昇進は性格で決まる




いろいろな仕事術や時間術を学び、仕事で成果が出るようになると、「昇進」という言葉が現実のものとして捉えられるようになってきます。

でもあなたの上司から推薦を受けないと昇進はできません。

この時、決め手になるのは何でしょうか。

 ・過去の仕事の成果
 ・コンピテンシー
 ・リーダーシップ
 ・マネジメント能力

いろいろあると思いますが、最も確実にあるのは




 人間関係を築く力

です。

■直接・間接の上司からの評価は何で決まるか


昇進を推薦するのは、上司とさらにその上司です。

彼らはどのような基準で推薦するのかというと、

 ・昇進させる空きポストがあること
 ・同僚にしてもいいと思える人であること

が決め手です。決してその人の業績がいいからとか、いろいろな仕事力が高いからという点では決めていません。

空きポストについてはあたり前なのですが、多くの人がこの「候補者の人格」という部分については語りません。

だって今どき、こんな曖昧な評価基準が公式に受け入れられるわけはないのですから。

でも周りの昇進した人をよく観察してみてください。

若くして昇進した人は

 ・役員層に人脈がある人
 ・仕事がダントツに出来る人

かもしれませんが、ある程度の年齢になって昇進した人というのは、仕事力で言ったら実は大したことはなくて、それよりも

 ・対人関係のバランスをとることがうまい人
 ・極端な行動に走らない人

というのが多いのではないでしょうか。少なくともウチの会社ではそうです。




■人事は属人関係で決まる


所詮人間は、自分の好きな人に囲まれていたいと思うものです。

どんなに偉そうな理論理屈を言ったとしても、自分(上司)に突っかかった来たり、自分の「やろう」としていることに正論を吐いて反対する人は好きにはなれません。
そんな人と一緒に仕事をしたいとは思わないんですね。

これは役職が上になればなるほどその比重が高くなります。

役員になれるのは、役員と接点が多くウマが合う人だけなんですよ。

そう考えていれば、どうやったら昇進できるかは、仕事を一生懸命したり、MBAホルダーになることではなく、関係する役員や上司と話を合わせたり、都合よく動く人になることです。

 そんなのプライドが許さない
 仕事としてあるべき姿と違う

と思う人はそのようにすればいいですが、その結果「昇進できない」という可能性も受け入れる必要があるということですね。

「おべんちゃら」も必要だと心得ることです。

豊臣秀吉は、織田信長の草履をふところで温めていたから名前を覚えてもらい、「殿様〜、殿様〜」とお追従(ついしょう)したから、あれだけ引き上げてもらったんですよ。

その地位を維持したのはもちろん能力でしたが。

それは織田家家臣団が本能寺の変後きれいさっぱりいなくなった(歴史の表舞台から消えた)のと同じですね。トップが信長だったから歴史に名を残せたわけです。家康をトップとするその後の歴史にとってはいてもいなくても変わらない程度人物だったんですね。

属人関係だけでのし上がると、属人関係の薄い人がトップになれば不要になる人がいっぱい出ます。
でも、会社で政変がおこることは少なくて(歴史上でもそうですが)、やっぱり上司との関係を良好にしている人だけが次世代を担うことになるんです。

あなたは上司やその上司と人間関係を作っていますか?
あなたは、上下や同僚との人間関係で問題を起こさないようにしているでしょうか?
感情に任せて暴言を吐いたりしてませんか?



■同じテーマの記事

手帳と日誌は連動してこそ力を発揮する

「手帳」。まあビジネスマンならたいてい持ってますね。私は持ってませんが…。何かを記録するときには、「メモ帳」を使います。たまにはスマホの録音機能やスマホのメモ帳。そして、「メモ」から・時間に関する情報を抜き出してスケジューラ・知識・思考に関する情報を抜き出してノート・関連情報や外部情報として OneNote などの情報収集アプリに移動をさせています。手帳の機能はこれらの、スケジューラ、知識、情報を全部詰め込んだものなのです..

仕事で使える心理学1:詳細目次

仕事や日常生活において、だれでも自分は合理的にものごとを判断していると信じています。でも、じつは私たちはそれほど理にかなった生き物ではないようです。たとえば天気の良い日と悪い日でものごとの判断結果が違う。涼しく快適な環境と暑苦しい不快な環境では相手の印象が違う。このように無意識のうちに偶然の要因やまったく関係のない環境要因に影響を受けて判断していることがあるのです。そのことを自覚していないと、思わぬ落とし穴にはまって..

引き継ぎをする

サラリーマンは、だいたい期末や期初に業務や担当が変わったり、昇進昇格によって仕事内容が変わったりします。そのときに、以前その業務をやっていた人がいるはずですよね。あらたに仕事を作ったのではない限り。そういうときに、前任者からきちんと引き継ぎをしてもらってますか?実はわたしは引き継ぎをしてもらった経験があまりありません。知らない人が困っても痛くも痒くもない一番仕事で困るのは、「その前がどういう状態だったのか」がわから..

期末面談の自己申告を請求書にしてみる

毎年、1年間の業務成果を上司に報告して、上司から業務評価をもらいますよね。いわゆる期末面談。私としてはサラリーマンの最大のイベントだと思っているのですが、どうもぞんざいに扱う人が多いような印象を持ってます。「今やっている仕事が忙しいから」と、当日になって、「エイッ」って書き込んで、誤字脱字のまま提出してくる人もいたりする…。今やっているプロジェクトや仕事は当然大切なのですが、その結果自身で給料が決まっているわけではなく、期末面談で書かれた上司の評価で給料が決まっている..

議論が進まないときの4つの対応方法

何かを提案した会議のファシリテーションや議事進行をしていると、議論がなかなか進まない状態に陥る時があります。大抵の場合は、公式には「やるべき」なんだろうけど、「やりたくない」とか「そんな工数はない」とかの問題があって、メンバーの腰が引けている状態なことがおおいです。まあ、「わっかっちゃいるけどね〜」状態。こういう状態に陥ると、いくら議論しても、ほぼ無駄です。相手は理屈的には説得されているので、納得する理由をさらに提示しても、絶対..

転職面接の質問にはこう答える!のヒント集

書類審査は通るけど、面接審査で落とされる、という話はチマタには多いようですし、ウチの会社も合格率はあまり高くないように思います。自分の実力がない?見当違いの会社を受けている?相手がイジワルな面接官だった?どれも少しずつ当てはまるかもしれません。しかし、筆者のこれまでの経験をべースだと、面接で失敗する理由は面接のポイント(面接官の意図)がわかっていないために、面接官の質問に対して「期待ハズレの答えと反応」をしているのだそうです。..




posted by 管理人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック