能ある鷹は爪を隠す





ある程度の職位になって、企業活動や部門全体が見えてくると、仕事に意欲が湧いてきます。

それまでは、自分の技術をつけることだけに専念していたものが、会社や部門・グループの成果の大きさに興味が湧いてきます。




特に仕事が出来る人(あるいはそれまで成果が人より高かった人)が昇進などすると、「自分は人より出来る」という意識があるので、より大きな成果が出せるはずだと思ってます。

■上司が無能だと思う


上司が「モゴモゴ」言ったり、他の部門の人から攻撃を受けてタジタジになったりしているところを見ると、「自分ならもっとうまく反撃できる」と思うようになります。

 この自信が落とし穴になります

思うだけなら何も悪いことはないのですが、自分に自信のある人は行動に表してしまいます。

 ・「部長! そこはそうではなくて、○○なので、ウチの部門での問題ではありません」
 ・「そんな言い方では部下はついてきませんよ。ここは○○にしないと」
 ・「ちょっと課長に変わってご説明させていただきます。」

どうしてもでしゃばった行動をします。
さらに、もしその発言をして、上司の上司あたりから、「お、○○君鋭いねぇ」等と言われようものなら、もう自分が上司に取って代わったような気になってしまいます。

私も、ちょっとおだてられると簡単に木に登るタチなので、これで何度も失敗をしました。

ところが、上司の上司は、特定の仕事についてはあなたのことは認めていますが、課や部を率いていくことについては、やっぱり、あなたの上司を信頼しています。

で、ないがしろにされた上司はどうなるかというと、そのままの地位に残りって、あなたを評価することになります。

あなたにつく評価は

 ・仕事はそこそこできるが、協調性がない

というC評価です。

あなたのキャリアは「チーン」です。




■同僚が無能だと思う


昇進していくと、同僚や近くの部門の人と打ち合わせをして、活動方針を決めるなどの仕事が増えることによって、正解のない決断をする必要が出てきます。

たとえば、

 ・営業利益を増やすために、どんなコスト削減が出来るだろうか。
 ・残業時間や出張をもっと減らすことはできないか

みたいな課題。いままでは、その決定をやる側だったものが、決定をする側になるわけです。

この時に、仕事ができるあなたは、つい他の人のやり方や考え方の間違いや迂遠さにきがつきます。

 「だめだめ。そこは○○が課題なんだから、その考え方では効果が出せないよ」
 「自分たちのチームはこうやっている。だから効果が出てるんだよ」

教え諭してやろうとします(そう思うかどうかは別にして、そういう行動をとるということです)。

相手はそれが正論に近ければ、あるいはその場の空気があなた側に流れているようであれば反論はしません。唯々諾々と承認します。

 「やっぱりオレが指導してやらないと」

とあなたは思い始めます。

ところが、相手から見ると「偉そうに…」としか映ってないので、面従腹背。結果が出ないならまだしも、結果が良くなったりしてますます反感を募らせて、いざ自分がなにか助けてほしいというときに、

 「いや、自分たちも仕事を抱えてるから…」

と断られて、あなたの成果は「チーン」。

■爪を隠せ


簡単に人に爪を見せてはいけません。
ほんとうに必要なときにだけ爪は見せるべきです。

普段は、空気に迎合していればいいです。強い主張は反発を生みます。

 自分の成果や将来にとってのキーポイントだ

と思えることについてだけ、発言しましょう。
余計なことを言えば、余計な結果になるだけです。



■同じテーマの記事

音読すると理解できる

朗読mp3最近、ちょっとハマっているのが朗読。これは、特定の本を声優が読み上げてくれるもので、朗読 無料などと検索すると、意外にヒットします。私のお気に入りのサイトをご紹介しておきます。朗読源氏物語(simple版)【朗読】声を便りに、声を頼りに。青空朗読きくドラさすがにビジネス書は有料しか見つかりませんが。mp3 でダウンロードできるので、それを携帯やスマホに入れて、犬と一緒に散歩しながら聞いてます..

グロービス流ビジネス基礎力のチェックリスト1

『27歳からのMBA グロービス流ビジネス基礎力10』に載っていた、ビジネス基礎力のチェックリストをご紹介します。長文なので、3回に分けました。本日はその1回目。紹介「将来に、漠然とした不安がある」「今の自分に自信が持てない」「ビジネススキルを学びたいけれど、何から始めたらいいのかわからない」本書は、そんな悩みを抱える若手ビジネスパーソンに向けて、日本有数のビジネススクールであるグロービスの教授陣が書き下ろした「ビ..

業界の専門家に見えるようにする

業界人に見えないように頭をリフレッシュして生きる業界人に見えない人の特徴は、まだ入社間もないか、相当仕事ができる人のはずだ。業界の枠に閉じこもっていないという点で共通している。私のコンサル時代にもこれはそのまま当てはまり、飛び抜けて優秀なコンサルタントは決まってコンサルタントらしくなかったものだ。絶対に利口ぶらないし、プライベートでは理屈っぽくないし、自分からわざわざ..

メモは財布に入れる

いつもポケットにメモ用紙が入っていますか?冬場は服をいっぱい着こむので、ポケットがあちこちにありますが、薄着になるこれから夏場はポケットが少なくなります。このため、いつもメモ用紙とペンを持ち歩くつもりでも、つい、ポケットから出しっぱなしで忘れてきてしまうということが以前はよくありました。ベルトポーチこの2年くらい愛用しているのは、ベルトに取り付ける小型のポーチ。いくつか種類を持っていますが、基本的には携帯よりやや大..

生徒になるな、先生になれ

なにか新しいことを勉強しようと始めたようとしたとき、どうしますか?まず講習会などに行って教えてもらう関連する本を一生懸命読む過去の経験で、これでうまく行ったことはあまりありません。うまく言ったのは、みんなに教えるということ。かつて会社でCMMIの導入を私用とした時に、自分から提案して、自分がメンバーにレクチャーをしながら導入を進めてきました。勉強のために、メンバーにはCMMIの講習(一人10万円もかかった…)を受けさせたりしたのですが、自分は受けずにメンバーや関..

議事録は清書してはいけない

仕事をしていて、会議をしたことがない人はいないでしょう。会議の中で議事録をとったことがない人もいないでしょう。仕事を効率的にするのに、この議事録にかける時間を少なくするというのは、製造系の直接業務(実際にものを作る仕事)でない限り、かなり効果のあることです。例えば先の会議で言えば、会議終了直後に「即製メモですがご確認ください」と議事録を送信してしまえば、か..




posted by 管理人 at 05:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック