを未来に向けて切り替えましょう。

しかし、そうはいえ、やっぱり大失敗をした瞬間などは、心に残ります。
夜、寝ようとしてフラッシュバックすることも少なくありません。

でも、表面上は、未来に向けて、「どうするのか」を考えましょう。
自分を責めても、何も変わらないのだらか。

■言ってはいけないセリフ

あなたがもし、誰かを指導・教育する担当だったり、管理職だったりしたら、こんなセリフを言ってはいけません。

 「こんなくだらないミスをどうして起こしたのか?」
 「こんなこともできないなんて」

これは、結果を責めるばかりで、この失敗をどうリカバーするか、次にどう活かすかの視点がありません。
単に、失敗したことに対する傷口に塩を塗ってるだけですね。


■同じテーマの記事

疲れてきたら「いつもの」にする

「ちょっとストレスが溜まってきているな〜」と思ったら、考えるのをやめてみると、ちょっと楽になります。ストレス反応と自動行動難しい仕事やボリューの多い仕事を振られて、まいにち一杯一杯の状況が続くと、疲れてきます。私の場合は、過去にそれで会社にいけなくなって、いわゆるウツ病というのでしばらくお休みをしました。そこから反省して、ストレスがたまりかけてきたら、ストレスを抜くということを積極的にやるようになりました。ポイントは我慢しない..

書類は立てて保管する

デジタル化が進んできて、「書類を見る」という行為も、PC で Word ファイルや PowerPoint ファイルを見ることみたいになりましたが、ウチの会社ではまだ多少は、紙の書類も現役です。たとえば、回覧資料、社会動静をまとめたスクラップブック、提案書(捺印の必要なもの)など。書類を書類棚から探す過去記事で何度か書いてますが、探すという行為は成果にはなんの影響もありません。探した結果だげが成果に結びつきます。したがって、探さ..

昇進面接:なぜ昇進が課長止まりなのか

毎年、社内の昇進昇格の面接官をやってます。課長止まり多くのサラリーマンは長年務めると、「長」のつく役職にあがるか、その直前くらいまでにはなります。ただ、そこから上に行くためには、かなり厳しい。いわゆる「ピーターの法則」ってやつですね。でも、それだけじゃないんですよ。いろいろな人の面接をしてきて、簡単に合格レベルだと判断できる人は実際ごくわずかで、結構みんな「ん〜。どうしよう」って悩みます。もちろん、ポストの数の問題というのもあります。課長以上のポストというのは簡単に..

待ち時間で整理整頓清掃清潔

ちょっとしたスキマ時間に、すぐに始められて短時間で終わる作業を持っておくといい、とはよく言われます。じゃあ、「今から3分あります」と突然言われて、3分で終わることができる仕事ってどのくらいありますか?私はよくメール処理をするのですが、たまたま読んだメールが考えないといけないようなものだったりすると、3分が10分でも終わらないことがあります。3分と最初は思ったけど、実際に空き時間は2分になったり10分になったり変動するものです。そ..

上司の指摘は積極的に改善する

「あなたの強みはなんですか?」自己啓発やキャリア形成などのセミナーでよく言われることですし、多くのビジネス書にも「自分の強み・弱みを知りなさい」と書いてあります。自己分析の方法なども過去記事ではご紹介してますが、会社であなたの強みと弱みをもっとも知っている人に聞いてみるのはどうでしょう?上司に聞いてみる私は、上司との成果面談&目標面談(年にそれぞれ1回あります)のとき、どちらかで(成果面談のときが多いですが)「私のいいところ..

マウスのホイール操作をマウスカーソルのあるウインドウに適用する

ブラウザーとメールを立ち上げておくなど複数のウインドウを表示して作業をしているときに、マウスのホイール操作をしたら、別のウインドウがスクロールして、イラッとしたことありません?Windows のアクティブウインドウって目立たないWindows って、いろいろな操作をするときに、その対象はアクティブになっているウインドウに対して行われます。当たり前ですが。ここで問題になるのはマウスカーソルはアクティブなウインドウの上にあるわけではないけど、マウスカーソルがあるとそれが..

いま調べなさい、あなたの時間は無限ではない

会議などで、「ちょっと確認して、後ほど報告します」「じゃ、宿題ということで…」なんていう会話がよくあります。ちょっとで済むことをあとでやるの?でも、よく考えてみれば、「確認すること」自体に時間がかかるわけではありません。たとえば、「さんに電話をして聞く」とか「××ファイルに書かれたスケジュールをチェックする」みたいな作業が意外と多いんですよ。もし、その作業を5分で終われると思ったら「あとで」と言わずに「5分お待ち下さい」と言ってしまったほうが簡単に済みま..

SE-ScreenSaversデスクトップ時計のスクリーンセーバー

過去記事時計のスクリーンセーバで≪時計スクリーンセーバーhttp://homepage3.nifty.com/~phoenix/download/soft/ss_clock.htm≫をご紹介しましたが、どうも更新が止まっちゃっているみたいで、今年の分がありません。仕方がないので、新しい時計を表示できるスクリーンセーバーを探してみましたので、ちょっと共有。SE-ScreenSaversSaversとなっているように、単体のスクリーンセーバーではなく、いろんなスクリ..

ドラッカー:リーダーシップ力診断

本日は、『まんがと図解でわかるドラッカー リーダーシップ論』から、ドラッカー流リーダー力診断をご紹介します。以下のリストにある項目に、そう思うなら「はい」、そうでないと思うなら「いいえ」で答え、「はい」の数を数えてみてください。・リーダーは、自分の得意分野に優秀な人材を集めることで組織に「強み」を作るべきである・リーダーは意思決定を下したら、あとは全て現場に任せること。役割分担が大事..

時間を測定する

過去記事でも紹介してますが、ドラッカーや様々な時間術の紹介でかならず必須と言われるのが、自分の時間の使い方を記録することです。ところが、これをやってみると、つけ忘れたり、適当に記入したりして、本当に精度は上がりません。昨日、レポートを書くのに、何時間かかったかなんて正確に覚えてはいませんし、見積もりに合わせたいという意志も働くので、多すぎるか少なくすぎるかのどちらかです。割り込みがはいって一時中断しようものなら、もはや記録した時..

添付ファイルのパスワードをメールに書いてはいけない

メールに添付ファイルを付けるとき、パスワードで保護してますか?まあ、送信先を間違えて、相手にそれを見られたとしても困らないようなファイルはかまいませんが、イマドキ、インサイダー情報になりそうなものや個人情報に関するデータは、何らかの保護をしているというポーズも必要みたいですね。ポーズだけ?大抵「これってポーズだけ?」と思える原因が、パスワードは別メールにてと書いておいて、自分のメールに全員返信をつかってパスワードを送付してく..



posted by 管理人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知的生産術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック