素材集めを常に意識する




話をしていると、いろんな話題に対して、その話題で場をさらに盛り上げられる人がいます。こういう人は、話術もさることながら、いろいろな事柄に対して「知ろう」という姿勢があるからこそなのかもしれませんね。


続きを読む
posted by 管理人 at 17:31 | Comment(0) | 交渉・会議・面接 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

楽しさは副産物、目標とは切り分けて考える





ある目標に向かって努力することは大事だと思ってはいますが、それがだんだん苦行に思えてくることがあります。

「目標がない」というのも残念な話ですが、目標に向かって、何かを我慢し続けるというのは、せっかくの人生を無駄にしているような気がする。

それはなぜなんでしょうか?


続きを読む
posted by 管理人 at 17:30 | Comment(0) | 自己マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IoTビジネスモデル革命




この 10 年くらいでよく聞くようになった IoT のお話。
といっても、私の所見ではなく、書籍の要約です。

IoT というと馴染みがない人には、「またコンサルが儲けるため3文字英語」みたいに聞こえますが、そのとおりです(笑)。

別にこんな言葉を使わなくても、設備には昔からそんな機能はついてます。設備屋が言うんだから間違いない。

じゃあなんでこういうことを言い出して、それが世の中で騒がれているのかというと、商業ベースで言えば、こういう流行り言葉を作ることでいままで興味がなかった人が、「なにかしなくちゃ」みたいに焦って、お金を使ってくれるようになるからですね。

続きを読む
posted by 管理人 at 17:29 | Comment(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

断片を組み立てても問題は解決しない



なにかの問題に対して、その対策を説明するときなどによく使う方法は、ほとんどが

 扱いやすい大きさにまで分解する

というやり方を基本にしてます。

よく論理思考などで出てくる

 ・MECE
 ・ロジックツリー

などはその典型です。


続きを読む
posted by 管理人 at 05:04 | Comment(0) | 知的生産術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人を動かす:人を説得する原則3:相手が即座に「イエス」と答える問題を選ぶ




巨人たちのお言葉シリーズをお送りします。

本日の巨人 : デール・カーネギー
本日のお言葉: 相手が即座に「イエス」と答える問題を選ぶ
お言葉の出典: 『人を動かす

心理術の本などを読むと、「小さなイエスを重ねて、大きなイエスを引き出す」ような事が書いてあります。その心理術のテーマを端的に表しているのが、本日ご紹介する『人を動かす』に書いてある原則。


続きを読む
posted by 管理人 at 05:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 巨人たちの言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

褒めるときに落ちをつけない




2つのこと、とくに「良いこと」「悪いこと」を伝えるときに、どういう順番で言うかって、結構気にしていない人が多いみたいな気がしますが、実は相手の受けている印象は随分違うんですね。これを意識して発言すると、コミュニケーションがスムーズになります。

 基本は、「悪いこと」→「良いこと」の順

そうするとあとの方のイメージが強くなって、最初に言われたことも素直に聞けるようになります。

続きを読む
posted by 管理人 at 12:16 | Comment(0) | 交渉・会議・面接 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

知らない言葉が出てきたときの質問の仕方




会話の中で、自分の知らない単語が出てきたときや理解できなかった話があったときにどうしますか?

私の場合は、その単語をメモだけして話を続けてもらう事が多いです。ただし、その単語が今後の話題のキーワードになると思われた場合(たとえば、その単語が複数回出てきたとか)には、質問したり、その単語について近い(と思われる)言葉を使って「○○って××みたいなもんですか?」と聞くようにします。


続きを読む
posted by 管理人 at 12:15 | Comment(0) | 知的生産術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする