正しい叱られ方7つの原則





仕事だけではなく、叱られた経験のない人は居ないでしょう。

過去に自分が叱ったり、叱られたりした時に、上手な人(うまく受け止めて、自分の糧に出来る人)と、下手な人(叱った側、叱られたがわ双方にしこりを残すひと)がいることに気が付きました。

私が勝手に「叱られ方の7則」と呼んでいる、正しい叱られ方を紹介します。
もちろん、私が勝手に決めているだけなので、環境に合わせてカスタマイズしていただいたほうがいいとは思います。

続きを読む
posted by 管理人 at 10:08 | Comment(0) | 知的生産術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かわいい自分には旅が必要




今の人は意外と出向や長期出張にあまり積極的ではありませんね。

仕事が出来るようになったり、給料を上げていくことに興味があるなら、是非積極的にやって欲しいと思うのが、海外出向や、海外への長期出張の担当者に手を上げること。

「可愛い子には旅をさせよ」って言うじゃないですか。で、殆どの人は「自分が可愛い」ですよね。じゃあ、自分が旅に出て多くの経験を積んでくることは積極的にやったほうがいいと思ったりするんですがね…

続きを読む
posted by 管理人 at 10:06 | Comment(0) | キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

相手ものの見方に合わせて説得する方法



また銀英伝ネタで恐縮ですが、アッテンボローがヤン・ウェンリーを説得するというシーンがありました。

銀英伝第5巻の「ヤン提督の箱舟隊」という章なのですが、防戦一方のイゼルローン軍(ヤン艦隊)にあって、アッテンボローが出撃許可をヤン・ウェンリーに申し出るシーンです。

このとき、アッテンボローは何度も司令官であるヤン・ウェンリーに出撃許可を取ろうと交渉しているのですが、うまく行ってませんでした。

続きを読む
posted by 管理人 at 08:26 | Comment(0) | 交渉術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上司にプロジェクトの「死亡診断書」を出してはいけない



 「なんでもっと早く言わないんだ!」

かつて上司にちょくちょくこのセリフを言われました。

状況が悪化していくのは担当していれば分かるのですが、「もうちょっとガンバレば…」と頑張っても結局報われずに、トラブルとして表面化してから上司に「あの〜。実は…」と報告すると、大概こう言って怒られました。


続きを読む
posted by 管理人 at 14:25 | Comment(0) | 仕事術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上司にプロジェクトの「死亡診断書」を出してはいけない



 「なんでもっと早く言わないんだ!」

かつて上司にちょくちょくこのセリフを言われました。

状況が悪化していくのは担当していれば分かるのですが、「もうちょっとガンバレば…」と頑張っても結局報われずに、トラブルとして表面化してから上司に「あの〜。実は…」と報告すると、大概こう言って怒られました。


続きを読む
posted by 管理人 at 14:11 | Comment(0) | 仕事術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あなたの前提は、他人のの初耳。その前提が間違いです




私は、このブログで

 私の知っている範囲では

というフレーズを時々使います。割と意識して。


続きを読む
posted by 管理人 at 14:23 | Comment(0) | ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あなたの前提は、他人のの初耳。その前提が間違いです




私は、このブログで

 私の知っている範囲では

というフレーズを時々使います。割と意識して。


続きを読む
posted by 管理人 at 14:09 | Comment(0) | ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ティール組織」ってなんだ?



最近、Web で「ティール組織論」なることばを見かけるようになりました。こういうブログを書いていると、ちょっと気になるタイトルですね。

アマゾンのビジネス書ジャンルでも結構なランキング。

 ティール組織―マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現

※この記事を書いた時点では、まだ未発売です。


続きを読む
posted by 管理人 at 14:23 | Comment(0) | 組織マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ティール組織」ってなんだ?



最近、Web で「ティール組織論」なることばを見かけるようになりました。こういうブログを書いていると、ちょっと気になるタイトルですね。

アマゾンのビジネス書ジャンルでも結構なランキング。

 ティール組織―マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現

※この記事を書いた時点では、まだ未発売です。


続きを読む
posted by 管理人 at 14:09 | Comment(0) | 組織マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする