過去と相手は変えられない




 「去年から××さんには言ってましたけど、何もしてくれなかったです」
 「自分は以前は○○をやっていて今の仕事は担当してなかったので、××に問題があると言われても…」
 「それ(問題)は気がついていて、昨年●●さんに依頼しましたけど、改善してないです」

「長」のつくような役を持っている人ですら、こういうことをいう人がいます。それも会議の場で。

こういうのを聞くとつい「イラッ」とします。なるべく抑えてはいますが、多分顔に出てるでしょう。

 「お前と話すのは時間の無駄だ! この場からでてけ!」

とつい言いたくなります(言ったことはないですよ。多分)。

■過去と相手は変えられない


以前の記事でも書いたような記憶がありますが、

  起きてしまった事実は変えられない

です。解釈ならいくらでも変えられますが。

ということは、ある課題や問題があって、それをどうするかという時に、過去に誰が何をしたかはその原因や理由を探ろうとする時以外、意味が無いんですよ。
それを延々と述べている人がいる。

 変えられないものを批評して何が良くなるというんだ?

※…とちょっと感情的な文章になってしまいました…。冷静に冷静に。

エリック・バーンという人の名言に

 過去と相手は変えられない
 変えられるのは、未来と自分だけである

というのがあります。まさしくその通り。

たとえば他人を変えられるとしたら、それは自分がその他人に対してどのような説得や働きかけをしたかによってであって、他人が変わらなかったことを責めること自体が、当人が何もしていない証拠です。行為はあったのかもしれませんが、結果が伴わなければやってないのと同じです。

■過去と他人を語ってはいけない


つまり、なにか発言するときには、

 自分の行為と未来を語る

ことをしないといけないんです。

未来を語るためには、「あるべき姿」を描いて、それを自分がどのようにコントロールするのかを決断することです。そしてこれをやり抜くことを宣言することが、多分上司から信頼されるコツです。

当然、当初予定したとおりにはいかない場合が少なくありません。
その時にも、「他人が××してくれない」ではなく、「じゃぁ、○○をする」と変節してしまえばいいです。目的は成果を出すことなので。手段は問いません(コンプライアンスに違反するようなものはダメですが)。

posted by 管理人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思考技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック