なぜ失敗するのか







★――――――――――――――――――――――――――
失敗することに費やしていた時間とエネルギーを成功のほうに傾けていたら、間違いなく成功していたはずだ。
これはナンセンスな逆説だろうか。そうではない。幸いなことにこれは、正真正銘、文字どおりの真実であり、自分の将来に希望を持てる真理なのである。

ドロシア・ブランド 『目覚めよ・生きよ』
――――――――――――――――――――――――――★


多くの人は自分が「成功者」になりたいと望んでいます。
しかし、酒・ギャンブルなどを始めとした自分の成功を妨げるものに自ら望んで手を出します。

これほど極端な話ではなくとも、もっと読書をする時間がほしいと思いながら、漫然とテレビを見たり、Webサーフィンで時間を潰したりすることは、少なからずあると思います。

過去を振り返ってみると、将来の糧にならないことに多くの時間を費やしてしまっていたことに忸怩たる思いがよぎります。「なぜあんなことをしていたのか」と。

★――――――――――――――――――――――――――
では、なぜ失敗するのか。なぜ失敗を目指してあくせく努力するのか。
それは、人間が、「生きようとする意志」や「権力を持とうとする意志」に従う動物であると同時に、もう一つの意志、「失敗(破滅) しようとする意志」あるいは「死のうとする意志」にも動かされているからである。
失敗しようとする意志、すなわち、破滅願望とは、多くの人にとってなじみのない考え方だろう。生きようとする意志や権力を持とうとする意志については、いろいろと耳にするし、心理学でも哲学でも重視されている。だが、破滅願望となると、その意味が明瞭でないし、目につきにくい。したがって、だれもが、破滅願望の不意討ちを食らってしまう。
失敗の仕方は千差万別だ。名誉ある失敗もあれば、見事な失敗もある。ありとあらゆる失敗を目にしてきているわれわれは、失敗を、対処して征服すべき現実というよりも、ある種の幻影として考え、しかも一生それを死のように恐れて過ごしてきたので、破滅願望に対抗して踏ん張れなくなっているのである。

ドロシア・ブランド 『目覚めよ・生きよ』
――――――――――――――――――――――――――★


最速で成功するためには、今やっている成功の妨げになるものを排除し、成功の助けになる行為のための時間を作らなければなりません。あなたが望む未来を手に入れるためには、あなたがいまやっていることはそれにプラスになるのかを常に問いかけ、プラスになる行為だけをするように意識を集中しなければできません。

しかし、「破滅願望」が自分の中にほんとうにあるのかどうかわかりませんが、少なくとも「易きに流れる」ことは確かです。明日の成功より今の快楽を求める気持ちは、気が緩めば簡単にそちらに流れてしまいます。

だから、本書にあるこのルールを常に意識しましょう

 失敗することなどありえないような行動を取れ

非常に簡単なルールです。

常に何が成功に向けて最善なのかを考え、それに沿った行動を取れば失敗することはありません。









■参考図書 『目覚めよ!生きよ!





立ち読みできます立ち読み可
女流作家ドロシア・ブランドにより1936年に出版されるや瞬く間に全米ミリオンセラーとなり、今も世界中で読み継がれている成功哲学の古典『Wake up and Live!』の初の日本語訳版。この本で語られている最も重要なコンセプトは、人間の心の奥底にひそむ「失敗しようとする意志=破滅願望」の存在である。
「成功の公式」として紹介される内容はシンプルですが、明快な行動基準として示され、実に80年近く前に書かれた内容なので、事例などは少し古さを感じさせるが、根本的にはいまなお通用する原理原則である。また「as if の法則」など近年再び話題となっている考え方も平易に紹介され、多くの方の人生にとって、示唆が多い一冊となるだろう。





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

目覚めよ!生きよ!
著者 :ドロシア・ブランド

目覚めよ!生きよ!
検索 :最安値検索

目覚めよ!生きよ!
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 まるでできたかのうように振る舞うと本当にできる
 目覚めよ!生きよ!:さあ、第一歩を踏み出そう
 希望は放置しておくと腐ってしまう
 「同じ轍を踏む」ようにするとうまくいく
 「同じ轍を踏む」ようにするとうまくいく
 その他大勢から抜け出す6つの習慣
 目覚めよ!生きよ!:あまり重要でない才能の芽を伸ばす
 目覚めよ!生きよ!:過去の成功の感触を取り戻す
 目覚めよ!生きよ!:「行動すれば力がつく。行動しない人には力がつかない。
 仕事が完了したらすぐに次の仕事にとりかかる

●このテーマの関連図書


世界最強の商人(角川文庫)

繁栄の法則その二

8つの鍵





■同じテーマの記事

時間の浪費を見つける方法

どう頑張っても1日は24時間しかありません。生産性という意味で時間あたりの生産性を変えることはできますが、物理的な時間を伸ばすことはできません。時間あたりの生産性を改善するために、過去記事でもいろいろなハックをご紹介しましたが、トータルでみると、生産性改善よりもムダに捨てている時間を有効な時間に使うほうが効果があります。単純に言えば、睡眠の時間を削って仕事ややりたいことに当てれば、1日の生産量は向上します。ただし、長続きしないで..

予定表は複数のグループで管理する

私は予定表を5つもっています。といっても、ことなる予定表アプリに予定表を入れているわけではなく、2つのアプリ、アウトルックとGoogleカレンダーにデータが入っています。アウトルックには1.仕事の会議スケジュール2.仕事のタスクスケジュールが入っていて、Googleカレンダーには3.私用で共有する予定(人と会う予定、誰かと出かける予定など)4.私用のタスクスケジュール5.家族・地域の予定・イベント「家族や地..

繰り返しタスクは目標見直し期限を設ける

習慣として繰り返し実行するタスクというのはどのくらいあるでしょうか。自分の環境で言うと、仕事の半分近くがこの繰り返し実行するタスクで占められているようです。仕事だけでなく、勉強についても「毎月10冊はビジネス書を読む」とかいうものもあると思います。極端な話、たとえば「毎食後歯を磨く」みたいなものもありますね。これをどのくらい「タスク」として登録していますか?実は、タスクとして実行するようになると、きちんと達成するとい..

電話番号を覚えて脳の腹筋を鍛える

最近、なにも見ずに言える電話番号が少なくなりました。昔は、友人の電話番号くらいなら、スラスラと出てきましたし、電話番号もある程度の期間なら覚えてました。ところが、最近携帯電話やスマホが全部代行してくれるおかげで、数字を暗記できなくなったような気がします。数字の羅列を暗記するのは頭の体操になる過去記事で、「車のナンバープレートをみたら、足し算や掛け算をしてみる」という頭の体操をご紹介しましたが、本書を読んで、「ああ、..

多面的交渉術をトレーニングする「ピラミッド交渉力」

おそらく、交渉事が得意という人は少数派なのではないか、という気がしていますが、皆さんどうなのでしょうね?私はと言うと、交渉事は超ニガテです。一方で、過去記事でも何度か交渉モノの記事を「えらそうに」書いていますし、それなりに使えていると自分的には思っている部分もあります。いつまでたっても「得意だ」とは思えないところが救えないですが。本日は、交渉という人間関係のもっとも煩雑な部分にスポットをを当てた本をご紹介。紹介交渉..

多面的交渉術をトレーニングする「ピラミッド交渉力」

おそらく、交渉事が得意という人は少数派なのではないか、という気がしていますが、皆さんどうなのでしょうね?私はと言うと、交渉事は超ニガテです。一方で、過去記事でも何度か交渉モノの記事を「えらそうに」書いていますし、それなりに使えていると自分的には思っている部分もあります。いつまでたっても「得意だ」とは思えないところが救えないですが。本日は、交渉という人間関係のもっとも煩雑な部分にスポットをを当てた本をご紹介。紹介交渉ごと..




posted by 管理人 at 17:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック