リーダーが習慣にするべき6つのこと




ちょっと一面的な気もしますが、これはアリかもと感じましたのでご紹介。

★P103〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
●リーダーをきわめる道
リーダをきわめる道は二つあります。
ひとつは知識の豊富な人や、才能のある人達と交流すること。
もう一つは世界中の様々な分野の本を読むことです。

ですが仕事が忙しくて、それほど多くの人に会ったり、
本を読んだりする時間はないとおっしやるならば、
次の六つのことを習慣にしてみてはいかがでしようか。

1.そもそもこの組織は「なんのために存在しているのか? 」を考えること。
2.今、自分が与えられている役割の中で「最も重要な果たすべき責任はなにか? 」を考えること。
3.「この組織が大好きで、尽くしてくれる人」が成長できるチャンスを作ること。
4.「最近うまくいつている事例」を情報収集すること。
5.何者かが自分たちの領域を侵さぬよう、外の動静を見張ること。
6.いつでも、従業員とお客さんを愛すること。それを第一に考えること。

池田貴将 著     『覚悟の磨き方
――――――――――――――――――――――――――――★


この中で、一番賛同できたのが1番めの「そもそも」。

■「そもそも」を考える

組織にかぎらず、プロジェクトであれ、自分の仕事であれ、「それ」が本質的に期待されていることや、その存在意義を考えるというのは、

 軸を作る

という意味において非常に大切なことだと感じます。

別にリーダーでなく、イチ担当者であっても同じことです。

こういうのを考えている人というのは、いろいろな意見に左右されず、

 何が枝葉末節で、何が本質なのか

が判断できます。枝葉末節なことについては、「別にどうでもいい」という判断が可能です。

そこをぶらしたら、判断や行動はその時の環境や状況に振られて迷走します。

私も度々、プロジェクトを迷走させた経験から、

 そもそも○○とは

を常に頭のなかにおいて対応をするようにしてるつもりです。
※それでもやっぱり、問題対応をしているうちに、そこがすっぽり抜け落ちて、気が付くと全然別のことをしていた、なんてことが度々ありますが。その都度、「いかん、いかん!」と反省してます。

「そもそも」を忘れないようにしないといけないですね。

■考えたことを言語にする

考えたら「終わり」だと、忘れてしまいますし、その時の(気持ち・環境)状態によって微妙に変わってしまう時があります。
だから、その「ハードコピー」をとっておくことです。

ハードコピーとは、どのように考えて、最終的にどうなったかを言語にして残しておくことです。
手帳でも、プロジェクト起案書にでも構いませんが、

 いつでも見返せるように言葉にして書き残しておく

ことです。

言葉にしようと思うと、その単語を知らなければいけませんし、その単語の意味についても深く考えないといけません。
その作業こそが、イメージを明確にするための必須の作業です。




■参考図書 『覚悟の磨き方

 
不安と生きるか
理想に死ぬか


外国の文明を学ぼうと、死罪を覚悟で黒船に乗り込もうとした。
幽閉の処分となると、小さな塾を開いて、高杉晋作や伊藤博文など、後の大臣や大学創設者になる面々を育てた。
誰よりも遠くを見据えながら、幕末を熱く駆け抜けた天才思想家・吉田松陰。

彼の「心」「志」「士」「友」「知」「死」日本史上、最も熱くてリアルな人生哲学が世代を超えて心に響く、強くてやさしい言葉でよみがえる。




◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

覚悟の磨き方
著者 :吉田松陰

覚悟の磨き方
検索 :最安値検索

覚悟の磨き方
検索 :商品検索する



●関連 Web
 吉田松陰 - Wikipedia
 幕末の奇人・吉田松陰から学ぶ「狂うことの大切さ」 - Naverまとめ
 覚悟の磨き方-Book Vinegar

●本書を引用した記事
 やらない勇気
 部下を持つ人の4つの「ない」
 ゴールを設けてはいけない
 「使えない部下」がいる理由
 覚悟の磨き方
 リーダーが習慣にするべき6つのこと

●このテーマの関連図書


吉田松陰「人を動かす天才」の言葉:志を立てることから、すべては始まる(知的生きかた文庫)

人間力の磨き方

吉田松陰留魂録(全訳注)(講談社学術文庫)

超訳吉田松陰語録ー運命を動かせ

吉田松陰松下村塾人の育て方

未来記憶





■関連する記事

部下を持つ人の4つの「ない」

この4月で昇進された方も見えるのではないでしょうか。遅くなりましたがおめでとうございます!!管理職になられた方も見えると思います。いままで管理される側だったのが、管理する側になると世界が変わって見えますよね。私もそうでした。初めて部下を持った時、いままで同僚として、後輩として一緒にやってきたのに、今日からは、部下として彼の成長に責任を持たないといけないし、その人の「できる」具合を評価しないといけない。下手をすればその人の一生を決めてしまう判断をしないといけない。..

人を動かす:笑顔で電話しなさい

巨人たちのお言葉シリーズをお送りします。本日の巨人:デール・カーネギー本日のお言葉:笑顔で電話しなさいお言葉の出典:『人を動かす』笑顔で人に接する人とそうでない人の効果の違いは、説明するまでもありません。デール・カーネギーは、顔が見えない電話でも「笑顔で電話しなさい」と述べています。笑顔の効果は強力である。たとえその笑顔が目に見えなくても、効果にかわりがない。アメリカ中の電..

人望が集まる人の考え方:相手に注意を与えて成果を上げるための7つのルール

相手が誰であれ、注意をするというのは気が重いものです。これを言って、「相手が感情的になったりしないだろうか」とか「関係にヒビが入ったりしないだろうか」という心配があります。だからこそ、いろんなビジネス書で、「注意をする」「意見をする」ということについて、いろんな処方箋が書かれています。本日は、対人関係について書かれた本『人望が集まる人の考え方』の一部をご紹介。これは、ある人から原書を紹介されて、お気に入りになってた本の一冊なので..

人を動かす:相手が優位であることを探す

巨人たちのお言葉シリーズをお送りします。本日の巨人:ディール・カーネギー本日のお言葉:心からの関心を示せば、協力をしてもらえるお言葉の出典:人を動かす人からなかなか協力をしてもらえない場合や、提案を受け入れてもらえない場合があります(少なくありません)。もちろん、そのお願いや提案が間違っている場合も結構ありますが、もうひとつの理由は、あなたがその提案にしか関心がないからかも知れません。..

相手に勝たせると味方ができる

仕事の成果をだすための大きな要素の一つが味方という要素です。論理的に正しくても提案は受け入れてもらえないおそらく経験済みだと思いますが、論理的に正しい提案が認められるとは限りません。というか、「論理的に正しい」というのは理屈上はありえますが、現実にはあらゆることはいいところも悪いところも併存します。どんな提案であっても、悪いところは存在するので、そこが大きい(悪影響が大きい)と判断されてしまえば、その提案は却下されます。じゃ..

覚悟の磨き方

内容を紹介した記事ゴールを設けてはいけない「人生に目標を持ちなさい」多くの自己啓発書で言われていることです。でも、実際に目標を持ってしまうと、自分の人生をつまらないものにしてしまう危険があります。たとえば、「この会社の社長になる」という目標は、達成できた(社長になった)時に、自分が何のために社長になりたかったのかが見えなくなってしまうからです。…続きを読む…リーダーが習慣にするべき6つのこと『覚悟の磨き方』によると、リーダーを極めるには6つのこ..

リーダーが習慣にするべき6つのこと

ちょっと一面的な気もしますが、これはアリかもと感じましたのでご紹介。リーダーをきわめる道リーダをきわめる道は二つあります。ひとつは知識の豊富な人や、才能のある人達と交流すること。もう一つは世界中の様々な分野の本を読むことです。ですが仕事が忙しくて、それほど多くの人に会ったり、本を読んだりする時間はないとおっしやるならば、次の六つのことを習慣にしてみてはいかがでしよう..



■同じテーマの記事

バッグインバッグを利用する

通勤にはリュックサックを利用してます。そのほうが両手があいて便利なのと、前に抱えるとそのまま肘掛けにできるので、電車の中で立って本を読むのに便利なんですよ。ただ、出張時や別会社へ行く時などはスーツにリュックサックというのも変なので、ビジネスバッグやスーツケースを利用してます。荷物の詰替えしかし、バッグを変えると、普段使っているものを入れ忘れたり、前日に詰め替えが必要になって意外と面倒です。そこで、重要なものや普段使うものは、バ..

わがままにスケジューリングする

もし調べられるのであれば、直近数ヶ月にした打ち合わせについてどこで打ち合わせをしたかを調べてみませんか?これが相手のオフィスや長距離の移動を伴うような場所であれば、あなたの時間効率の改善のねたになります。移動は価値を生まない製造の仕事でよく言われますが、移動することは価値を生まないです。製品を作るときに、何かを組み付けたりインストールしたりする作業は、その製品の付加価値を上げる方法のひとつなのですが、組付けをするために、部品の..

聞いてナンボ、パクってナンボ

わりと若い人に多いみたいですが、私が自力解決病と名づけている病気があります。単純に言えば、自分でなんとかしようとして、やり方がわからないとか、どこから手を付けていいかわからずに、ぐるぐる頭のなかで考えてる状態がとっても長い人。私なら、自分の経験や辞書のなかにないことがらなら、つまりやり方が分からなければ、数秒〜数分で諦めちゃいます。※それ以上集中して考えられないからかも知れない…その後は、考えるのをやめて行動を起こします。・..



posted by 管理人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 組織マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック