社会人になってからが本当の勉強



就職試験などで最初に見られるところは何でしょうか?

私が中途採用をしたり、派遣社員を受け入れたりするときに最初に見るのは

 最終学歴と表彰履歴、取得資格

です。

かつての高度成長期の日本では、「学歴」が大きく幅を利かせていました。昔ほどではないにしろやっぱりそういうのは残ってます。


今後はますます影響度が小さくなっていくのかもしれませんが。

ただし、学歴では能力は計れないのも事実です。

学歴が高いからといって、仕事ができる人であるというのは間違いですし、学歴が低いから仕事ができないというのも違います。

ただ、学歴を見るのは、その人が努力して得た成功体験だからです。

■成功体験が人を成長させる


人間は、努力して何かを得ると自信がつきます。自信がつくとさらに次の一歩を踏み出せるようになって更に努力します。
こういう成功体験がないと、どんどん成功から遠ざかるような行動を取るようになって、本当にできなくなります。

つまり学歴が高い、有名な学校に入学している、世間で一定のレベルの論文を書いている、難しい資格をとっているというのは、学力を見たいのではなく、どれだけ努力してどれだけ成功体験を積んでいるかを見たいわけです。

学生時代なんて所詮4年間。大学院まで行っても6年です。

ところが会社に入ってからは30年も続けないといけないんですよ。
継続するためにはエネルギーがいります。エネルギーの源(みなもと)は、自信や自負です。

何を続けるかって?

もちろん

 永遠に成長し続ける

ことですよ。




■引きこもりとウツ病


このブログでも何度か書いてますが、私自身ウツになった経験があるのですが、本当に自信がなくなります。
何をやってもうまくできるような気がしなくて、もう「自分なんか居ないほうがいいんじゃないか…」なんて考えたりします。

さらに、私の子供はいわゆる「引きこもり」でした。小学校からずっと。

色々なNPOの方や心理療法士、精神科のお医者さんとお会いして、お話を伺ったり、親子ともども指導していただいたりしていましたが、その中で特に印象に残ったのが、

 「この子には成功体験がない」

と言われたことです(小さな頃から引きこもる子は多くがそうだそうです)。

成功体験というのは、別に有名大学に合格するようなことではなく、「自分がほしいと思ったものを自分の力で手に入れ、それを他人(親)から認められること」だそうです。

 「大人でも同じか…」

と思ったりしました。これって自己実現と承認欲求だよね。

何かがほしいと思うのに、「自分の力では手に入れられない」と感じてしまうことが、外界との接触を持てなくなるトリガになるそうです。

■いくつになてっても成長できる


私はプログラムの開発が主な仕事なのですがが、若い頃には「プログラマ35才説」というのがあって、35才を過ぎるとプログラマとしては役に立たなくなるというのが当たり前のように言われてました。同じよな文脈で「人間が成長できるのは35才が限界であとはそれまでの蓄積を吐き出しながら〜」みたいな説も聞いたことがあります。

しかし、実際35歳を過ぎて40歳になっても、そして今でも、自分が成長していると感じています。

それは若いころの成功体験とそれを得るために努力したことに対する自信(盲信?)なのではないかと思ってます。

途中で諦めないよう、頑張りましょう。



■同じテーマの記事

社会人になってからが本当の勉強

就職試験などで最初に見られるところは何でしょうか?私が中途採用をしたり、派遣社員を受け入れたりするときに最初に見るのは最終学歴と表彰履歴、取得資格です。かつての高度成長期の日本では、「学歴」が大きく幅を利かせていました。昔ほどではないにしろやっぱりそういうのは残ってます。今後はますます影響度が小さくなっていくのかもしれませんが。ただし、学歴では能力は計れないのも事実です。学歴が高いからといって、仕事ができる人であるというのは間違いですし、学歴が低いから仕事ができない..

転職応募書類の書き方のヒント:減点対象に気をつける2

中途採用や新規派遣の時に、応募書類を確認するのですが、書類を見ていて「このひとちょっと不安…」と思うことがしばしばあります。実際に面接などであってみると(派遣の場合は事前に合うことはできません)、「なんだ意外と大丈夫そう」ということになることが多いのですが、もしかしたら、それが理由で面接まで進めていない人がいるのかもしれません。くれぐれも留意したいのは..

面接官の質問の真意―リーダーシップを問う

「あなたのリーダーシップはどのくらいありますか?」こんな直球な質問はしませんが、採用面接や昇進・昇格面接で面接官が聞きたいことの大きなポイントが、「リーダーシップ」です。これに対して、候補者はいろんな実績を説明して、「この人は採用(昇進・昇格)に値するリーダーシップがある」と判断してもらいたいのですが、これがなかなか難しいです。リーダーの経験がいないとリーダーシップの実績にはならない?特に、派遣の..

募集要項に完璧に目を通す

中途採用の面接をしていて、時々「ん?」と思うことがあります。本日ご紹介する本『書類選考は9割突破する』で、そのことが書いてありました。応募書類作成には、相当なエネルギーが必要です。それをムダにしないためにも、ある程度の絞り込みを行ったら、求人広告の記載内容のひとっずつに目を通してください。さらに重要なのは、求人広告の意味を正確に読み解くこと。これは自分に合う会社..

ゼロ秒思考1

今週は、『ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング』という本をご紹介します。ゼロ秒思考とは、あるテーマについて、即座に必要なことを考えることが出来るような事ができるようなトレーニングを「メモ書き」でしよう、という本。マッキンゼーで長期間活躍した筆者が、「誰でも、確実に頭が良くなる方法がある」として開発し、広めているやり方。場所も、時間も取らない。わずか1分のメモ書きを繰り返して、・考えていることを明確にすること・..

社長は君のどこを見て評価を決めているのか1

本日は、久しぶりにビジネス書のご紹介です。過去記事でも幾つかネタにしたものがありまして、実際経験としてこういったテクニックは役に立ちます。おそらくサラリーマン経験が長くなると、皮膚感覚としてわかるのでしょうが、なかなか文章にするのは難しいですし、それをこれだけ体系的に取りまとめるのも難しいので、今後会社の中であるレベル以上を目指そうとする方には、若いうちに知っておいて欲しい内容です。さすがに筆者が実際にコンサルタントをして得た会社社長の社員を見る傾向なので..

読書管理

あなたは興味のある分野の本をどうやって探しているでしょうか?よくビジネス書に書いてあるのは、「本屋さんをウロウロする」という方法です。これは、本屋さんで、興味のある分野のコーナーに行って、気になったタイトルの本をとりあえず手にとって見る、という方法で、確かに私も10年くらい前まではよくやってました。ところがだんだん行かなくなっちゃったんですね。まず、本屋さんに行っている時間がなくなったのが第1の原因です。休日は、1週間の振り返りをしたり、読んだ本の感想文を書いたり、家..

僕は君たちに武器を配りたい

本日は「僕は君たちに武器を配りたい」の書評。評価読みやすさやや分厚い本。300ページ。内容自体はそれほど難しいものではありません。オススメ大学卒業前から20代の方。30代以降の方が読んでも非常に勉強になります。コメント「そうだそうだ」と思わせるところと、サラリーマンとして反感を感じるところ両極端。基本的には、起業のすすめというところか。少なくとも、自分で自分の将来が決められる立場になりなさい、というのが主な主張であ..

勉強ができる人は優秀か?

自分は部下として20人を持っています。中には(某有名国立大学)修士課程卒業などという人もいますが、部下としてみたときに、学歴はほとんど関係ありません。残念ながら。理由はよくわかりませんが、たぶん目的意識の違いなのではないかと思います。つまり、仕事をすること自体を目的としている人と、仕事を目的を達成するための手段だとしている人の違いかと。で、入社2〜5年の人はほとんどが前者です。4年目を越えたあたりからだんだん違いが出てきます。..



posted by 管理人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック