リスクマネジメント:4つのリスクに備える




仕事をする上で、予定通り物事が進んだためしがありません。
かならず何かの問題があります。

これを事前に、可能な限り検討しておくことを「リスクマネジメント」と呼びます。

ところが、結構このリスクを考えられない人がいます。

私が勝手に「猪突型」と呼んでいる人たち。
なるべくならこういう人と一緒に仕事をしたくないんですけどね。

猪突型の人は、自分がやろうとしたことがうまくいくことしか考えてません。


続きを読む
posted by 管理人 at 01:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | プロセスマネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安心感を揺さぶる




なにかの新しい提案をする時、その提案を受けいれてもらうためのプレゼンの導入部分で、重要な4つの戦略があります。

  ・「これ」がなかった過去にどのような不利益があったのかを説明する
  ・現在、どのような問題があるのかを説明する
  ・この提案を受け入れたときのメリットを説明する
  ・この提案を受け入れないときのデメリットを説明する

の4つです。

続きを読む
posted by 管理人 at 22:54 | Comment(0) | 交渉・会議・面接 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ものの見方の10パターン01:ものの見方の10パターン





多くの仕事の中で、自分の能力をフルに使わないといけない仕事は、自分の持っている専門知識を使って「ものごと」を分析して、その分析結果に基づいて次の行動につなげていくという作業なのではないでしょうか。

続きを読む
posted by 管理人 at 22:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 知的生産術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

他人が望むことを仕事にする



「私の知る限り」ですが、自分の所属する組織の業務分掌を覚えている人は非常に少数派です。たぶん、部長や課長が自分の部や課に対しても怪しいかも。

会社組織である以上、それぞれの部や課には「業務分掌」が存在します。

「業務分掌」って言葉自体を初めて聞く人は

 こちら

続きを読む
posted by 管理人 at 12:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 交渉・会議・面接 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仕事は楽しいものではなくて楽しむもの




仕事、楽しいですか?
私は、「どちらかと言うとそうかな」とは思ってます。

「つまらない仕事はない」とか「楽しい仕事なんてない」なんてしたり顔でいう人もいますが、どちらもうなずけるところもありますし、首をひねりたくなることころもあります。まあ、中途半端でテキトーな正確なので…


続きを読む
posted by 管理人 at 10:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「はあ?何いってんだこいつ!?」は視点を増やすチャンス




思考の幅を増やすためには、多くの視点を持つことなんて言われます。
ただ、視点というのは、自分の知識や経験に基づくものなので、基本的には複数の視点を持つことはできない、と考えています。そんな事ができるくらいなら、同じものを見て別の意見になるなんてことありませんので。

「上司の視点を持て…」とか「上司は部下の視点で…」、「ユーザの視点で…」なんて言われますけど、根本的に部長になったことがない人に、部長がどういうものを考えているかなんて考えさせても無駄。そんな事ができていたらもう部長になってる。できないから平社員のままなんだから。

続きを読む
posted by 管理人 at 09:32 | Comment(0) | 思考技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気晴らしの4方法




ストレス解消や気晴らしの方法として、過去記事でもいくつか紹介してきました。

これらをまとめると以下のようになるそうです。


続きを読む
posted by 管理人 at 06:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職面接:面接官はシロートです




過去記事で何度か中途採用について触れてますが、中途採用を担当する人事部に所属しているわけではなく、業務部門の所属です。

人事部の人間なら、面接でその人のコンピテンシーを見抜くトレーニングを受けているでしょうけど、中途採用の面接官は通常は人事部+業務部門責任者で構成されます。最終的な採否判断を下すのは、業務部門責任者の場合が多いようです。

続きを読む
posted by 管理人 at 05:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 交渉・会議・面接 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする